がんはなぜ、どのようにして骨に転移するのか。

スポンサードリンク

血行性転移

骨の内部には血管が豊富

骨は全身の構造を支え、体の各部を折り曲げたり、前後左右に動かすために欠かせなり枠組みです。

 

この働きを果たすために、骨は硬く、圧迫されるも簡単に凹んだり、潰れたりすることはありません。

 

しかし、がんが進行すると、骨にも転移して、その組織を破壊することがあります。

骨に転移しやすいがん

肺がんや乳がん、腎臓がん、前立腺がん、甲状腺がんなどがあります。

 

がんは硬い骨にどうして転移する。

 

がんは主に、血流に乗って骨に転移すると見られています。

 

これを「血行性転移」と呼びます。

 

硬い骨の内部のも、骨に栄養を与えるための、動脈や不要なものを運び出す静脈が多数走っています。

 

そのため、がん細胞は原発性から血管に入り込むと、そのまま血流に乗って骨の内部の血管に達し、そこに定着することがあります。

 

がんの種類によって異なるものの、がんの転移は、脊椎や肋骨、骨盤、大腿骨などの中心部の骨によく見られます。

がんは体の仕組みを利用して増殖する

がんが骨に転移しても、骨自体は硬いので、がんがその組織を破壊しながら増殖することは、難しいように思われます。

 

がん細胞は、体の仕組みを利用することで、骨の内部に増殖するようになります。

 

健康な骨の中では、古い骨は、破骨細胞と呼ばれる細胞によって吸収され、別の骨芽細胞が新しい骨を作り出しています。

 

骨芽吸収される量と新たに作られる量は、バランスが取れているため、骨は骨量がほぼ一定の丈夫な状態に保たれます。

 

ところが骨に転移したがん細胞は、周囲の細胞を刺激して、破骨細胞の働きが活発化します。

 

結果、骨が溶け、その空間にがんが入り込んでいきます。

 

破骨細胞の過剰な働きによって、骨が弱くなると、軽くぶつけたり、転倒するだけで骨折する「病的骨折」を起こします。

 

がんが骨に転移すると、骨折しやすくなるだけでなく、痛みも非常に強くなります。

 

脊椎に転移すると、脊髄を圧迫して体の麻痺を引き起こすこともあります。

 

骨に転移すると、激しい痛みが生じるのは、骨を被う膜(骨膜)や骨髄の入っている空間(髄腔ずいくう)に、痛みを感じる、痛点が多数あるためです。
がんによって骨膜に炎症が生じたり、それによって痛み物質が周囲に撒き散らされると、痛みが生じます。

 

また、がんが大きくなると骨膜や骨髄(髄腔)を刺激し、それが痛みを引き起こすこともあります。

 

破骨細胞が、生産する酸あが痛みを強くするという見方もあります。

 

骨のがん再発は、一般に治療後2〜3年以内が多いものの、乳がんなどでは治療後10年以上たってから、骨(胸椎、胸骨、肋骨など)に、再発することがあります。

 

骨転移の診断は、X線や骨シンチグラフィ、MRIなどで行ないます。

 

骨シンチグラフィとは、骨の代謝が活発なところ(がんが存在する部位)に、集中しやすい放射線物質を体内投与し、この物質がだす放射線をとらえて、転移を見つける方法です。

 

いくつかの診断法を組み合わせて検査をします。

スポンサードリンク

page top