がん細胞は、細胞同士を結合する接着因子を壊して別の場所へと移動します。

スポンサードリンク

細胞接着因子

がん細胞にも好みが転移しやすい臓器

肝臓は、人体の化学工場です。

 

胃や腸、膵臓などの消化器官を通過した血液は、門脈という血管を通って、いったん肝臓に向かいます。

 

肝臓では、血液中の毒物が無害化され、栄養分は別の物質に変えられて肝臓内に貯蔵されます。

 

こうした血液の処理作業を効率的に行なえるように肝臓の中の血管は、非常に細かく枝分かれしています。

 

肝臓全体に張り巡らされた、毛細血管の内部では、血流もゆっくりです。

 

胃や腸などの消化器官で、生じたがん(がん細胞)が転移する能力を得て、門脈の血流に入り込むと、それは必ず、肝臓に向かいます。

 

そして肝臓の細い血管の行き止まりに、がん細胞が引っかかって「着床」するとみられています。

 

その後、がんは血管壁に浸潤し、肝臓の組織で増えていきます。

 

肺は全身からの血液を受け取り、二酸化炭素を取り除いて供給する役割を持ちます。

 

そのために、肝臓と同様、臓器内には細い血管が網の目のように広がっており、やはり血管の行き止まりに、がん細胞が詰まりやすい状態です。

 

こうして血管に詰まったがん細胞が、そこで新たな転移巣を生み出します。

脳もまた、転移しやすい場所のひとつ

脳にも毛細血管が多く、また脳に向かう血液は、栄養に飛んでいるためです。

 

脳内を通る血管は、他の毛細血管より壁が厚く、また異物を通しにくい特殊な構造(血液脳関門)をしています。

 

しかし、転移する能力を得たがん細胞は血管壁のたんぱく質を溶かす能力を持っているため、血管壁を通り抜けて脳組織の中で増殖することになります。

 

がんが肺や肝臓、脳のような重要な臓器に転移しやすいことは、がんを根治するうえで、大きな障害がになっています。

 

これらの臓器は、すべてを切除するわけにはいきません。

 

しかも、転移したがんを摘出しても、別の部位に新しく転移巣が発生する可能性が高いです。

乳がんは脳や骨に転移

がんの種類によっても、転移しやすい臓器があるようです。

 

乳がんは、周辺のリンパ節に転移しますが、肺や肝臓、脳、骨にも転移しやすいです。

 

腎臓がんは、肺と骨への転移が多く、骨の痛みから腎臓がんが見つかることがあります。

 

子宮頸がんは、肺への転移が起こりやすく、前立腺がんは、骨に転移しやすいです。

 

このようながん細胞の選り好みは、早くから知られています。

 

がん細胞という「種」が、成長に適した土壌すなわち、臓器に達したときにのみ、転移が起こるという意味で「種と土壌の理論」と呼ばれてきました。

 

現在では、この現象は、がん細胞が他の細胞にくっつくための「細胞接着因子」が特定の臓器の細胞接着因子と結合しやすいためではないからと、見られています。

 

がんが別の臓器に転移したときには、もとのがんの名前で呼ばれます。

 

例えば、大腸がんが肝臓に転移したときには、大腸がんの肝臓転移ということになります。

 

転移性がん細胞といういい方もされます。

 

転移したがんを、再発がんと区別するのは、がん細胞は一般に発症した場所によって、性質が異なり、治療法も異なります。

 

大腸がんの肝臓転移に対して抗がん剤を使用するときは、原発性の肝臓がんに対する薬ではなく、大腸がんに効果的な薬剤を選択します。

スポンサードリンク

page top