がん細胞が際限なく増えていく病気です。その原因となるがん細胞を取り除けばがんは治るはずです。

スポンサードリンク

転移が見つかったら

転移がんの手術

固形がん(血液のがん以外)に対しては、通常手術によるがんの切除が行なわれます。

 

切除後にもがんが体内に残っていると考えられるときには、抗がん剤や放射線による治療を追加します。

 

しかし中には、診断時にすでにがんが離れた臓器に転移している患者さんもいます。

 

このゆな症例では、がんは全身の病気になったと見なして、一般的には、体全体を治療する化学療法を選択することになります。

 

がんの転移が見つかったときには、転移がんだけでなく、原発がんも、手術で切除することはまれです。

 

たとえ切除しても、一部のがんを除けば延命の効果は、期待できないからです。

 

手術を行なうとむしろ患者さんの生活の質(QOL)を下げ、余命を短くする可能性もあります。

 

進行したがんの手術は、技術的に難しく、手術中に患者さんが死亡することもあります。

 

またがんが転移しやすい臓器である、肺や肝臓などは、患者さんが生きていく上で不可欠な臓器であり、それらを切除すれば生命に関わってきます。

 

手術後に感染症などにかかる恐れもあり、手術によってさまざまな後遺症も現れます。

 

実際には、離れた臓器に転移したときの治療方針は、がんの種類や大きさ、数、転移した臓器、患者さんの容態、患者さんの家族の治療に対する考え方などによって変わってきます。

手術の危険が高まるケース

  • 高齢者である
  • 他の病気が併症している(糖尿病、高血圧、心臓病、脳血管障害、腎不全)
  • 緊急手術である
  • がんが進行しているので、手術が大規模になる
  • 他の臓器などに広く転移している

発見時に転移が見つかった場合の治療方針

化学療法(抗がん剤治療)

抗がん剤でがんを攻撃する治療です。

 

がんが遠隔転移しているときには延命することを目的として、一般にこの治療を選びます。

 

抗がん剤はふつう、全身に行き渡るように投与します(全身療法)。

 

肝臓や肺など、ひとつの臓器のみに転移しているときには、その臓器に血液を送る動脈に抗がん剤を投与することもありますが、一般的ではありません。

 

化学放射線療法

がんの発生部位とその周辺に対する局所療法として、抗がん剤と放射線治療を併用する方法です。

 

抗がん剤の感受性が低い(治療効果があまりない)がんでも、この手法で治療効果が上がる例があります。

 

副作用が強いため、治療を行なうかどうかは慎重に判断します。

 

減量手術+化学療法

がんをできる限り切除し、その後、抗がん剤を投与する方法です。

 

卵巣がなどの抗がん剤の治療効果が高いがんでは、腹腔内に残るがんがごく小さいときには、手術を行なうと延命効果があるとされています。

 

放射線治療

放射線を体外から、または体の内部から照射する方法です。

 

転移時には、大きながんを縮小させることによって生活の質を保つ目的で使用されることが少なくありません。

 

脳転移に対しては、ガンマナイフや全脳照射などを行なうと、多くの場合、脳内の転移がんの成長を抑えたり、縮小させることができます。

 

頭蓋骨内の圧力も下がるので、生活の質も向上します。

 

緩和療法

患者さんの症状をやわらげる治療です。

 

患者さんの痛みを抑える、呼吸を楽にする、腹水を減らすなどの対症療法を行ないます。

 

緩和療法を目的として手術や放射線治療を行なうこともあります。

 

がんが臓器を圧迫することにより、生活の質が著しく低下しているときには、がんの切除や放射線の照射が検討されます。

 

そのほか、胃や小腸などの消化管にがんが、詰まったとき、その部分を避けて食物の別の通り道を作るバイパス手術をしたり、食道や胆管にがんが詰まったときに、細い管(ステント)を入れて食物や胆汁の通過を作る治療を行なうこともあります。

スポンサードリンク

page top