アガリクスの原産地は、一般には住みにくい土地です。

スポンサードリンク

奇跡のきのこ=アガリクス

過酷な環境に暮らす現地の人たちが長寿で、生活習慣病の発生率が低いということで、研究しました。

 

この地域の人たちが神のきのこと呼んで常食していました。
アガリクスの成分を分析し、ビタミン、アミノ酸、ミネラル、酵素を多く含んでいることを解明しました。

 

住民にがんの発生率が極めて低いことがアガリクスに制がん効果があることも研究しました。

アガリクスの特質

アガリクスの優れた効果

生命維持に必要な必須栄養素にはたんぱく質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、繊維質です。

 

これらの成分がすべて きのこに含まれています。

 

きのこが体によい食品といわれています。

 

きのこ類の菌食が薬理作用は、糖尿病、高血圧症、腫瘍、アレルギーなどの、生活習慣病に効果を期待できます。

 

抗腫瘍活性作用

アガリクスが抗がん作用に期待されるのは、高分子多糖類を多く含んでいるからです。

 

この成分の働きが免疫力を高め体外から侵入したウイルスや細菌を抑制します。

 

免疫細胞賦活、調節作用

アガリクスに含まれる高分子多糖類=ベータ-D-グルカンやたんぱく質には免疫細胞賦活及び調節作用があります。

 

体が本来持っている免疫機能を正常化させてくれます。

 

免疫機能が正常になり、がん発生予防、リウマチ、糖尿病の抑制効果が期待できます。

 

アレルギー性疾患に対しても、免疫の過剰反応を抑制して、応答性を調節する効果も期待できます。

 

抗炎症作用

多糖類の免疫賦活作用の主な働きは、生体の免疫の機能が低下したときは引き上げ、高いときは抑制する性質があります。

 

アレルギー反応による花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどは、免疫の過剰反応で起こります。

 

アガリクスの多糖類がこの免疫の過剰反応を抑制する効果が期待できます。

 

血糖降下作用

子供から高齢者まで、糖尿病、糖尿病予備軍の数は増加傾向にあります。

 

糖尿病は重症の血管障害が合併しやすいことです。

 

きのこには降血糖作用があります。

 

アガリクスには多糖類の種類も豊富、インスリン誘導幹細胞の成長も促がす効果が期待できます。

 

血圧調節作用、抗動脈硬化作用

アガリクスに含まれる糖たんぱく質には、血圧が高いときは下げて、低いときには正常値まで戻す調節作用があります。

 

血圧を正常に保ち、動脈硬化を防ぐ働きをしています。

 

食物繊維、不飽和脂肪酸は、コレステロールの代謝や動脈硬化の予防に作用します。

奇跡のきのこ=アガリクス記事一覧

血中のカルシウムは1%を必要とされ、日常の食事から補給しないと骨から溶かしてカルシウムを補います。骨粗鬆症は、慢性的カルシウム不足から骨がカスカスになります。アガリクスに含まれるビタミンD2がカルシウムの吸収を促進させます。食物繊維効果食物繊維には腸の働きには大切です。アガリクスには食物繊維が多く含まれています。食物繊維には私たちの脂では消化吸収されません。その食物繊維が物理的作用により、腸管内の...

ベータ-D-グルカン、アルファー-グルカン、ベータ-ガラクトグルカン、核酸、タンパクグルカン、キシログルカン。きのこの成分の中で、人間の生体の免疫機能を高める働きをするのが、高分子多糖類。霊芝やマイタケ以上に、アガリクスが優れているのは、糖質の質がよく、多糖体の種類が多い点と、良質で豊富な多糖類の成分が、免疫機能を活発にして、がん細胞の増殖や転移、再発を防ぐことに効果を示すと考えられています。アガ...

欧米化の食生活が大腸がんの原因食物繊維は腸の掃除役で、体には必要な栄養分ではありませんが、現代人には必要成分といわれています。現実は、食物繊維の摂取量は低く、厚生労働省が定めた目標摂取量には達していません。食物繊維を意識して摂取する日本人の食生活が欧米化され、脂肪を多く摂る食事が原因です。食生活の変化が招いたものが、大腸がんの増加です。繊維質の摂取量が不足するため、消化・吸収された食物のカスが、腸...

