ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を助ける働きがあります。

スポンサードリンク

ビタミンD

カルシウム・リンの吸収を補助

ビタミンDは体内で合成され、ビタミンというよりホルモンに近いといえます。

 

ビタミンDは、肝臓に集まり、次ぎに腎臓に移って、少しずつ活性化されて、活性型ビタミンDに変わります。

 

これが小腸で食物からカルシウムやリンを吸収するのを助け、血液中のカルシウムやリンを骨へ運搬します。

 

そして、骨へカルシウムやリンを容易に強くさせることになります。

 

こうして、ビタミンDは骨の発育に大変役立ち、足りなくなると、骨の形成に異常をきたし、カルシウムが骨にくっつきにくくなることから、骨が折れやすくなったり、曲がったりします。

 

骨の形成に影響するビタミンで、とくに乳幼児の骨の発育に、大いに関係しています。

 

不足すると、頭の骨が厚くならず、背骨が湾曲してしまい、足の骨も曲がり、X脚やO脚、くる病にまでなってしまいます。

 

とくに生後2ヶ月から2才くらいまでの乳幼児が、くる病にかかりやすいので、くる病は冬の日照不足に悩む、北ヨーロッパでよく見られる病気でした。

 

ビタミンDが予防の役割をしますので、乳幼児にはとくに必要です。

 

赤ちゃんの食べ物は、母乳です。

 

しかし、この母乳にも牛乳にも、ビタミンDは含まれていません。

 

日光の中の紫外線が、皮膚でビタミンDを作ります。

 

乳幼児に、日光浴が必要なわけは、こんなところにもあります。

ビタミンD欠乏は、くる病や骨粗鬆症を招く

欠乏生は、子どもではくる病、大人では骨軟化症、老人では骨粗鬆症になります。

 

骨の弱い子どもが増えています。

 

子どもは、外で日光をたくさん浴びて、遊んだりしないで、家の中でのパソコンゲーム遊び、塾や勉強で忙しい毎日です。

カルシウムの多い食品は敬遠されがち

日光浴不足が原因のビタミンD不足から、骨が弱くなっていると指摘する声が少なくありません。

 

成人でビタミンD欠乏があると、骨軟化症になり、妊娠中、授乳中の女性は注意が必要です。

 

不足しやすい状態だからです。

 

老人がかかる骨粗鬆症は、本当に恐ろしい病気で、骨のカルシウムが少なくなり、骨がスカスカになり、脆く折れやすくなるという、困った病気です。

 

大根の水分が失われ、鬆すが入った感じになるのと、同じような状態の骨になってしまいます。

 

男性より、閉経後の女性に多く見られることから、女性ホルモンが関係しています。

 

骨には、カルシウムが必要。その代謝にビタミンDとビタミンKが作用するので、骨粗鬆症の人に、ビタミンDを投与すると効果があることが解っています

 

お年寄りにも日光浴が大事。

 

天気のいいときに、ゲートボールでもして、汗を流してください。

 

散歩するだけでもいいです。

ビタミンDは腎臓機能を活性化

腎臓の機能障害で人工透析を受けている人は、ビタミンDから活性型ビタミンDができないので、骨軟化症などの骨の病気になりがちです。

 

人工透析でも、ビタミンDを活性することは無理です。

 

こういった患者さんにも、腎臓が弱っても、ビタミンDを最初から活性型ビタミンDにして投与する方法が可能になり、不安が取り除かれることになりました。

 

ただし、ビタミンDは摂り過ぎにも注意が必要です。

 

過剰摂取は、骨からカルシウムを分離させ、骨を脆くすることが知られています。

 

カルシウム欠乏のためでもビタミンDを多量に投与し続けることは危険が伴ないます。

 

医師からの指導に従ってすることが大事です。

スポンサードリンク

page top