発生した臓器を離れても、生き続けるがん細胞。

スポンサードリンク

悪性腫瘍

人間の生命を脅かす悪性腫瘍(がん)と命の危険のない良性腫瘍の違い

がんと良性腫瘍に共通の性質は、発生した場所(組織)とは無関係に細胞が増殖していくことです。

 

良性腫瘍は発生した場所に止まるため、生命に直接危険を及ぼすことはありません。

 

がんは、良性腫瘍にはない「転移」という特別の性質を持っています。

 

転移という性質が、がんを重大な病気にしている最大の理由となっています。

 

人間のからだを作っている無数の細胞は、それぞれの臓器や組織に固定されていて、その場所をな離れて体内を勝手に移動することはありません。

 

白血球や赤血球などの血液は例外です。

 

細胞同士が互いにしっかり結びついているからです。

 

これは良性の腫瘍でも同じです。

 

組織内の細胞が自分の場所を離れれば、その細胞は死にます。

 

がん細胞は、このルールに従うことなく、組織を離れても生き続けることができます。

 

そして、血液やリンパ液に混じって他の臓器や器官へと移動しそこで増殖す始めます。

 

これが「がんの転移」です。

 

組織を離れたがん細胞は、リンパ節や血管の中に自由に入り込みます。

 

リンパ管に入り込んだがん細胞は、しばしば白血球の濾過装置のリンパ節で足止めされ、そこで増殖し始めます。

 

他方、血流に混じり込んだがん細胞は、肺や肝臓、脳などの臓器にたどり着き、そこで、増殖することになります。

 

しかし、すべてのがん細胞が転移を引き起こすわけではありません。

 

血管やリンパ管に入り込んだがん細胞のうち、長時間生き延びて、別の場所で増殖できるようになるがん細胞は0.1%程度です。

 

1,000個に1個程度とされています。

 

血液中に入り込んだがん細胞の数が莫大な数であることも考えるとこれは決して小さな数値ではありません。

 

がん細胞は、遠隔転移を引き起こす際には、遺伝子の変化により次のような現象を引き起こしとされています。

  • 周囲の組織との結びつきを失い、剥れやすい状態になる。
  • 血管を成長させる物質を放出し、新しい毛細血管を作り出してがんの近くまで引き寄せる。
  • 血管の壁を溶かす物質を放出して、血管内に入り込む。
  • 血管に乗って他の臓器や器官へと移動し、そこに付着して増殖を始める。

がんが困難な病気といわれる理由

がんがかなり大きく成長しても、それが最初に発生した場所(原発巣)に止まっている限り、手術によってその部分を取り除くことにより、がんが完治する可能性は高くなります。

 

しかし、がん細胞がさまざまな場所に転移すれば、それを手術で取り除くことは難しくなります。

 

また、重要な臓器に転移すると、その臓器は本来の役割を果たせなくなります。

 

最後は、がん細胞の宿主(しゅくしゅ)である人間を死に至らしめることになります。

 

宿主が死ねば、がん細胞自身の死ぬので、がん細胞にとって宿主の体内で転移することにどんな意味があるのか。

スポンサードリンク

page top