人間の体は60兆個もある細胞からできていて、DNAは細胞の核です。DNAは、らせん階段状に複雑な順番で並び、細胞を構成しています。一個の細胞のDNAが発がん物質によって突然変異を起こすことで細胞の構成が変わって、正常な細胞ががん化します。DNAには、がんに係わる遺伝子として、がん遺伝子やがん抑制遺伝子などがあります。がん遺伝子は、突然性変化が起こるとがん細胞になるような変化を起こすものです。正常な...

がんは、いろいろな要因によって誘発されます。ある食品成分が不足するとがんの危険性が増すものもあります。これらのものを全てチェックして食べることは不可能です。がん予防には、偏ることなく適量に食べることが大切です。体は、新しい細胞と古い細胞が常に入れ代わります。消化管細胞は数日後と、骨細胞は5〜6ヶ月ごと、赤血球は120日ごとに入れ代わります。新陳代謝の過程において、何らかの原因で、突然に細胞が変異し...

ビタミン類、ミネラル類、食物繊維を豊富に含むきのこ類には抗がん作用があることも昔からよく知られています。新しい薬品や食品などを開発することは、安全性や薬理作用を確認するために、さまざまな試験を行ないます。安全性を十分に確かめたうえで実際に人に使う臨床試験が行なわれます。抗がん作用が期待されるアガリクスの場合も、さまざまな前臨床試験が行なわれます。

アガリクス・ブラゼイ・ムリルに含まれる多糖類ベータ-D-グルカン=高分子多糖類。マクロファージ・NK細胞を活性化させます。生体に取り込まれると、細胞内のマクロファージ=白血球の一種。ウイルスや細菌の毒素などを食べて処理する働きがあります。刺激されて、活性化マクロファージを分化します。インターロイキンなど分泌します。

免疫力はストレスや加齢、体力の衰えや疲労で低下がん細胞は、健康な人の体内でも毎日何千個と発生しているといわれます。免疫力のおかげさまで直ぐには発病しません。免疫力を強化することは、がん細胞の増殖抑制、再発の防止に大きな期待が持てると考えられます。あらゆる病気を治すための基本、生体調節作用の高まります。

免疫力を低下させる原因の一つはストレスがん告知による受けるショックも大きなストレスです。がん治療前に、免疫力が低下しているため、がんに対する免疫力を高めておく必要があります。

糖尿病食生活の乱れ、肥満が原因となっていることが多いのが特徴です。糖尿病が怖いのは合併症です。放っておくと、糖尿病性の網膜症や腎臓の病気・動脈硬化、神経障害、感染症などの合併症が起こり、心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気を引き起こす危険性があります。血糖値を調節するのは、膵臓で作られるインスリンというホルモンです。インスリンが欠乏すると血糖値が上昇します。糖尿病が引き起こされます。糖尿病は薬では...

免疫細胞賦活・調整作用アレルギー性疾患のように免疫の過剰反応として現れる鼻炎、気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎なども、アガルクス・ブラゼイ・ムリルが免疫機能を調節することで治癒力が増します。

豊富な食物繊維と不飽和脂肪酸が、コレステロールを吸着して排泄を促進します。高血圧や動脈硬化は、悪玉コレステロールが原因といわれていますが、この受容体構造と機能を活性化して、血中に酸化した悪玉コレステロールを出さないようにする働きもあります。

アレルゲンが鼻の粘膜の肥満細胞を刺激しヒスタミンが放出されるため、かゆみやくしゃみ、鼻水が出てきます。ヒスタミンが出ると粘膜のアレルギーはダニや花粉などの吸入性のものがほとんどですが、花粉がアレルゲンのものを花粉症と呼んでいます。おとなの場合は花粉がアレルゲンになっていることが多いのですが子どもの場合は、ダニやアレルゲンになっていることが多いです。かゆいので鼻を手でよくこすったり、いじったりするの...

人間の生命を脅かす悪性腫瘍(がん)と命の危険のない良性腫瘍の違いがんと良性腫瘍に共通の性質は、発生した場所(組織)とは無関係に細胞が増殖していくことです。良性腫瘍は発生した場所に止まるため、生命に直接危険を及ぼすことはありません。がんは、良性腫瘍にはない「転移」という特別の性質を持っています。転移という性質が、がんを重大な病気にしている最大の理由となっています。人間のからだを作っている無数の細胞は...

