アメリカ国立がん研究所では、がんはひとつの病気ではなく、細胞が異常に増え続けるという性質を持つ100種類以上の病気の総称とされています。

スポンサードリンク

転移と再発

どんながんが転移・再発しやすい

がんは、細胞が際限なく増え続ける病気

一口にがんといっても性質はさまざまに異なり、早いうちから転移や浸潤を始めるがんも、あれば、ゆっくりと成長し、あまり転移しないがんもあります。

転移しやすいがんには
  • 乳がん
  • 骨肉腫
  • 悪性黒色腫(メラノーマ=皮膚がん)
周囲の組織に浸潤しやすいがん
  • 卵巣がん
スキルス(特殊な胃がん)

スキルスとは、分化度(成熟度)の低い腺がんの一種。

 

がん細胞の数に対して周りの組織細胞が多く、非常に硬いがん。

 

卵巣がんは、卵巣だけにとどまることはなく、早い段階で子宮に広がり、進行すると大腸などにも進行します。

 

一般的には、転移しやすい浸潤が早く始るがんは、再発もしやすいといえるようです。

 

再発は多くの場合、他の臓器やリンパ節に転移または、浸潤したがん細胞が治療後に患者の体内に残るためです。

 

そこで、転移や浸潤しやすいがんの場合は、手術前または手術後に化学療法(抗がん剤治療)や、放射線治療などの補助療法を行なって、がんが残らないようにします。

 

こうした補助療法が大きな効果を発揮するものに、乳がんや骨肉腫などがあります。

 

これらのがんは、かつては再発の多いがんでしたが、今では効果の高い抗がん剤の組み合わせが見つかっているため、がんの進行度によるものの、補助療法によって再発をある程度予防することができます。

それだけでなく、食道がんの理由

肝臓がんや食道がんは再発しやすいとされています。

 

血管が網の目のように広がる肝臓内では、がんは転移しやすく、それが見過ごされると後に再発することになります。

 

しかし、再発より大きな原因は肝臓がんの患者のほとんどが、肝炎ウイルス(B型、C型)に感染していることもあります。

 

手術で完全にがんを取り除いたとしても肝炎ウイルス(特にC型)の活動によって肝臓が、がん化になりやすい状態は残り、第2、第3のがん(二次がん)が発生することが少なくありません。

肝臓がんの場合

再発と二次がんを見分けることは容易ではありません。

 

二次がんであっても再発と呼ばれます。

 

食道がんも、広い範囲のリンパ節転移や食道内のスキップ転移を起こしやすく、再発しやすいがんです。

 

それだけでなく、食道がんの主な原因は、継続的な飲酒と喫煙があり、これらによって食道の組織はがん化しやすい状態になっています。

 

そのため、食道がんも肝臓がんと同じで二次がんを発生しやすいです。

生活の質と再発

治療法もまたがんの再発と関係しています。

 

臓器の機能をできるだけ温存したい、あるいはその臓器がないと生命が維持できないとき、手術などの治療は、最小限に抑えられます。

 

このような場合は、手術後にがん細胞が取り残され可能性があり、再発率が高くなります。

 

直腸がんで肛門・排尿・性(勃起)の機能を残したときや、膀胱がんで、がん組織のみを切除したときにはその後の「生活の質」QOLは、高くなりますが、再発することもあります。

肝炎と肝硬変

原発性肝臓がん(肝細胞がん)の80%は肝硬変がんが進展して発症します。

 

肝硬変は、さまざまな原因で肝臓を作っている細胞(肝細胞)が繰り返し損傷することによって発症するとされています。

 

アルコールの長期間の多量摂取、肝炎ウイルスの感染、薬物や毒物の長期摂取、自己免疫、胆汁のうっ血などです。

 

肝硬変をもっとも引きやすい原因は、肝炎ウイルス(B型、C型)の感染です。

 

肝炎ウイルスに感染すると、肝臓を作っている細胞が炎症を起こして、肝炎となり、最終的には、細胞が繰り返して「肝硬変」になります。

 

肝硬変になるまでには、長い時間がかかります。

 

これは肝臓が非常に大きな臓器で機能的に余力があり、損傷しても再生する能力を持っているためです。

 

肝硬変が30〜40年もかけてゆっくり進行している間、ほとんど自覚症状がありません。

 

損傷していない肝細胞が必要な機能を維持しているからです。

 

しかし、肝硬変を起こした部分が広がっていくにつれ、疲れやすい、食欲や体力が低下したなどの症状が現われます。

 

肝硬変が広がると、腹水やむくみ、黄疸、皮膚のかゆみ、胆石、出血傾向、肝性脳症(精神意識障害)、食道血管の出血、胸や顔の赤い斑紋(クモ状血管腫)などが現われてきます。

 

肝硬変に対しては、治療法が見つかっていません。

 

最終的には、肝臓完全に機能を失って死に至るか、あるいは肝臓がんを発症することになります。

 

そうなる前に治療を始めて、進行をある程度遅らせることができます。

スポンサードリンク

page top