うつ状態に陥ったときどうする。

スポンサードリンク

がん再発は精神的苦痛

医師からがんの再発を告げられたとき、がん患者さんの多くは非常の大きな精神的ショックを受けるといいます。

 

こうした状況におかれた患者さんは「自分は医師から見放される」と感じることが少ないようです。

 

実際、再発と診断された後、患者さんがうつ状態に陥ったり、PTSD(心的外傷後ストレス障害=精神的ショックが原因で引き起こされるさまざまな症状)に苦しむようになる確立は、大変高いとされています。

 

多くの患者さんは、再発する前にも精神的ストレスとなる出来事を繰り返し、経験していることが少なくありません。

 

がんを告知されたときは、もちろんですが、治療効果があまり見られないときや、治療の副作用に苦しむときなどです。

 

こうしたストレスが続いた後の再発は、強い衝撃となる可能性があります。

 

がん専門病院の中には、精神腫瘍科(サイコオンコロジー)の医師が患者さんの心理的ケアを行ったり、精神科医や臨床心理士が指導しながら患者さん同士のグループ・カウンセリングを開いたりする例もあります。

 

がん患者さんに対して専門家がこうした心理的ケアを積極的に行う医療機関は、今のところまだ多くはないようです。

精神的苦痛を乗り越える

患者さんの心の痛みは、医師や看護師と話し合って、互いによりよい関係を築くことにより軽減します。

 

多くの場合、患者さんの精神的負担の原因は、死への恐怖感というよりは、むしろ自分の無力感や孤独感、痛みに対する恐怖、医療や家族、あるいは職場などに見捨てられるという、不安感が大きな部分を占めるとされています。

 

医師や看護師との話し合いを重ねていけば、自分の病気の状態をよりよく理解し、治療についても、正しい情報を得ることができます。

 

それによって、他人を責めたり、過去の自分の行動や生活を後悔したり、治療について不安や不満を抱くことが少なくなります。

 

また、治療方針を医師と話し合い、治療法の選択に自らも参加することが出来れば、患者さんは治療に前向きになります。

 

そして、自分が状況をコントロールしているという、意識を持つようになるということです。

 

再発経験を持つ、がん患者さんによると「がんは慢性的な病気であり、気長に付き合っていかなければならない」と考えると、精神的な落ち着きを取り戻しやすいといいます。

 

患者さんはときには、自分の体の状態を知りたいと考えることもありますが、こうした感情は、人間として、自然なことです。

 

患者さんは、医師や家族に対して、自分はどんなときに病状を知りたくないのか、何を知らせないでほしいのかを、伝えておくとよいかもしれません。

 

患者さんが、自分の病状よりもむしろ、子どもやペットなど、大切な家族の世話をどうするか、職場の同僚に迷惑をかけているのでは、あるいは治療中に自分の仕事が失われてしまうのではないか、などという問題に思い悩むことも少なくありません。

 

こうした問題を、自分でリストアップし、それに優先順位をつけて、順に取り組むことです。

スポンサードリンク

page top