アガリクス・ブラゼイ・ムリルに抗がん作用さまざまな研究で明らかになっています。

スポンサードリンク

がんを攻撃するメカニズム

アガリクス・ブラゼイ・ムリルに含まれる多糖類ベータ-D-グルカン=高分子多糖類。

 

マクロファージ・NK細胞を活性化させます。

 

生体に取り込まれると、細胞内のマクロファージ=白血球の一種。

 

ウイルスや細菌の毒素などを食べて処理する働きがあります。

 

刺激されて、活性化マクロファージを分化します。

 

インターロイキンなど分泌します。

ベータ-D-グルカン=高分子多糖類

Tリンパ球=リンパ球の一つ。

 

Bリンパ球に抗体産生を指令する細胞を刺激します。

 

ヘルパーT細胞は、マクロファージまで活性化させます。

 

相互的賦活作用が行なわれ未熟な、NK細胞とキラーT細胞が成熟します。

 

生体内の免疫細胞群が強化されます。

 

がん化した細胞ができると、マクロファージが接触して破壊すると同時に、良性細胞かがん細胞かを区別して、その情報をヘルパーT細胞に伝えます。

 

ヘルパーT細胞は、キラーT細胞とNK細胞に応援を頼んで、がん細胞をやっつけに行かせます。

 

免疫に関わる細胞が上手に連携プレーをとることで、がん細胞をやっつけています。

多糖類ベータ-D-グルカン

アガリクス・ブラゼイ・ムリルに含まれる多糖類ベータ-D-グルカン効果は、サプレッサーT細胞=抗体産生を抑制する細胞がしっかり活性化させていれば、免疫の過剰反応を防ぐために攻撃中止命令を出す働きもあります。

 

免疫細胞ががん細胞を攻撃するときには、ベータ-D-グルカンの働きによって、効果的に働く力を貸しています。


免疫システム

がん細胞を攻撃するNK細胞は、がん化した細胞を認知する能力を持っています。

 

がん細胞に近づいて、本当にがん細胞か確認します。

 

がん細胞には、NK細胞はがん細胞を破壊します。

 

免疫システムでがん細胞を攻撃するのは、NK細胞・キラーT細胞、マクロファージ・好中球=白血球に多く含まれる、細菌を食べる働きがある顆粒細胞が重要な働きをします。

 

アガリクス・ブラゼイ・ムリルに含まれる多糖類は、細胞を活性化し、免疫システム全体がベストな状態で働けるように作用しています。

免疫システム

スポンサードリンク

page top