がんが脳に転移したとき「転移性脳腫瘍」と呼ばれ、ふつうの脳腫瘍(原発性脳腫瘍)とは区別されます。

スポンサードリンク

脳に転移したがん

脳はがんが転移しやすい部位のひとつ

脳に転移しやすい種類のがんに乳がんや肺がんがあります。

 

これらのがんが発見時に進行していたときには、がん細胞がすでに脳に到達している可能性を考えて、本格的な脳への転移を防ぐために脳に放射線を照射することもあります(とくに小細胞肺がん)。

 

脳にがんが転移したとき、一般に最初は目立った症状は現われません。

 

しかし、がんが大きくなると、がんに圧迫されてその周りの脳が腫れてきます。

 

そのため次第に頭痛や吐き気、めまいを感じるようになります。

 

また、脳のどこに転移したかによってさまざまな異なる神経障害が現れるようになります。

 

体の一部のまひやしびれ、突然の痙攣発作、目のかすみ、足のふらつき、どもりなどです。

 

診断を行なう場合には、X線CTや造影剤を用いたMRIによる撮影を行ないます。

脳に転移したがんの治療

どの治療を選択するかは患者さんの全身の状態、脳に転移したがんの大きさや場所、もとのがん(原発巣、原発がん)の成長が止まっているか、脳以下に転移があるかなどを総合して判断します。

 

近年、脳の転移がんに対しては、定位照射を選択する例が増えています。

 

これは体力があまりない患者さんでも受けることができ、手術に匹敵する、治療効果があると見られているためです。

手術

患者さんの体力が手術に耐えられる状態で、原発がんの成長も止るか縮小していて、他の臓器にも転移がないときには、手術、脳内のがん病巣の摘出が検討されます。

 

手術ができる症例は一般に、脳への転移が1個だけで、手術により脳の深刻な、機能低下を起こさないと予想される場所にがんがあるときです。

定位照射(ラジオサージェリー)

頭部の周囲から放射線を照射することにより、がんに放射線を集中させる方法です。

 

脳の正常な部分に当たる放射線は最小限に抑えられます。

 

定位照射のやり方によって、ガンマナイフ、ライナックナイフ、サイバーナイフと呼ばれることもあります。

 

定位照射は、転移がんの数が10個以内で、それぞれの大きさが直径3cm以下(2.5cm以下がいい)のときに選択されます。

 

再発を防ぐために全脳照射を組み合わせることもあります。

 

手術や全脳照射に比べて後遺症や副作用が小さいとされるものの、照射後に脳が腫れたり、壊死を起こす、がんが出血するなどの副作用が起こることもあります。

 

がんの部位が壊死するのは、治療効果によるものですが、周囲の正常な部分が壊死した場合は、放射線障害であり、別にその治療が必要になることもあります。

全脳照射

脳全体に放射線を当てる方法です。

 

がんの数が多いときやがんが大きいときなどにこの手法を選択します。

 

副作用として、脱毛や二日酔いのような症状が現われます。

 

1回の放射線の量が多いと認知障害が起こる恐れもあります。

化学療法(抗がん剤投与)

最初に発生したがん(原発がん)に対する化学療法がそのまま継続されるか、脳内に入りやすいニトロソウレア剤を含む多剤併用法が行なわれます。
脳内の血管には「血液脳関門」と呼ばれる異物の侵入を防ぐ仕組みがあるため、脳内に入ることのできる、抗がん剤の種類は限られています。

 

転移がんの場合は、がん細胞が血管の血液脳関門を壊したり、血管壁を溶かして転移を引き起こすと見られるため、抗がん剤が脳内に入って効果を示す例もあります。

対症療法

脳に転移したがんの成長を抑えることによって患者さんの長期の延命が期待できるときには、手術、定位照射、全脳照射、化学療法のような積極的な治療が行なわれます。

 

これに対して、積極的な治療を行なっても延命効果があまりないと考えられるときは、対症療法が選択されます。

 

患者さんの病状が悪化しているときに、脳の転移がんを積極的に治療すると、治療中や治療直後に重い副作用が生じ、患者さんの余命を短くする恐れがあるためです。

 

対症療法としては、一般にステロイド薬と利尿薬を使い、脳の腫れやむくみを抑えます。

 

がんが脳に転移したときの平均余命は薬6ヶ月とされています。

 

最近では、治療法の進歩により、長期間生存する患者さんも増えています。

 

がんが脳以外の臓器に転移していなければ、2年以上生存することも少なくありません。

スポンサードリンク

page top