ビタミン潜在性欠乏の人が増加。

スポンサードリンク

健康とビタミン

ビタミンの欠乏症はまれにしか見られませんが、潜在性欠乏の人が増加しています。
ビタミンを積極的に補給することによって、いろいろな症状が改善することがあります。

 

栄養素の働きを、円滑にするビタミン。
ビタミンは、三大栄養素の糖質、たんぱく質、脂質に加え、ミネラルとともに五大栄養素のひとつです。

 

ビタミンは他の栄養素の働きを円滑にするために大切な潤滑油の役割を果たしています。
人体は約60兆個もの細胞が構成されています。

 

人間の体を自動車に例えると、三大栄養素はそのエンジン(心臓)を動かすためのガソリンで、
ビタミンやミネラルはオイルになります。

 

人間の体も体内様塩を整え、適切な栄養素を十分に摂取することで、はじめて健康体を維持できます。

栄養所要量より多く摂る推奨量

血液中濃度が低下している潜在性欠乏(欠乏症予備軍)の人が増えています。

 

食品に含まれるビタミン量の減少や外食中心の食生活などから十分に摂取できないこと、
ストレスや疲労などで消耗が多いといった原因によるものと推定されます。

 

所要量の摂取だけではビタミンが不足しやすいといわれています。
推奨量とはビタミンの薬理効果が発揮される所要量の数倍から数百倍の量のことをいいます。

 

健康の維持や増進、生活習慣病の予防や改善に役立つとして注目されています。
推奨量とは所要量が充足している人が、さらに健康になるための量と考えてください。

ダイエットしている

肥満はアンバランスな食生活、運動不足からくる皮下脂肪の蓄積が大きな原因です。

 

ダイエットには、体内の脂肪の燃焼を活発にするビタミンB2に加え、不足しやすいB1、B12、β-カロテン、Eなどを体のコンディションを考え、バランスよく補給することです。

 

日本人はビタミンB1の半分近くを穀類から得ています。
ダイエットでごはんやパンなどの主食の量を控えると、ビタミンB1不足を招きます。

 

女性の推奨栄養所要量が8mgとされているビタミンEは、1日主食を摂らないことで1mg近い損失です。

 

ビタミンB12は動物性食品に多く含まれ、野菜中心の食事ばかりではビタミンB12欠乏が原因の
悪性貧血になります。

 

脂溶性ビタミンは油に溶けたかたちで存在します。
油抜き食事はビタミンEやβ-カロテンの脂溶性ビタミンの不足を招きます。

激しい運動をする

運動によってエネルギーが多く消費すると、糖代謝に働いて、
ビタミンB1や糖質代謝に働くB2が多く消費されます。

 

適度な運動は、生活習慣病の予防に適しています。
運動時には全身の酸素消費量が安静時の10〜20倍に上昇します。

 

活性酸素も通常の10〜20倍発生しています。
運動の後で、余分に消費される抗酸化ビタミンのビタミンC・β-カロテン。

 

血中過酸化脂質の増加を押さえるビタミンEの補給が大切です。
ただし栄養所要量や推奨量は毎日の食事をキチンと摂っていることを前提としています。

 

ビタミンは、その性質から脂溶性と水溶性に大別されます。
脂溶性ビタミンは油脂に溶けやすく、内臓や皮下脂肪などの脂肪細胞に貯えられます。

 

脂溶性のビタミンAは摂りすぎると頭痛、吐き気を引き起こす過剰症の心配があるため、
摂取にはβ-カロテンのカロテノイドとして摂ることが安全です。

 

カロテノイドは体内でビタミンAに変わり、体内に入ると肝臓に備蓄されビタミンAが
不足すると必要に応じて変化します。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

健康とビタミン記事一覧

酒量が増えるとアルコールの分解が追いつかず、ビタミンB1が多量に消費され、肝細胞内では活性酸素が発生しやすくなり過酸化脂質が著しく増加され、分解するためにビタミンB2も多量に消費されます。たばこを1日に20本吸う人は、通常体内に蓄えられている1500mgのビタミンCが1000mg以下まで減ります。20本以上吸う人は、血中カロテン濃度も低下していて、吸わない人と比べ肺がんになる率が7.3倍も高くなっ...

