がんは、手術を始めるとするさまざまな治療によって治ったかに見えても、再び発生することがあります。

スポンサードリンク

微小転移

ほんの少数のがん細胞から

がんは、治療後になぜ再発するのか?

 

これはがんの治療後に、ほんの少数のがん細胞が体内に残っていても、そのがん細胞が増殖を始めて臓器や器官を侵すようになる可能性があるからです。

 

こうして残った細胞から再び、がんが生じることを「再発」と呼びます。
がんを治療するには、がんを手術で切除したり薬や放射線で殺したりします。

 

手術で切除したがんの周りの組織は少数のがん細胞が取り残されることがあります。

 

また、目に見えるがんを手術で取り除いても、既に他の臓器に目に見えない
転移(微小転移)が起こっていることもあります。

 

こうしたがん細胞をすべて見つけることは現実には不可能です。

 

そのため通常は、取り残されたがん細胞を、根絶するために手術後に、抗がん剤投与や放射線照射が行なわれますが、それでも完璧を期することは容易ではありません。

 

わずかでもがん細胞がどこかに残っていれば、それがいずれ増殖を始めて、再びがんのかたまりを作り出す可能性があります。

 

がんは治療後2〜3年以内に再発することが多く、最初の治療でがん細胞が完全に取り除かれていなければ、遅くとも5年以内には、再発すると言われています。

 

そのため治療から5年後までに再発するかどうかひとつの目安となります。

 

5年たっても再発しなければ、一般に完治したと見なされます。

 

しかしなかには、乳がんや腎臓がん、甲状腺がんのように、長い間再発の兆候が無く、10年以上たってから再発する例もあります。

再発がんは悪性度が高い

再発したがんの治療は、一般的に困難です。

 

大きな理由は、再発したがんは、もともとのがんが周囲に増えることによって生じたもの。

 

再発を引き起こしたがん細胞は、浸潤や転移に必要な能力を身につけていて、最少に再発したがん細胞より悪性度が高い傾向があります。

 

こうしたがん細胞は、増殖に必要な栄養分を、取るため新しい血管を、自分の方向に向かって成長させたり、正常な細胞がんの周りを溶かす物質を分泌したりすることができます。

 

そのため、再発がんは成長速度が早く、複数の臓器にほぼ同時に、転移することもたびたびあります。

 

治療の面でも、再発したがんは制約が多くなります。

再発がんが手術の対象になるのはまれ

肺や脳などの、手術の困難な場所に再発したり、あるいはすでに大きく切除した、臓器で再発して患者の体が、それ以上の手術に耐えられなかったりするためです。

 

最初の治療時に抗がん剤投与を受けている場合、がん細胞がその薬に対する、抵抗力(薬剤耐性)を備えてしまい、再発時には同じ抗がん剤が効かないことも少なくありません

 

放射線治療についても、一度照射した場所に、再度照射すると臓器が致命的な損傷を受けることがあるため、再照射できないこともあります。

 

こうしたことから、再発したがんに対しては、完治を目指さずに、延命を目的とする治療を行ない、痛みの治療など生活の質(QOL)を向上させる処置(緩和療法)に止めて、がんそのものは治療しないこともあります。

 

しかし、再発に対しても、治療の選択肢が少しずつ増えています。

 

新種の抗がん剤「血管新生阻害剤」は、多発性骨髄腫や大腸がんなどが、再発したときに使用され、治療効果が上げている例もあります。

スポンサードリンク

page top