がん患者さんは強い痛みを感じることが少なくありません。

スポンサードリンク

進行したがんの痛み

がんはなぜ痛いのか

初期のがんの患者さんも含め、全患者さんの70%以上が痛みを感じるといわれています。

 

進行がんになると、痛みを感じる患者さんの割合は、さらに高くなります。

 

しかし、痛みの治療(疼痛治療)を適切に行なえば終末期の患者さんでも痛みをあまり感じずに、日常を過ごすことができます。

 

がん患者さんの痛みの原因

がんそのものによる痛み

体には、痛みを感じる点(痛点:神経の末端部)が無数にあります。

 

がんが成長し、皮膚や体内の痛点を刺激するようになると、痛みが生じます。

 

さらに、がんが体内の神経に広がったり、神経を圧迫したりしても、痛みが生じます(神経性の疼痛)。

 

がんの治療による痛み

がんの手術を受けた人は、開腹跡や体内の手術した部分が痛むことがあります。

 

化学療法では、副作用で末梢神経が障害されて、刺すような痛みを感じる、腸の動きが悪くなる、下痢のため腹痛を感じるといったこともあります。

 

放射線治療も、照射した部分が炎症を起こしたり、神経が炎症すると、痛みが生じます。

 

持病や合併症、体の衰弱による痛み

中高齢の患者さんは、持病として、関節炎などの体が痛む病気を持っていることが、少なくありません。

 

糖尿病などを発症しているときには、神経痛が生じることもあります。

 

さらに、便秘(鎮痛薬モルヒネの副作用として生じることも少なくない)や下痢による腹痛も見られます。

 

体が弱り免疫力が低下すると、帯状疱疹(皮膚に帯状にできる発疹)になることがある。

 

この病気は、体内に存在していたウイルスが神経を伝わって繁殖するために、かなり激しい痛みを生じます。

 

長い間寝たきりの患者さんは、筋肉がつっぱったり硬くなったり、体が痛むこともあります。

 

がんが骨に転移したときにも、骨が変形して骨折したり、骨折した骨の間を通る神経が、圧迫されたりして痛みを感じます。

 

自分で寝返りできない患者さんは、床ずれができて、強い痛みを感じることがあります。

 

心理的な原因による痛み

精神的な問題は、しばしば患者さんの痛みを増強します。

 

医師や看護師と十分に意思が疎通できていない、医療から見放されたと感じる、家族や友人が自分の苦痛を理解してくれない、自分はもう治らない、こういった感覚は患者さんの孤独感を深めて精神状態を悪化させるだけでなく、現実の痛みも強くすることが分かっています。

 

痛みを伝える

痛みを抑えるには、患者さんが痛みの状態を医療スタッフになるべく具体的に伝える必要があります。

 

より痛みの原因を突き止めやすくなります。

  • 体のどこが痛むか。
  • 痛みの強さは10段階に分けたらどのくらいか。
  • 痛みはいつ、どんな状態で起こるか。
  • 痛みはどのくらい持続するか。
  • どんな痛みか。

締め付けるように重苦しい、チクチクする、刺すような痛み、えぐられるような痛み、キリキリする、熱いように感じるなど。

 

医療スタッフは、患者さんの痛みの強さや種類、原因に合せ痛みの治療法を決定します。

 

痛みの治療が始ってもすぐに、痛みがなくなることはまれです。

 

これは、患者さんでは痛みの原因が複数重なっていることが少ないためです。

 

WHOのがん疼痛治療法

痛みの治療には、薬による治療、神経ブロック、放射線治療、外科治療、理学的治療(運動やマッサージなど)があります。

スポンサードリンク

page top