バランスボールでわくわくしてゆがみ改善

バランスボールのあるライフスタイル

ここ数年は、大切なトレーニングアイテムのバランスボール。

 

マスメディアに現れてくる頻度も増えて、何かしらの動機となって買った、お友だちから贈られたバランスボールが住まいに置いているという人もかなりいるでしょうね。

 

だけど、知らず知らずのうちに丸っきり利用しなくなっている。

 

はじめに「ゆがみチェック」で身体のゆがみを調べます。

 

体がゆがんだ状態でエクササイズをやってしまう、ゆがみがよりハードになっちゃうことも。

 

これって、使い勝手がよく気持ちが良いマッサージ機器も同様なのです。

 

ゆがみを補正し、良い姿勢で効果抜群のエクササイズを始めます。

 

バランスを育てるエクササイズ、バランスボールが持っている一番の特性を取り入れて、インナーマッスルを強化する。

 

別の方法によってはむずかしいインナーマッスルの補強も、バランスボールを活用したら、どういった人でもトレーニング行なえます。

 

筋力トレーニングでは、腹筋や下半身の効果の高いトレーニングでスリムアップしやすい体を作る方法、上半身を鍛え上げるのに望ましいプッシュアップ。

 

加齢に伴って、衰えてくる筋力をパワーアップする。

 

ストレッチングは、「心地良い」伸びをおこなうエクササイズ。

 

身体のいろいろな部位が、バランスボールの活用でストレッチされ、ストレスから解き放たれる。

 

いつでも身の回りにバランスボールのあるライフスタイルで、気持ちのいい体を手に入れてください。

バランスボールの選び方

ボールに座り込んで、足が床にきちんと付くかそうでないのか、それに、膝の角度を見ていきましょう。

 

膝が90度くらいになるというのが、ボールの理想的なサイズです。

 

バランスボールの大きさはいろいろありますが、55〜75cmくらいのサイズが、日本人の身長に最適です。

 

膝が90度以上になるほど、エクササイズの難度が低くなるので、始めたばかりの人や高齢者の方向き。

 

ですが、基本的に足がきちんと床にくっついているということが条件。

 

いくら膝が90度以上でも、床に足が付かないほど大きなボールじゃあ、不安定でバランスを整えるのがかなりつらいです。

 

ボールが大きすぎて足が浮きそう、膝も90度以上になる。

 

床に足を付けて膝が90度以下になるのは、ボールが小さすぎ。

 

膝関節や股関節の障害が生じることが多くなる。

 

膝が90度でも膝関節や股関節にしっくりしない感じは、ボールを少し大きめに調節しましょう。

エアーの入れ方

バランスボールは弾力性を持つので、大きいならエアーを抜く、小さければエアーを入れることから、大きさをいくらかは替えることが不可能ではありません。

 

エアーもコントロールすると、ボールと床の接地面が広がってボールが安定することから、難易度が低い。

 

これって、バランスボールに慣れていない始めたばかりの人向き。

 

ボールがパンパンとなるぐらいエアーを入れると、接地面が小さくなり、難易度が高まります。

 

このことは、初めから運動をしていらっしゃる人や、バランスボールに慣れてきた人向き。

バランスボールのサイズの基準

ボール

身  長

55cm

155cm以下

65cm

175cm以下

75cm

175cm以上

楽天市場バランスボール売れ筋

バランスボール記事一覧

チェック@ その場でまぶたを閉じて足踏み体のゆがみの度合いをチェックする床にテープで十字の目印をつける。つま先をその十字の横線にそろえて、真っすぐな姿勢で立ちます。目をつぶり、その場で足踏みを50回。最初に立ったポジションより30cm以上移動すると、移動した方向に体がゆがんでいるはずです。左斜めに移動すると、体全体の左側の筋肉が硬いため背骨が傾いたり、骨盤が左側に下がっていたり、肋骨が左側にズレて...

バウンス 脊柱、骨盤上下にバウンドする足を肩幅に開いて、バランスボールに座り、両方の手は太ももの上に。首や肩のくつろいだ気分で上下に弾むように行動することが重要。自分自身がスプリングとなったイメージで。20回弾む。ポイントは、歯を噛み締めると肩に力が入ってしまうため、口を軽く開いた状態で、首や肩の力を抜き、体全体がしなるようにやっていく。背骨を真っすぐしたまま弾むと、バネの役割りを果たさないから、...

バランスボールが持つ特性を生かし、インナーマッスルを鍛える。難しかったインナーマッスルの強化でもバランスボールを使えば、簡単に効果的にインナーマッスルトレーニングができちゃう。徐々にレベルを上げる普段の目を開けた状態では、周りにあるものとの距離感などでバランスがとれる。目を閉じると筋肉と骨だけでバランスをとるようになり、トレーニング効果がより高まる。3秒間が限界だったが、次第に5秒、10秒、20秒...

年齢とともに衰えてくる筋力を強化する。クランチ 腹部シェイプ(腹直筋表層部)腹筋を鍛える高難易度のエクササイズ。バランスが取りにくいなら、お尻の位置を下げてバランスボールに寄りかかるように。バランスボールを使った場合、平らな床で行うよりも可動範囲が広がります。より大きなモーションで腹筋運動ができ、筋肉に対する刺激が強くなるため、運動効果が高まる。少ない回数で強い刺激が得られ、時間短縮に。1.バラン...

「気持ちいい」伸びをするエクササイズ。体のいろいろな部分が、バランスボールを使うことでストレッチされ、ストレスから解放されます。体側のストレッチバランスボールのカーブを利用して、わき腹をストレッチします。体側のストレッチでわき腹を伸ばすわきの下にバランスボールを抱え、バランスを取りながら両足を伸ばす。ボール側の体側をボールに沿って曲げ、片足を伸ばす。腕の重さを利用してボールと反対側の体側をストレッ...

page top