アガルクス・ブラゼイ・ムリルは免疫力を高める。

スポンサードリンク

アレルギー性疾患

免疫細胞賦活・調整作用

アレルギー性疾患のように免疫の過剰反応として現れる鼻炎、気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎なども、アガルクス・ブラゼイ・ムリルが免疫機能を調節することで治癒力が増します。

アレルギー性疾患

抗炎症作用は、花粉症などのアレルギー症状を抑える

アガルクス・ブラゼイ・ムリルの効果一つに、アレルギー症状による炎症を抑える抗炎作用があります。

 

急増している花粉症や子供だけでなく大人までもが苦しめられる、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどがアレルギー性疾患です。

 

細胞のがん化は免疫機能が低下したときに発生します。
アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は、免疫反応があやまって過剰に反応して起こります。

 

一般的にアレルギー体質というのは、体内に侵入してきたものに対して何にでも過剰に反応し、強力なヘルパーT細胞が、すぐBリンパ細胞=外から侵入した抗原に対抗する抗体を作る働きに抗体を作らせてしまうことです。

 

侵入異物が種類だけ抗体を作るだけならともかく、無害なたんぱく成分=異物が微量に入ってきただけで過剰反応してしまうために、くしゃみ、鼻水、かゆみなどのアレルギー症状となって現れます。


多糖類が免疫の過剰反応を抑える

アガルクス・ブラゼイ・ムリルが持つ多糖類は、免疫の過剰反応を抑えるサプレッサーT細胞を安定させることで肥満細胞の膜顆粒=ヒスタミンを抑え、花粉症やアトピー性皮膚炎を改善すると考えられています。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルの多糖類の免疫賦活機能には免疫力が弱いときは高め、過剰に反応するときは抑えるという恒常性を保つ働きがあるのが特徴です。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルがアレルギー体質に改善にも役立つといえるでしょう。

 

血圧調整作用・抗動脈硬化作用は、血圧を正常化し、動脈硬化を予防します。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルの成分には、血圧を正常にし、動脈硬化を予防すする働きが何重にも備わっています。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルに含まれる糖たんぱく質には、血圧が高いときには下げ、低いときには正常域にまで戻すという優れた二重調節作用があります。

 

心臓の機能を正常な働きに調節しています。

スポンサードリンク

page top