女性は40歳を過ぎた頃から骨の中のカルシウムが減少してきます。

スポンサードリンク

骨粗鬆症の改善

血中のカルシウムは1%を必要とされ、日常の食事から補給しないと骨から溶かしてカルシウムを補います。

 

骨粗鬆症は、慢性的カルシウム不足から骨がカスカスになります。

 

アガリクスに含まれるビタミンD2がカルシウムの吸収を促進させます。

 

食物繊維効果

食物繊維には腸の働きには大切です。

 

アガリクスには食物繊維が多く含まれています。

 

食物繊維には私たちの脂では消化吸収されません。

 

その食物繊維が物理的作用により、腸管内の発がん物質やコレステロールなどを吸着して、その再吸収を妨げ、排出を促進します。

 

消化器系のがん予防になります。

抗肝炎ウイルス作用

B型、C型の肝炎に関してはインターフェロンという物質が効果があると期待されます。

 

インターフェロンは通常細胞は傷つけず、ウイルスの殻を構成するコートタンパクの合成を阻害する作用があります。

 

このためウイルスの増殖のみを阻害します。

 

アガリクスのタンパク複合体はインターフェロンの誘導を促進するといわれます。

きのこパワーは、体の機能を改善

きのこが体によいわけは、高多糖類、高たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。

 

食生活の欧米化や偏りがちの食生活は、肥満や大腸がん、子宮がんなど増えています。

 

肥満は高血圧症や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病などを招く大きな要因。

 

過剰なストレスから起こるさまざまな病気も現代病の一つです。

 

これらの病気にきのこ類の効果は大きいといえます。

 

きのこパワーは、現代人の体を正しく機能させ、健康な状態に戻す効果があります。

 

すでに、しいたけ、スエヒロタケ、カワラタケなどのきのこの成分は抗がん剤として認可され使用されています。

 

これらは補助的に化学療法剤と併用することで、副作用を軽減する働きをしています。

 

アガリクスに限らず自分が不足している栄養分、体の症状などに合わせて食べること。

アガリクスの学名はアガリクス・ブラゼイ・ムリル

アガリクスの学名はアガリクス・ブラゼイ・ムリル

和名がカワリハラタケ又は、ヒメマツタケです。

 

アガリクスが学術欄に登場したのが、1967年のことです。

 

商品として購入する場合は、学名のアガリクス・ブラゼイ・ムリルの表記のあるものを選びましょう。

 

アガリクスの効果のヒミツは成分

さまざまな病気を改善するといわれるアガリクス。

 

きのこは薬用効果が高く、漢方薬にも古くから使用されています。

 

日本の医薬品にも、きのこから生まれた制がん剤があります。

 

シイタケの子実体、レンチナン、カワラタケの菌糸体、クレスチン、スエヒロタケの液内多糖、ソニフェランとして認可済み。

 

医薬品として使用されているきのこに劣らない驚異的な成分を持つのがアガリクスです。

 

アガリクスは、たんぱく質と糖質をほぼ同量・高濃度に含んでいます。

 

これが他のきのことは異なるアガリクスの驚異のヒミツです。


スポンサードリンク

page top