豚肉は、ビタミンB1がとても豊富です。体が何となくだるくて疲れたなというときには、豚肉をメニューに。

スポンサードリンク

ビタミンB1がとても豊富

ビタミンB1不足は豚肉料理で解決

豚肉は100gも食べれば、成人1日当たりの所要量は取れる計算ですが、実際には半分くらいの摂取と考えてください。

 

肉類の料理によるビタミンB1の損失は以外に大きく、平均で50%を超えています。

 

とんかつのように、衣をつけて単時間で上げる料理は、ビタミンB1の損失も少なく35%くらい。

 

煮たり、茹でたりという料理の場合は、煮汁や茹で汁にビタミンB1が溶け出ているので、汁の利用も忘れないでください。

 

豚肉には脂肪も多く含まれています。

 

脂肪の多い部分はビタミンB1の含み方も少な目。

 

なるべく赤身の部分を利用することで、脂肪の取り過ぎにならないので、ヘルシーです。

ぬかみそ漬けでビタミンB1増加

ぬかには、ビタミンB1が豊富、米ぬか健康法として、ぬかが体によいということでブームになりました。

 

ぬかみそ漬けは、日本のオリジナル加工法。

 

ぬか床に漬けておくだけで、ぬかに含まれているビタミンB1が、漬けている野菜に移行して生野菜に含まれているビタミンB1が何倍にも増えます。

 

野菜にはもともとビタミンB1は少なく、きゅうり小1本で0,04mg、ぬかみそに約1時間漬けておくと、ビタミンB1が5〜6倍にも増えます。

 

ぬかに漬けておく時間によっても違い、同じきゅうりで17時間後では10倍余り、24時間だと12倍にもなります。

 

野菜の種類によって多少増え方が違いますが、大根やかぶも同程度と考えてください。

 

ビタミンCは、10時間後くらいでは減る心配ではありません。

 

夏場の元気作りには、ぬかみそ漬け、塩味はやや薄めにし、時間をかけて漬け、ビタミンB1たっぷり。サラダ感覚で食べるとよいです。

ビタミンB1は豊富な大豆

大豆は、畑の肉ともいわれ、植物性のたんぱく質が豊富。

 

ビタミンB1も多く含まれています。

 

大豆を柔らかく煮るのに、圧力鍋があれば短時間でできますが、普通の鍋では相当時間がかかります。

 

重曹を入れて早く煮上げることはおすすめできません。

 

重曹はアルカリ性で、ビタミンB1はアルカリ性には、不安定で弱いという性質があります。

 

大豆を重曹の入ったアルカリ性の液で煮ると、早く軟らかくなりますが、大豆に含まれているビタミンB1はどんどん壊れていきます。

 

少し時間がかかっても、重曹なしで煮るようにして、一晩水に浸けておけば吸水も十分。

 

コトコト弱火で時間をかけて煮れば大豆は軟らかくなります。

体内で長持ちするにんにくのビタミンB1

にんにくに含まれるアリインという物質は、組織が壊れるとアリシンに変わり、体内でビタミンB1と結びついてアリチアミンになります。

 

アリチアミンは、ビタミンB1に比べて、熱に強く、壊れにくく、水にも溶けにくいもの。

 

体内で、吸収されやすく、体内に長く止まっていることが出きるので、効果的なビタミンB1です。

 

一度に多く摂るのはよくありません。

 

1日1片くらいで十分です。

 

生だと刺激が強いので、熱を加える。

 

料理に少し用いるとおいしさも加わります。

 

そのまま食べるときも、薄皮を付けたままで、電子レンジで加熱すると、においも気にならずおいしく食べられます。

 

にらやねぎ、玉ねぎに含まれる成分と同じ物質です。

 

うどんやそばなど、でんぷん質中心の食事には、ネギ類は薬味感覚ではなく、たっぷり添えて食べるとよいです。

スポンサードリンク

page top