ビオチン(ビタミンH)火を通した卵や、生でも1個くらいでしたら心配要りません。大量に食べ続けると皮膚炎や脱毛などの欠乏症を招きます。ビオチンは脂肪酸やアミノ酸の代謝、糖質からのエネルギー産生のサイクルにも重要な役割を果たしています。核酸の合成にも関与しているので、細胞分裂を促がします。期待されている薬理効果は、アレルギー症状の軽減です。炎症を誘発する物質=ヒスタミンの産性を抑え、アトピー性皮膚炎の...

ビタミンC、E、カロテノイド活性酸素は強力な酸化作用です。金属は酸化すると錆びてボロボロになります。油が古くなって酸化すると、黒くねばねばとして嫌な臭いがします。体の中でも同じ酸化が起きています。体内でも非常に酸化されやすいのが細胞膜や核膜などの生体膜です。酸化が進んだ細胞膜は正常に働くことができなくなります。特定の臓器の細胞に集中して酸化が起こり、正常な細胞が大量に冒されることがあると、その臓器...

第1は、水溶性で水に溶けやすく、摂取しても長時間体内にとどめずに排泄されます。実際に摂取できるのはもとの食品に含まれる量の半分くらいと思ってください。第2は、生体内のほとんどすべての化学反応で触媒となる酵素の手助けをする補酵素として働きます。酵素は糖質や脂質からエネルギーを取り出したり、たんぱく質を合成したり、アルコールを分解するなど体内の生理作用のすべてに関与しています。ビタミンB群は酵素という...

パントテン酸とは、ギリシャ語で「いたるところ」という意味からつけられた名前です。糖質をエネルギーに換えて利用するためには、CoA(コエンザイムA)という補酵素が必要です。CoA(コエンザイムA)はたんぱく質や脂質の代謝にも関与するなど体内で広範囲にわたり重要な役割をもっています。パントテン酸は、CoA(コエンザイムA)を構成する成分としてさまざまな生理作用に関わっています。

主要栄養素とされるたんぱく質や炭水化物、脂質に比べ、体が必要とする量が少ないからです。主要栄養素は大量に必要ですが、微量栄養素は体に必要不可欠なものでも、極微量で十分です。ビタミンとミネラルは、植物性食品と動物性食品のどちらにも豊富に含まれています。ビタミンは、一部ミネラル=骨の中のカルシウムなどのように体の構成成分ではありませんが、酵素と連携して生化学的な作用を及ぼし、細胞内での化学反応を進めま...

偏った食生活やストレスの多い現代で、ビタミンCは体の働きをサポートする大切な栄養素です。強力な抗酸化作用で、生活習慣病の原因、活性酸素を消去するなど多くの効能が分かっています。

活性酸素の働きに対抗ビタミンCのもつ強い抗酸化作用です。ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンは抗酸化ビタミンと呼ばれています。ビタミンCは水溶性、ビタミンEとβ-カロテンは脂溶性、体内の水分の多い場所、脂の多い場所でそれぞれ役割を分担したり、協力しながら活性酸素を退治していると考えられる。ビタミンCは、同じ抗酸化作用のあるビタミンEを助けます。脂溶性のビタミンEは活性酸素と結合して酸化することがあ...

40歳ごろから問題になる病気の総称。高血圧、糖尿病、脳卒中、心臓病、がんなどが成人病と考えられます。成人病は、何の症状もなく静かに進行します。自覚症状が出るころは病気が進行しています。さらに悪いことには、完治するのが難しいことです。大切なことは病気を発見することより病気を予防すること。糖尿病ですと、軽度の糖尿病から糖尿病に進むまでは約10〜15年かかり、毎日の積み重ねが大切なことが分かると思います...

スポンサードリンク

page top