がんはリンパ節で増殖リンパ節への転移とは、どんな状態をいうのでしょうか。発生した場所のがんがまだ、小さくても、がん細胞が近くのリンパ管に入り込み、そこからリンパ節に転移することはめずらしくありません。リンパ管は、リンパ液(病原菌と戦うリンパ球を含んでいます)を運ぶ細い管で、全身に網の目のように張り巡らされています。これらのリンパ管のところどこえおには、大豆からそら豆ほどの大きさの膨らみが存在します...

どんながんが転移・再発しやすいがんは、細胞が際限なく増え続ける病気一口にがんといっても性質はさまざまに異なり、早いうちから転移や浸潤を始めるがんも、あれば、ゆっくりと成長し、あまり転移しないがんもあります。転移しやすいがんには乳がん骨肉腫悪性黒色腫(メラノーマ=皮膚がん)周囲の組織に浸潤しやすいがん卵巣がんスキルス(特殊な胃がん)スキルスとは、分化度(成熟度)の低い腺がんの一種。がん細胞の数に対し...

がん細胞にも好みが転移しやすい臓器肝臓は、人体の化学工場です。胃や腸、膵臓などの消化器官を通過した血液は、門脈という血管を通って、いったん肝臓に向かいます。肝臓では、血液中の毒物が無害化され、栄養分は別の物質に変えられて肝臓内に貯蔵されます。こうした血液の処理作業を効率的に行なえるように肝臓の中の血管は、非常に細かく枝分かれしています。肝臓全体に張り巡らされた、毛細血管の内部では、血流もゆっくりで...

骨の内部には血管が豊富骨は全身の構造を支え、体の各部を折り曲げたり、前後左右に動かすために欠かせなり枠組みです。この働きを果たすために、骨は硬く、圧迫されるも簡単に凹んだり、潰れたりすることはありません。しかし、がんが進行すると、骨にも転移して、その組織を破壊することがあります。

ほんの少数のがん細胞からがんは、治療後になぜ再発するのか?これはがんの治療後に、ほんの少数のがん細胞が体内に残っていても、そのがん細胞が増殖を始めて臓器や器官を侵すようになる可能性があるからです。こうして残った細胞から再び、がんが生じることを「再発」と呼びます。がんを治療するには、がんを手術で切除したり薬や放射線で殺したりします。手術で切除したがんの周りの組織は少数のがん細胞が取り残されることがあ...

原発がんまたは原発腫瘍と呼びます。このがんが、原発部位と関係ある近くのリンパ節に転移したり、周囲の組織や臓器に浸潤して広がったときには「領域がん」と呼ばれるようになります。がんが別の臓器に、浸潤または転移したときには、そのがんは「転移がん」と呼びます。がんをすべて取り除く治療をした後に、がんが再び発生することを「再発」といいます。がんが再発していないか、どうかを調べるため、治療後には、定期的に画像...

がんが再発あるいは転移したとき、患者さんや家族は改めてがんと向き合う必要があります。医師は、おそらくそれまでの経過を含めて、現在の病状や今後の治療方針を説明してくれます。しかし、患者さんや家族には、医師が丁寧に説明しても、理解できないことや納得のいかないことが、出てくるかもしれません。治療法の選択肢を示されていても、迷っていては判断できないとか、他にもっとよい治療法がないか知りたいなどという場合も...

子宮頸がんの患者さんは急増していて、25〜34才の患者さんの罹患率は、急増しています。女性が始めて出産する年齢は、次第に高くなっています。35才以上の高齢出産も珍しくなくなりました。将来出産を希望する女性が、がんを発症するケースも少ないのが現状です。40才以下では、女性のがん患者の大半が、子宮がんや乳がん、卵巣がんによって占められています。これらのがんになると、選択した治療法によっては、患者が妊娠...

がんが転移・再発した患者さんが医師に治療を拒否されることは少なくありません。治療とは、がんの積極的な治療のことです。痛みなどがんにともなう症状の緩和については、通常医師は引き継いで行ないます。

新薬の有効性と危険性患者さんが受けている現在の治療の効果がはかばしくなければ、患者さんや家族の中には、海外で使われている国内未承認の薬を使いたいと考える人も出てきます。海外で先行して認可された新薬が、従来の薬と比べて明らかに治療の効果が高いこともあります。またがんによっては、国内で承認された薬は、ほとんど治療効果がなく、唯一効果の見られるものが、未承認薬(未認可薬)であることもあります。多発性骨髄...

