がんが見つかったとき、がんの手術を行なった後に医師が、本人や家族にがんがリンパ節に転移していると、告げることがあります。

スポンサードリンク

リンパ節とリンパ管

がんはリンパ節で増殖

リンパ節への転移とは、どんな状態をいうのでしょうか。

 

発生した場所のがんがまだ、小さくても、がん細胞が近くのリンパ管に入り込み、そこからリンパ節に転移することはめずらしくありません。

 

リンパ管は、リンパ液(病原菌と戦うリンパ球を含んでいます)を運ぶ細い管で、全身に網の目のように張り巡らされています。

 

これらのリンパ管のところどこえおには、大豆からそら豆ほどの大きさの膨らみが存在します。
これらの膨らみは、リンパ節(リンパ腺)と呼ばれる一種の免疫器官です。

 

その内部では、リンパ液をろ過して古いリンパ球を取り除いたり、病原体や有害物質を免疫反応によって処理しています。

リンパ節に含まれる免疫細胞の一種

マクロファージ(大食細胞)が、病原体や有害物質を見つけ出して、敵であることを示し、他のリンパ球に攻撃させて無害にします。

 

かぜなどの感染症にかかったときに、首やあごの下のリンパ節が腫れることがあるのは、病原体と戦うためにリンパ節の中のリンパ球が、急激に増えたことを示しています。

 

リンパ節に達した病原体や有害物質の99%は、こうした働きによって除去されると見られています。

がん細胞は、リンパ節に転移しやすい

リンパ管は、血管とは違って壁が薄く、壁の細胞同士の間隔も空いていて、体組織内のリンパ液を取り込みやすいようにできています。

 

そのため、リンパ球や水分だけでなく、病原体や細胞のかけらもリンパ管に入り込みます。

 

がんが何処かの臓器に生じ、がん細胞が組織から剥れ落ちてその周辺を動き回るようになると、それらは容易にリンパ管に侵入することになります。

 

こうしてリンパ管に入り、リンパ液の流れに乗ったがん細胞は、
ろ過装置のついたリンパ節でせき止められます。

 

がん細胞の一部は、ここでリンパ球などの免疫細胞に攻撃されて死んでいきます。

 

しかし、がん細胞はもともと自分の体の細胞が変異したものなので、免疫細胞はそれらのすべてを有害な敵かどうか見分けることができません。

 

そのためがん細胞は、免疫細胞に攻撃されることなく生き続け、リンパ節で増殖することがあります。
これが「リンパ節転移」です。

 

こうしてがんがどこかのリンパ節に転移すると、そこで増えたがん細胞はリンパ管を伝わって、別のリンパ節に到達し、そこでも増殖し始めます。

 

がんは、こうしてリンパ節からリンパ節へと、次々に転移していきます。

 

リンパ管は、最終的には、静脈(血管)と合流するので、がんのリンパ節転移が進むと、がん細胞は、血液の流れに乗って、肺や肝臓などの臓器に移動することになります。

 

実際には、リンパ節への転移が始るころには、血管にもがん細胞が入り込むことが多いので、離れた臓器への転移は、血管を通じて起こると見られています。

がんの基本的治療は

がんがごく初期でも、リンパ節への転移が疑われるときには、がんの近くのリンパ節を切除(郭清かくせい)することになります。

胃がんの場合は

リンパ節転移がかなり早い段階で起こるため、ごく初期でないかぎり、胃を切除するとともに、胃を取り巻くリンパ節も、広範囲に郭清します。

 

乳がんでも、わきの下のリンパ節を郭清します。

 

しかし、リンパ節を切除すると、腕や脚がむくむ(リンパ浮腫)、腹に水が溜まるなどの後遺症が現われます。

 

乳がんや胃がん、悪性黒色腫(メラニーマ=皮膚のがん)などでは、手術時にセンチネルリンパ節生検と呼ばれる検査を行なうことがあります。

 

センチネルは、見張り、歩哨(ほしょう)の意味で、センチネルリンパ節は、がん細胞が流れ込む最初のリンパ節を指します。

 

センチネルリンパ節生検では、このリンパ節にがんが転移しているか、どうかを調べます。

 

がんの手術で、リンパ節を切除したときには、その後病理検査が行われ、がんが転移していないか、どうかが、顕微鏡で詳しく調べられます。

 

リンパ節に転移が見とめられたときには、遠隔転移も始っている可能性が高いので、化学療法(抗がん剤投与)などの補助療法を行ない、残っているかもしれないがん細胞を完全に殺すようになります。

スポンサードリンク

page top