ビタミンCとともに、ビタミンブームの立役者がビタミンE。ビタミンEは、若返り・老化防止のビタミン。

スポンサードリンク

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用で老化防止

ビタミンEはビタミンCやカロチンと同じように抗酸化作用があります。

 

人は、酸素がなければ生きていけません。

 

この酸素のいたずらで、体内に過酸化物(さびの一種)という物質ができ、これに毒性があるために老化も進むことになり、病気にもかかりやすくなると考えられています。

 

がんの要因のひとつとも考えられています。

 

過酸化物の中でもっとも、問題なのが過酸化脂質、動脈硬化に効果ありとされている、不飽和脂肪酸は、植物性の油や魚の油で、動脈硬化を起こしにくくしているといわれています。

 

この不飽和脂肪酸は、酸素と結合すると、過酸化脂質を作り出します。

 

これが悪者で、細胞内にできやすいために、細胞膜を破壊し、酸素やビタミンの活動を防げ、老化現象、細胞障害、動脈硬化といった症状を引き起こすことになります。

 

ビタミンEは、不飽和脂肪酸の抗酸化作用物質として作用します。

 

不飽和脂肪酸は、コレステロールを減らすといった働きもあり、多量に摂る方がいいといいますが、ビタミンEも比例して摂る必要があります。

 

そうすれば、不飽和脂肪酸と酸素が結びつくのを抑え、過酸化脂質ができにくくなります。

ビタミンEは血行をスムーズにする

ビタミンEは、血液の循環をよくする機能があります。

 

血行がよくなり、肌の色、つやにも関係し、しみなどの発生も防いでくれます。

 

更年期の女性も、ビタミンEをたっぷり摂ると、血行がスムーズになり、冷えやのぼせといった不快な症状が軽減するようです。

 

欠乏すると、肌の寒さに対する抵抗力を弱め、しもやけ、ひびわれもできやすくなります。

 

しみもできやすくなります。

 

ビタミンEが不足すると血行が悪くなるためです。

 

冬場はとくに、ひびやあかぎれに悩まされる季節。

 

肌荒れにつけるクリームにも、ビタミンEを配合の商品がよく出回っています。

 

寒さに向かう前に、食事に中で、ビタミンEの補給を心がけてください。

 

エアコンによる夏場の冷え性にも、ビタミンEで改善された例が多くあります。

ビタミンKは血液凝固とカルシウム代謝に威力

ビタミンKは血液凝固させる重要な役割があります。

 

Kというのは、血液凝固の意味のドイツ語「Koagulation」の頭文字から名づけられたものです。

 

血液を固まらせる成分は、肝臓でできますが、このときにビタミンKの力が必要になります。

 

酵素の働きを補助する補酵素で、単に血液を固めるのではなく、通常は凝固を抑えるようにもなっています。

 

体の中で、血が固まっては流れませんから、けがをすれば凝固するように働き、普通は固まらないようにしている、とてもバランス感覚のすぐれたビタミンです。

 

ビタミンKは、血液凝固作用のほかに、カルシウムの代謝に作用することも解っています。

 

カルシウムの吸収には、ビタミンDが働いているのはよく知られていますが、ビタミンKも関係しています。

 

ビタミンKが不足すると、骨が十分なカルシウムが入らなくなり、骨が脆くなり、とくに老人は骨が弱くなりがちです。

 

骨粗鬆症は、老人特有の骨がスカスカになり、折れやすくなる恐い病気です。

 

カルシウムの補給とともに、ビタミンDとビタミンKの摂取に心がけることが、骨粗鬆症の予防にもなります。

 

ビタミンKは、多くの食品に含まれています。腸の中の細菌がビタミンKを合成します。

 

欠乏症は心配ありませんが、抗生物質を服用していると、ビタミンKの働きが妨げられるため、欠乏することがあります。

 

こんなときには、貧血や出血しやすいという欠乏症がでますから、ビタミンKを含んだ食品、パセリ、モロヘイヤ、明日葉、かぶ葉、納豆、干しのり、鶏肉(皮)などを食べるようにしてください。

スポンサードリンク

page top