ビタミンCは体の働きをサポート。

スポンサードリンク

ビタミンC

偏った食生活やストレスの多い現代で、ビタミンCは体の働きをサポートする大切な栄養素です。
強力な抗酸化作用で、生活習慣病の原因、活性酸素を消去するなど多くの効能が分かっています。

体に欠かせない栄養素ビタミンC

からだ円滑に働くためには、食べ物から栄養を摂取します。
その栄養素を三大栄養素・たんぱく質、脂肪、炭水化物(糖質)です。

 

これらは体を動かすためのエネルギーになりますが、これだけでは不十分です。
3つの栄養素が体内で活用される物質に変わるために必要なのが、ビタミンやミネラルです。

 

体内では数千種類の酵素が科学反応を起こし、生きていくため必要なエネルギーを生み出します。
酵素を活性化させているのがビタミンです。

 

ビタミンとは、ミネラルとともに体の働きをサポートする大切な栄養素です。

潜在的ビタミン不足

ビタミンは、人間の体内では作れないが、食事によって一部は合成できても必要量に
足りなければ欠乏症を招く栄養素です。

 

ビタミンC(アスコルビン酸)旗いないで作れず貯蔵できません。
ダイエットや外食ばかりでは、栄養バランスが崩れ体内のビタミンCは不足するばかりです。

 

隠れビタミンC不足が増えています。
ストレスや喫煙、飲酒などの習慣がビタミンCを不足させる原因となっています。

ストレス

ストレスを感じると、和らげるために体内のビタミンCを大量に消費して、ストレスに対抗する
ホルモンを作ります。

 

ストレスが多い人ほど、体内のビタミンCあが枯渇しやすいといえます。

喫煙や飲酒

喫煙によって吸い込まれた有害物質が細胞の酸化をうながすため、
抗酸化作用の働きのあるビタミンCが大量に消費されます。

 

酒も飲みすぎると、ビタミンCの代謝が速くなります。
激しい運動をする人は大量の酸素を取り込むため、活性酸素が体内に増加します。

 

さらに汗としてビタミンCが流れ出してしまいます。
運動時にはビタミンCが通常より多く必要です。

 

妊娠中、授乳期には、赤ちゃんの発育のため、通常より多めの1日110〜140mgの摂取が必要です。

活性酸素を消去する強力な抗酸化作用

酸素を体に取り入れなければ生きて行けません。

 

その酸素が活性酸素となって老化のスピードを速めたり、がん、動脈硬化などの
生活習慣病の原因になることが分かっています。

 

活性酸素が発生する原因には内因性と外因性の2つがあります。

 

内因性とは、体内の異物を除去するために、白血球から発生、ストレスなどで血管が収縮することで
虚血し、再び血液が流れることで発生するなどです。

 

外因性とは、大気汚染などや、喫煙やストレス、激しい運動や紫外線などによります。
活性化酸素は、酸素に触れることで細胞を酸化させます。

 

正常な細胞が、がん化してがん細胞になることを発がんといいます。
この発ガンにも活性酸素が関わっており、細胞を傷つけることが原因です。

スポンサードリンク

page top