免疫力の低下は、がんをはじめとする様々な病気にかかりやすくなります。

スポンサードリンク

自然治癒力を高める

免疫力はストレスや加齢、体力の衰えや疲労で低下

がん細胞は、健康な人の体内でも毎日何千個と発生しているといわれます。

 

免疫力のおかげさまで直ぐには発病しません。

 

免疫力を強化することは、がん細胞の増殖抑制、再発の防止に大きな期待が持てると考えられます。

 

あらゆる病気を治すための基本、生体調節作用の高まります。

自然治癒力を高める

抗がん剤

抗がん剤には副作用の問題があります。

 

がん化した細胞を攻撃する力が強すぎるため、正常な細胞まで傷つけてしまいます。

 

副作用に苦しむ人が少なくありません。人間の体内でも抗がん物質は作られています。

 

免疫力の高いときは、体内のがん化した細胞が発生するとインターフェロンという抗がん物質が誘発されます。

 

ストレスや病気によって免疫力が低下してくると、対応できなくなります。

 

体内の自己インターフェロンを誘導させることを目的に、アガリクス・ブラゼイ・ムリルを補助的に患者さんに投与しているケースもあります。

インターフェロン

免疫力を低下させる原因

自然治癒力の源、免疫力は加齢と共に衰えます。

 

がん遺伝子を抑えて免疫力が低下すると、がんになる確率が上がります。

 

免疫システムが働いていれば、高齢になってもがんとは、無縁で元気な人もいて、若くしてがんに冒される人もいます。

 

ストレス、活性酸素、ホルモン療法、高カロリー・高脂肪食、喫煙、大気汚染、農薬汚染食品など、がん抑制遺伝子を傷つけ、免疫力を低下させる要因が現代社会には溢れています。


スポンサードリンク

page top