臨床試験に参加するにはこれは、ほとんどのがんでは、転移や再発が起こったときの治療方法が確立していないためです。医師は、有効な治療法を探す手段のひとつとして、臨床試験を行なっています。実際の、臨床試験の多くが転移がんや再発がんを対象としています。臨床試験とは、開発の最終的段階にある新薬や新しい治療法を患者さんに対して試験的に用いることです。実験室レベルや運動実験では、これらの有効性や安全性は確かめら...

再発がんの治療の目的再発したがんを治療する際、がんの際に用いられた治療法、治療時に何を目的とするかなどによって、治療の方針は異なってきます。3つの治療目的完治をめざすできる限り延命する生活の質(QOL)を高める最初にがんが発生した場所の周囲に再発した「局所再発」の場合は、再度完治を目指すことができます。しかし、がんはしばしば、最初のがんから離れた臓器(肺や肝臓、脳などの人間が生きるうえで重要な臓器...

転移がんの手術固形がん(血液のがん以外)に対しては、通常手術によるがんの切除が行なわれます。切除後にもがんが体内に残っていると考えられるときには、抗がん剤や放射線による治療を追加します。しかし中には、診断時にすでにがんが離れた臓器に転移している患者さんもいます。このゆな症例では、がんは全身の病気になったと見なして、一般的には、体全体を治療する化学療法を選択することになります。がんの転移が見つかった...

消化器のがんは肝臓に転移しやすいこれは、肝臓には無数の毛細血管が網の目のように存在し、血管の流れもゆっくりしているためです。血流に乗ったがん細胞は、肝臓内の血管で、ひっかかりそこで増殖するようになります。胃や小腸、大腸などの消化器官からは血液が門脈という血管を通して直接肝臓に送られてくるので、消化器官に生じたがんは、高い確率で最初に肝臓に転移します。大腸がんや胃がん、膵臓がんなどでは、がんと診断さ...

すべての血液は肺を通過する乳がん、大腸がん、胃がん、肝臓がん、子宮がんなどほとんどのがんは、進行すると肺に転移します。肺は、呼吸によって取り入れた、酸素と血液中の二酸化炭素を交換しています。この作業のために肺には、無数の毛細血管が張り巡らされています。体中を巡ってきた血液は、必ず肺を通過します。そのためがんは、肺に転移しやすいのです。人間が生きるうえで極めて、重要な役割を持つ肺にがんが転移すると、...

脳はがんが転移しやすい部位のひとつ脳に転移しやすい種類のがんに乳がんや肺がんがあります。これらのがんが発見時に進行していたときには、がん細胞がすでに脳に到達している可能性を考えて、本格的な脳への転移を防ぐために脳に放射線を照射することもあります(とくに小細胞肺がん)。脳にがんが転移したとき、一般に最初は目立った症状は現われません。しかし、がんが大きくなると、がんに圧迫されてその周りの脳が腫れてきま...

治療の中心は痛みの緩和通常、骨に転移したときの痛みは非常に強く、もっとも強力な鎮痛薬・モルヒネでも痛みをやわらげることは困難とされています。脊椎(背骨)などに転移すると、その内部を通っている脊髄の神経が圧迫されるなどにより、体が麻痺することもあります。骨折もしやすくなり、骨盤や大腿骨が折れて寝たきりになることもあります。このように、骨への転移は、患者さんの生活の質(QOL)をしばしば大きく低下させ...

初期には手術による完治を期待できますが、がんが少しでも大きくなったり、リンパ節に転移したりしていると、手術後に再発したり、手術自体が難しきなることが少なくありません。肺がんは、また進行すると胸膜(胸の空間や臓器を包む膜)に転移し、胸膜のあちこちにばら撒いたように小さながんが発生します(胸膜播種)。さらには、脳、肝臓、副腎、骨などにも転移(遠隔転移)。小さいがんの転移・再発の治療肺がんの中でも進行の...

発症の最大の原因は喫煙と飲酒とされています。これらの習慣を両方とも持つと、食道がんの発症率は大変高くなります。この場合、食道だけだなく、胃や喉(咽頭、喉頭)、口腔など、他の臓器や器官にもがんが発症することが少なくありません。これはがんが転移するのではなく、喫煙と飲酒によりがんが発生しやすい状態にあり、第2、第3のがんが発生します。食道がんは、周囲に広がりやすいがんです。がんが成長すると、食道の壁を...

