子宮頸がんは、子宮の入り口のくびれた部分(頸部)に発生するがんです。

スポンサードリンク

子宮頸がん転移・再発の治療

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります

子宮体がんは、子宮本体にできるがんで、その多くは子宮内部を被う子宮内膜ががん化します。

 

子宮頸がんを発症する20才代〜30才代の若い女性が著しく増えています。

 

おもに、はじめて性交渉をもつ年齢が低下したためと見られています。

 

子宮頸がんは、性行為によって感染するウイルス(パピーマウイルス)を原因とするからです。

 

ただしウイルスに感染しても、がんを発症するのはそのごく一部です。

 

子宮頸がんは、成長が比較的遅く、初期に見つかれば治療によって完治します。

 

しかし周囲にしみ出るように広がる性質を持つので、進行すると、子宮の周りの脂肪組織や膣、リンパ節、さらに骨盤壁、膀胱、直腸にも浸潤します(局所進行)。

 

肺などの離れた臓器に転移することもあります(遠隔転移)。

子宮頸がんの局所進行がんの治療

子宮頸がんが子宮の周りの臓器や組織に広がったときには、放射線治療、化学放射線治療、外科治療という3つの選択肢があります。

 

日本では今のところこれらの局所進行がんに対しては、放射線治療が一般的。

 

子宮頸がんに対しては、内部照射(腔内照射、小線源治療)と外部照射を組み合わせます。

 

内部照射では、放射線を放出する物質(放射線源)を子宮や膣内に入れ、体内からがんに放射線を照射します。

 

外部照射では、体外からがんとその周りに放射線を照射します。

化学放射線治療

化学療法と放射線治療を併用する新しい方法です。

 

一部に医療施設で臨床試験として行なわれています。

 

抗がん剤を使います。放射線治療は、外部照射と内部照射を組み合わせます。

手術

局所進行した子宮頸がんに対しては、手術は行ないません。

 

容態がよく、患者さん本人が希望であれば、骨盤内臓全摘術を行なう例もあります。

 

子宮と膣、膀胱、大腸(直腸と結腸の一部)を切除するものです。

遠隔転移・再発の治療

子宮頸がんでは、がんが離れた臓器に転移・再発したときには、化学療法が最初の選択肢となります。

 

一般にシスプラチンと他の抗がん剤を組み合わせる治療を行ないます。

 

抗がん剤はふつう、全身に薬が行き渡るように、静脈などに投与します。

 

その他に、抗がん剤が子宮のがんを効果的に攻撃するように子宮動脈に直接、薬を投与する動注法も試されています。

 

化学療法によって、他の臓器に転移したがんが、消滅したり小さくなったときには、残ったがんに対して、手術や放射線治療などを行ない、完治を目指すこともあります。

治療した部位の周囲に再発(局所再発)

局所進行がんと同様、骨盤内臓全摘術や化学放射線療法、放射線治療を行ないます。

 

局所再発では、手術や化学放射線療法を行なうと、40〜50%が治癒するといわれています。

子宮頸がん緩和療法

子宮頸がんは、進行すると骨盤内に転移し、強い痛みが生じます。

 

また腸に転移したがんが、大きくなると腸閉塞を起こします。

 

尿管が圧迫され、尿が出にくくなることもあります。膣から出血も見られます。

 

骨盤付近に放射線を照射することで、症状がやわらげることができます。

スポンサードリンク

page top