胃がんは離れた臓器に転移しにくいがんです。

スポンサードリンク

胃がんの転移・再発時の治療法

しかし、早期でも周囲のリンパ節には、転移しやすく、放置するとリンパ節から次のリンパ節へと転移がすすみ、最終的には血液に乗って他の臓器へと転移します。

 

胃がんは、大きくなると胃壁を突き破るので、がん細胞が腹の内部空間(腹腔)にこぼれ落ちることもあります。

 

こうなると、がん細胞は腹腔や臓器を包む膜(腹膜)で成長を始めます。

 

がん細胞が腹膜に広がることを「腹膜播種」といいます。

 

胃を通過した血液は、肝臓に流れ込むので、胃がんが進行するとがん細胞が血流に乗って肝臓にも転移します。

 

胃がんが手術後に再発することは、比較的少ないとされているものの、発見後に進行していた場合は、肝臓や腹膜で、再発することがあります。

 

胃がんが転移・再発したときは通常、化学療法(抗がん剤による治療)を行ないます。

 

今のところ胃がんに対して使用される抗がん剤の組み合わせが、一定していません。

胃がん緩和療法

こうして治療と並行して、症状をやわらげるための対症療法も行ないます。

 

胃がんでは、腹膜播種のために、腹に水が溜まる腹水が起こりやすいとされています。

 

通常、腹水を減らすには、利尿薬を使用します。

 

腹水のために尿管が圧迫されて尿がでなくなったときには、腎臓までカテーテル(細い管)を通します。

 

肝臓から胆のうや消化器へと胆汁を送る通路(胆管)が狭くなったときには、胆汁を体外に排出させる方法が取られます(胆汁ドレナージ)。

 

栄養を口から取れなくなることも多く、この場合は、太い静脈にカテーテルを通して栄養剤を点滴する手法がとられます(中心静脈栄養法)。

大腸がんの転移・再発時の治療法

大腸がんは最近、がんが再発・転移したときの治療の延命効果が著しく高くなりました。

 

大腸がんの治療に有効な新薬が幾つか見つかり、それらを上手く仕組み合わせる使用法が、開発されたことによります。

 

大腸がんは、結腸がんと直腸がんに大きく分けることができます。

 

結腸がんは、大腸の大きく湾曲した部分を指し、また直腸は肛門のすぐ手前の、大腸の最後の直接部分をいいます。

直腸がんの再発の治療

直腸がんは、発生した場所から次第に周囲に浸潤していき、さらには壁を突き破って隣り合う臓器にまで浸潤することもあります。

 

そのため再発時には、大腸の残りの部分や隣り合う臓器(骨盤内にある膀胱、子宮、膣など)に、再発する例がしばしば見られます。

 

局所再発以外に、肺や肝臓に血液に乗って転移することもあります。

 

直腸がんが治療した場所の周囲で再発してときには、再切除(直腸切断術、または骨盤内臓全摘術)によって完治を期待することができます。

 

しかし、離れた臓器に再発したときには、肺や肝臓であれば、切除することもありますが、一般的には化学療法(抗がん剤投与)が選択されます。

結腸がんの転移・再発の治療

直腸がんが周囲に浸潤しやすく局所的再発が多いのに対して、結腸がんは、離れた臓器への転移や再発がかなり高い確率で起こります。

 

多いのは肝臓への転移です。

 

肝臓に転移したがんが、小さく数も少なければ、手術で切除します。

 

30〜40%の患者さんが、5年以上生存できます。

 

手術が困難な場合には、ラジオ波やマイクロ波による焼灼法を行ないます。

 

転移がんが大きいときやその数が多いときには、通常、全身に抗がん剤を行き渡らせる静脈投与などの全身化学療法を選びます。

 

肝動脈に抗がん剤を注入する動注法が選択されることもあります。

 

肝臓に次いで、転移が多いのは肺です。

 

肺の転移がんが小さく、数も少なければ、手術で肺の一部を切除することもあります。

 

切除が難しいときには、一般的に全身化学療法を行ないます。

スポンサードリンク

page top