しかし、早期でも周囲のリンパ節には、転移しやすく、放置するとリンパ節から次のリンパ節へと転移がすすみ、最終的には血液に乗って他の臓器へと転移します。胃がんは、大きくなると胃壁を突き破るので、がん細胞が腹の内部空間(腹腔)にこぼれ落ちることもあります。こうなると、がん細胞は腹腔や臓器を包む膜(腹膜)で成長を始めます。がん細胞が腹膜に広がることを「腹膜播種」といいます。胃を通過した血液は、肝臓に流れ込...

肝臓がん(肝細胞がん)肝臓がん患者さんの80%以上は、C型肝炎ウイルスに15%は、B型肝炎ウイルスに感染しているとされます。一般には、ウイルス感染から20〜30年かけて肝炎から肝硬変、さらには肝臓がんという経過をたどります。肝臓の内部には、無数の毛細血管が走っているため、肝臓にひとつでもがんが生じると、それは肝臓内のあらゆる場所に転移します。さらに肺や骨、副腎、腹膜、リンパ節などに転移することもあ...

胆道がん(胆のうがん・肝外胆管がん)胆道がんは胆汁の通り道である胆のうや胆管に発生するがんです。胆汁を作り出す肝臓の内部には、多数の細い胆管が通っています。胆汁はこれらの胆管内を流れて、肝臓の太い胆管(肝外胆管)で合流します。胆汁の分泌胆汁は絶えず肝細胞で生成され、胆管、胆のう管を経て胆のうに送られ、そこで一時蓄えられ濃縮されます。食事により胆のうが収縮し、総胆管の十二指腸開口部にあるオッディーの...

膵臓がんは死亡率の高いがん膵臓がん(膵管がん)は、初期には目立つ自覚症状がありません。そのため患者さんは、自覚症状が現われるまで、なかなか自分のがんに気がつきません。膵臓は体の奥にあるため、ふつうのがん検診ではめったに見つかりません。膵臓がんは、非常に初期の段階から周りの臓器に浸潤しやすく、かつ離れた臓器にも転移しやすいという性質を持ちます。こうした性質のため、膵臓がんの患者さんの半数以上は、診断...

前立腺は男性だけが持つ臓器前立腺がんが著しく増加しています。これは、脂肪分の多い欧米型食生活を送る、日本人が増えているためといわれています。前立腺がんは、比較的成長が遅くて進行が緩やかながんです。高齢者になってこのがんを発症した患者さんでは、排尿スムーズでなくなったり、頻尿になることがある以外には、特に症状が現われず、治療を行なわなくても寿命に影響しないことがあります。しかし、前立腺がんの中でも比...

他方、乳がんは全身に転移しやすいという性質を持ち、離れた臓器に転移すると生存率は著しく低くなります。乳がんは比較的早い段階で、周囲のリンパ節やわきの下のリンパ節に転移を始めます。その後血流に乗って肺や肝臓、脳、骨などに転移します。ホルモン剤や抗がん剤による治療の進歩により、乳がんの再発は低下しています。しかし治療後5年以上経過してから再発することもあります。乳がんや胸壁に再発したがん(局所再発やリ...

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります子宮体がんは、子宮本体にできるがんで、その多くは子宮内部を被う子宮内膜ががん化します。子宮頸がんを発症する20才代〜30才代の若い女性が著しく増えています。おもに、はじめて性交渉をもつ年齢が低下したためと見られています。子宮頸がんは、性行為によって感染するウイルス(パピーマウイルス)を原因とするからです。ただしウイルスに感染しても、がんを発症するのはそ...

子宮体がん(子宮内膜がん)50歳代〜60歳代に多く、欧米型の脂肪分の多い食生活を送る女性がなりやすいとされています。比較的転移しにくいがんとされていますが、進行すると卵巣や膣、膀胱、直腸に広がります(局所進行)。さらに、肺や肝臓、脳、骨などの離れた臓器に転移することもあります(遠隔転移)。また、お腹の内側(腹腔)や腹部の臓器を包んでいる腹膜に、がんが点々と転移することもあります。これは腹膜播種と呼...

卵巣がん(卵巣上皮がん)は、発見されたときには進行していることが少なくありません。卵巣がんは、初期には目立った症状が現れず、かなり早い段階で転移や浸潤を始めるためです。卵巣がんが成長すると卵巣の壁を突き抜けるため、卵巣の表面からがん細胞が周囲にばらまかれるようになります。その結果、腹腔(腹の内部の空間)や臓器も包んでいる腹膜に、がん細胞が付着し、そこで転移がんとして成長し始めます。これを腹膜播種と...

