子宮体がんのほとんどは、子宮の内側を被う膜(子宮膜)に発生する子宮内膜がんです。

スポンサードリンク

子宮体がん転移・再発時の治療

子宮体がん(子宮内膜がん)

50歳代〜60歳代に多く、欧米型の脂肪分の多い食生活を送る女性がなりやすいとされています。

 

比較的転移しにくいがんとされていますが、進行すると卵巣や膣、膀胱、直腸に広がります(局所進行)。

 

さらに、肺や肝臓、脳、骨などの離れた臓器に転移することもあります(遠隔転移)。

 

また、お腹の内側(腹腔)や腹部の臓器を包んでいる腹膜に、がんが点々と転移することもあります。

 

これは腹膜播種と呼ばれます。

 

最近では、化学療法と放射線治療を並行して行なう化学放射線療法も試みられていますが、今のところ治療効果についてはよく分かっていません。
遠隔転移を起こしているときには、化学療法を行ないます。

 

転移が肺のみで、しかもがんの数が少なく、かつ、小さいときののみ、がんの切除を検討します。

子宮体がんの再発の治療

子宮体がんが、最初の治療時に子宮内にとどまっていた場合は、治療後に再発しにくいとされています。

 

しかし、その場合でも、治療した部位の周辺に再発することがあります。

 

このとき可能ならがんを手術で摘出し、化学療法や放射線治療を追加します。

 

手術は行なわずに、放射線治療のみを行うこともあります。

子宮体がんの進行がんの治療

子宮体がんは、放射線や抗がん剤にする治療を行なうあまり、期待できないがんです。

 

治療の中心は手術です。

 

局所進行がんに対しては、がんのほとんどを切除できると考えられるときには手術を検討します。

 

手術後、化学療法(ホルモン療法を含む)や放射線治療を追加すれば、ある程度の延命を期待できるようです。

 

手術ができないときには、放射線治療か化学療法を行ないます。

 

放射線治療は外部照射と内部照射を組み合わせます。

 

しかし、子宮体がんは放射線を照射してもあまり効果がなく、放射線治療を行なうべきかは、医師の間でも意見が分かれています。

 

がんが大きく成長していたり、完全に切除できそうもないとき、あるいは、遠隔転移や腹膜播種を起こしているときには、化学療法を行ないます。

 

肺のみに小さながんが再発した場合は、手術を検討することもあります。

子宮体がん緩和療法

子宮体がんは、骨盤などの骨に転移しやすく、その場合患者さんは強い痛みを感じます。

 

また、がんが大きくなると、骨盤舞いの臓器や膣から出血することもあります。

 

こうした症状を抑えるには、再発部位への放射線照射が有効とされています。

スポンサードリンク

page top