がんは細胞が異常増殖する生物にはつきものの病気。

スポンサードリンク

悪性新生物=がん

がんは、いろいろな要因によって誘発されます。

 

ある食品成分が不足するとがんの危険性が増すものもあります。

 

これらのものを全てチェックして食べることは不可能です。

 

がん予防には、偏ることなく適量に食べることが大切です。

 

体は、新しい細胞と古い細胞が常に入れ代わります。

 

消化管細胞は数日後と、骨細胞は5〜6ヶ月ごと、赤血球は120日ごとに入れ代わります。

 

新陳代謝の過程において、何らかの原因で、突然に細胞が変異して、異常な増殖を始めることがあります。

体内に備わっている制御機構

体内に備わっている制御機構によってコントロールができなくなると、元の細胞とは異なった細胞が腫瘍と呼ばれるものです。

 

良性のものは、比較的ゆっくり増殖するので急激に広がりません。

 

悪性のものは、増殖がはやく、持続するため、体を消耗されます。

 

がんと呼ばれるものです。

 

がん細胞の増殖は、正常な組織や器官の細胞を壊したり、血液やリンパ液を通ってほかの組織に転移して新たに増殖します。

 

がん細胞の増殖は活発で早いため、他の組織が必要とする栄養素まで奪ってしまいます。

 

体を消耗してやせ細っていきます。

がんの初期段階

がんの部位別

正常な細胞が変異して異常な増殖を始めたときが、がんの初期段階です。

 

がん細胞の成長を促進するような環境に長くさらされるほど危険性は高くなります。

 

がんの成長を抑えるには、がん細胞の増殖を助長するような食べ物を避けて、抑制するものを積極的に摂るよう心がけることです。


国立がんセンターのがんを防ぐ12ヵ条

国立がんセンターは、がんを防ぐための日常の注意をまとめています。

8ヵ条までが食生活に関する内容です。

  1. 偏食せず、バランスの摂れた栄養を摂る、健康の保持・増進のうえからも大切です。
  2.  

  3. 同じ物を繰り返し食べない、食べ物を偏りをなくし、発がんのリスクを小さくする。
  4.  

  5. 食べ過ぎを避ける、食べ過ぎは肥満を招き、がんの発生にも大きく関係していることが実証。
  6.  

  7. 深酒をしない、がんに限らず健康のため大切なこと。

    アルコール性肝硬変から肝がんに移行する例が少なくなく、お酒はビタミン群や鉄などを含む食べ物を摂る割合が減り、栄養学的な配慮がなくなることも大きいです。

  8.  

  9. 喫煙を減らす、喫煙はがんのリスクがもっとも大きい。
  10.  

  11. 適度のビタミンA、ビタミンC、ビタミンEと繊維質を多く摂る、がん予防の食生活の基本。
  12.  

  13. 塩辛いものは多量に食べない、熱い物は摂らない、熱い物は、食道の粘膜を痛め細胞異常が生じることがあります。
  14.  

  15. ひどくこげた部分は食べない、たんぱく質が焦げてできた中には、発がん性のある物質が発見されています。

    日常の食事で香ばしく焼いた程度の量は気にすることはない。

  16.  

  17. カビの生えたものは食べない、ある種のカビは強い発ガン性のある物質を作ります。

    ナッツ類、とうもろこしに付くカビの生成物は要注意。

  18.  

  19. 過度の日光には当たらない、

    強すぎる紫外線は、皮膚がんを起こしやすい。

  20.  

  21. 過労を避ける、過労は全身の抵抗力を低下させます。

    細胞のがん化やがん細胞の増殖を抑制ができなくなる。

  22.  

  23. 体を清潔にする

がん予防の関わりが指摘される食品成分

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維

スポンサードリンク

page top