がんはなぜ痛いのか初期のがんの患者さんも含め、全患者さんの70%以上が痛みを感じるといわれています。進行がんになると、痛みを感じる患者さんの割合は、さらに高くなります。しかし、痛みの治療(疼痛治療)を適切に行なえば終末期の患者さんでも痛みをあまり感じずに、日常を過ごすことができます。がん患者さんの痛みの原因がんそのものによる痛み体には、痛みを感じる点(痛点:神経の末端部)が無数にあります。がんが成...

疼痛治療の第1段階非麻薬系の消炎鎮痛薬(アセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェンなど)を用います。最近では、ロキソプロフェンやジクロフェナクなどの鎮痛効果の高い薬を使用することが多いようです。これらの非麻薬系鎮痛薬は、市販薬でも使用されていますが、胃腸障害が生じるため、胃壁を保護する薬を併用します。また、長期間使用すると腎臓や肝臓に障害が起こることがあり、注意が必要です。痛みが強くなってきた...

医師からがんの再発を告げられたとき、がん患者さんの多くは非常の大きな精神的ショックを受けるといいます。こうした状況におかれた患者さんは「自分は医師から見放される」と感じることが少ないようです。実際、再発と診断された後、患者さんがうつ状態に陥ったり、PTSD(心的外傷後ストレス障害=精神的ショックが原因で引き起こされるさまざまな症状)に苦しむようになる確立は、大変高いとされています。多くの患者さんは...

がんとは、細胞の異常な増殖によって生じる100種類以上の病気の総称です。がんの種類によってその性格や初回の治療が異なるように、再発した場合の治療法には、再発部位や治療経過などから、多くの選択肢が生じます。抗がん剤の治療によって薬が効かなくなる(薬剤耐性の獲得)など、がんはしたたかに刻々と性格を変えるので、それに対処しなければなりません。がん患者さんは、残りの人生を細く長くではなく、短く太く生きると...

再発した場合、効くの意味することは、治ることではなく、数ヶ月〜数年延命するということです。人は健康なときには、人生の時間は有限であるということを忘れがちです。時間は常に前方へ流れるものと錯覚しています。がんを患ったことは、不幸な出来事ではありますが、残された時間は限られていると認識できたとき、死は先にあるものではなく、今ここにあるものだと認識できたときに、初めて安らかな生が得られ、残された時間の一...

再発・転移巣に対する手術の目的に根治や延命を意図したものは少なく、多くは緩和、すなわちがんによる症状をやわらげることが目的です。局所・領域再発がんは、取り残した目に見えないがんが大きくなったものです。そのため、再度の手術で取り除くことにより、再び根治を得られることもあります。手術の適応となるのは、乳がんや大腸がん等、基本的にゆっくりと成長するがんです。これに対して、成長の速いがんの場合、局所再発を...

再発・転移したがんの治療しかしこのとき、がん細胞だけでなく正常な細胞にもダメージが及びます。がん細胞を全滅させるだけの抗がん剤を使うと正常な細胞も死んでしまうため、患者さん自身も死亡してしまいます。このため抗がん剤治療は、がん細胞を完全に殺すのではなく、がんの成長を食い止めることが目標となります。がんが進行せず、いつまでも成長や転移をしないでそこに止まっていてくれればよいのですが、残念ながらがん細...

がん医療における緩和のケアとは、患者さんや家族のつらさや苦しみをやわらげ、がんを少しでも上手に付き合っていけるようにし、延命することです。がんによって生じる体の不調や心の問題に対処することは、がん自体の治療と同じように大切です。がん医療は、単に病気の治療を行うことだけには止まりません。患者さんが経験するつらさを、体と心と社会生活、あらには家族の抱える問題をも含めた全人的苦痛(トータル・ペイン)とし...

がんのさまざまな症状を抑える末期がんでは、呼吸不全、栄養失調、貧血、感染症、脳圧亢進、多臓器不全などの合併症が生じるためです。呼吸不全がん末期には肺の機能が低下し、呼吸不全(呼吸困難)を生じることが少なくありません。呼吸不全になると血液中に酸素を取り入れられないため、脳や心臓が停止します。肺の機能停止の原因としては、原発性または転移性の肺がんでは肺に生じたガスや別の臓器から肺に転移したがんが肺全体...

スポンサードリンク

page top