自律神経のバランスを調整します。

スポンサードリンク

自律神経

豊富な食物繊維と不飽和脂肪酸が、コレステロールを吸着して排泄を促進します。

 

高血圧や動脈硬化は、悪玉コレステロールが原因といわれていますが、この受容体構造と機能を活性化して、血中に酸化した悪玉コレステロールを出さないようにする働きもあります。

自律神経のバランスを調整

抗肝炎ウイルス作用

抗肝炎ウイルス作用は、インターフェロンを活性化する働きです。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルに含まれるベータ-D-グルカンタンパク複合体とヘテログルカンタンパク複合体に、サイトカイン=リンパ球から放出される生物学的作用を示す物質誘発促進作用があるため、それによって自己の持つインターフェロンの誘導が起こり、抗ウイルス作用が働くからです。

 

インターフェローンは、動物細胞に対しては毒性を持ちません。

 

ウイルスの増殖のみを阻害する機能で肝炎を治療します。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルは、インターフェロンを活性化する働きがあります。

 

肝血流を増加し、リンパ球の活性化の作用もあります。

骨粗鬆症の改善

豊富なビタミンDが、カルシウムの吸収を助けます。

 

骨粗鬆症は、慢性的カルシウム不足が原因です。

 

骨がスカスカにないり骨折しやすく、高齢者は寝たきりになり、痴呆症=認知症を引き起こします。

 

女性は40歳を過ぎる頃から、骨に含まれるカルシウムやたんぱく質が減少します。

 

骨からカルシウムが流出するのを防ぐ、女性ホルモン、エストロゲンが減るためです。

 

特に閉経後の女性は、女性ホルモンが減少するので注意してください。

 

ダイエットや食生活の乱れが原因で若い女性も骨粗鬆症になるケースも増えています。

 

骨粗鬆症の改善・予防

乳製品や小魚のカルシウムを多く含む食品を積極的に摂り、骨を強くするため適度な運動が大切です。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDも欠かせません

アガルクス・ブラゼイ・ムリルに豊富に含まれるビタミンD2は、カルシウムの吸収を助けます。

 

骨粗鬆症の改善に効果を発揮します。

 

カルシウムの欠乏は、骨や歯をもろくし、心臓のリズムを崩したり、不眠症、イライラの原因です。

 

これら身体不調もアガルクス・ブラゼイ・ムリルを摂ることで改善されます。

 

消化器官・運動調整作用は、食物繊維たっぷりのアガルクス・ブラゼイ・ムリルは、大腸がん・静脈瘤・痔といった病気から守ってくれる働きもあります。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルの豊富な食物繊維は、キチン質、ペクチン質、ヘミセルロース、ポリウロナイドなどが大量に含まれています。

 

食物繊維は、人間の腸管では消化吸収できず、不消化物として残ります。

 

不消化物が余分な脂肪分や腸内で発生した有害物質の体内吸収を妨げたり、腸の働きを活性にして排泄を促がしています。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルには豊富に含まれる食物繊維が、腸内を通る有害物質から守ってくれます。

学名 アガルクス・ブラゼイ・ムリル

アガルクス・ブラゼイ・ムリルは豊富な栄養素、たんぱく質や脂質が含まれた栄養価の高いきのこ。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルには、免疫力のバランスを正常に整える効果があります。

 

抗腫瘍効果、制がん作用、血糖値調整作用、血圧降下、動脈硬化の改善などさまざまな効果が見られます。

 

食道がん、膵臓がん、肝臓がんにも効果が認められているほか、

 

改善効果のあった症例

高血圧、心臓病、心筋梗塞、動脈硬化症、白血病、悪性リンパ腺、十二指腸潰瘍、胃潰瘍、胃がん、肝硬変、B型・C型肝炎、大腸がん、直腸がん、腎不全、ポリープ、糖尿病、高脂血症、肝炎、肝障害、リウマチ、慢性気管支炎、ぜんそく、乳がん、卵巣がん、生理不順、膀胱炎、前立腺肥大、アトピー性皮膚炎など。

 

体に備わっている免疫機能が低下すると、がんやほかのさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

免疫機能を高める働きをする、ベータ-D-グルカンは、ブドウ糖がたくさんつながってできた多糖類です。

マクロファージを活性化、ヘルパーT細胞を刺激する

グルカンとは、アミロース、グリコーゲン、デキストラン、セルロースが代表格です。

 

アルファーとベータに分けられます

良質で豊富な多糖類の成分が免疫機能を活発にし、がん細胞の増殖や転移、再発を防ぐと考えれています。

 

がんの発病は、免疫機能が上手くいっていない事が原因の一つです。

 

免疫力が低下した状態で手術や抗がん剤の投与、放射線治療は、これら免疫機能はダメージを受ける可能性が高いです。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルは、体に本来備わっている、免疫力を高める働きと同時に組織の再生を促がします。

 

有害な副作用の心配もほとんどありません。

 

アガルクス・ブラゼイ・ムリルを飲みながら抗がん剤、放射線療法を併用すると副作用=白血球減少や脱毛を和らげるといわれます。

 

免疫機能が高まれば治療効果があがり、再発、転移を防止することが期待できます。

スポンサードリンク

page top