がんの緩和ケア。

スポンサードリンク

がん治療を納得して受ける

がん医療における緩和のケアとは、患者さんや家族のつらさや苦しみをやわらげ、がんを少しでも上手に付き合っていけるようにし、延命することです。

 

がんによって生じる体の不調や心の問題に対処することは、がん自体の治療と同じように大切です。

 

がん医療は、単に病気の治療を行うことだけには止まりません。

 

患者さんが経験するつらさを、体と心と社会生活、あらには家族の抱える問題をも含めた全人的苦痛(トータル・ペイン)としてとらえ、サポートしなくてはいけません。

 

がん患者さんは、非常に多くの要素からなる苦しみを味わうことになります。

 

身体的苦痛、精神的苦痛、スピリチュアル・ペイン、社会的苦痛などです。

 

これらの各要素は、互いに密接に関連しており、各々に対してはきめの細かいサポートが必要です。

 

最近まで、がんの緩和ケアは、がん末期状態にある患者さんのケアであり、主として患者さんを肉体的苦痛から開放するために行なわれる医療と見なされがちでした。

 

今日でもがん緩和ケアは、ホスピスケア、ないしターミナルケアと考えられています。

 

緩和ケアはがんの診断時から全経過にわたって導入に努めることが重要とされています。

 

一方で、最期の数ヶ月間の緩和ケアをホスピスケア、看取りの数日間をターミナルケアと別に呼ぶ考え方もあります。

緩和ケアはどのように行なわれる

がんの進行によって、緩和ケアの重点は少しずつ変化します。

 

がんと診断されたときには、ひどく落ち込んだり、落ち着かない、眠れないといったことがあるかもしれません。

 

抗がん剤や放射線治療で、食欲がなくなったり、吐き気や下痢などの副作用が起こることもあります。

 

痛みが強いままでは、がんの治療自体がつらいものになってしまいます。

 

しかし緩和ケアの考え方を治療の早い時期から導入することで、これらの症状をやわらげながら治療を行うことができます。

 

とくに心のケアは、初回受診時(がん発見時)から終末期まで絶えず重視されなければなりません。

 

緩和ケアは「病床型」と「チーム型」に分けられます。

 

病床型は、従来の緩和ケアの概念の終末期患者さんに対する狭義の緩和ケア病棟・ホスピスが対象となります。

 

チーム型による緩和ケアは、がん治療の早期あるいは開始時より提供されます。

 

この場合のチームは、医師・看護師・精神科医・心理療法士などで、構成され主治医とともに患者さんや家族をサポートしてくれます。

 

がん患者さんに限ると9割以上が病院で最期を迎えています。

 

がんによる死亡者の受け入れ先は、緩和ケア病棟・ホスピスと一般病棟に分けられます。

 

しかし、実際には、緩和病棟・ホスピスで最期を迎える患者さんの割合はわずか2.5%に過ぎません。

 

医療施設ではなく「在宅ホスピス(在宅ケア)」を希望する患者さんも増えています。

 

在宅の場合、往診医と訪問看護師による診療が核になりますが、家族も積極的に参加することが必要になります。

 

緩和ケア病棟・ホスピスに入院できる患者さんは、基本的に次ぎのような条件に該当する必要があります。

 

がんの進行に伴なう体のつらい症状や精神的な苦痛がある。

 

延命を目的とした治療の対象にならない、又は延命を目的としたがん治療を希望しない。

 

緩和ケア病棟・ホスピスでは、体のつらい症状または精神的なつらさや苦しみをやわらげることが重要な治療として位置づけられています。

 

進行や再発によって身体症状が現われてからターミナル期(終末期)にかけての期間には、不安、無念さ、孤独、虚無感などの精神的苦痛が、家族との別離や社会生活を失うことによる喪失感とともに現われてきます。

 

患者さんの最後の願い事を把握し、悔いを最小限にするように努力することが大切です。

スポンサードリンク

page top