活性酸素とは、ふだん呼吸している酸素が体内で変化したものです。

スポンサードリンク

活性酸素を消去するビタミン

ビタミンC、E、カロテノイド

活性酸素は強力な酸化作用です。
金属は酸化すると錆びてボロボロになります。

 

油が古くなって酸化すると、黒くねばねばとして嫌な臭いがします。
体の中でも同じ酸化が起きています。

 

体内でも非常に酸化されやすいのが細胞膜や核膜などの生体膜です。
酸化が進んだ細胞膜は正常に働くことができなくなります。

 

特定の臓器の細胞に集中して酸化が起こり、正常な細胞が大量に冒されることがあると、
その臓器は障害を起こします。

 

お酒の飲みすぎで肝硬変になるというのも、アルコール代謝の際に発生する、
活性酸素によって肝細胞がダメージ受けることが影響しているといわれています。

 

血液中のLDLコレステロールが酸化すると、血管壁に沈着し動脈硬化を引き起こす。
酸化が原因となる病気はたくさんあります。

 

酸化が老化を促進させるということも分かっています。

 

酸化は生活習慣病や老化の源で、抗酸化こそが、健康維持する鍵であると、
あらゆる分野の医師たちも考え始めています。

スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)

体には、活性酸素やフリーラジカルの害から守ってくれるスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)や
グルタリオンペルオキシダーゼという酵素など、酸化を阻止する強力な防御機構が備わっています。

 

大きな役割を果たすのが、食事から摂取するビタミンC、E,カロテノイドなど
強い抗酸化力をもつビタミンです。

 

抗酸化ビタミンは自分たちが酸化されてフリーラジカルになっても比較的安定しているため、
他の生体膜を傷つけることはありません。

 

酸化の速さ反応をそこで食い止めます。
体内に常にたっぷりと抗酸化ビタミンがあれば、いつでも活性酸素が発生してもすぐに対応できます。

 

生活習慣病の予防には、十分なビタミンの摂取が大切です。
ビタミンAは摂りすぎると過剰症を起こすことがあります。

 

β-カロテンを含め、カロテノイドの仲間には、Aに変わらなくてもそのままで強い抗酸化力を
持つものが多いため、カロテノイドが豊富な緑黄食野菜や果物を食べるといいです。

ビタミンB群には

B1、B2、B6、B12、ニコチン酸(ナイアシン)、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類が属しています。

 

主な働きは、体内で補酵素の成分(酵素を助ける成分)となるか、補酵素そのものとして
三大栄養素のたんぱく質や脂質、糖質のエネルギー代謝に重要な関わりをもっています。

抗酸化ビタミン

抗酸化ビタミンであるA、C、Eは、活性酸素によって細胞膜や核膜が酸化されるのを
防ぐ作用がありますが、酸化されてできる過酸化脂質を分解する能力はありません。

 

過酸化脂質は放置すると連鎖的に他の生体膜を酸化していきますから、ただちに分解し、
無毒化することが必要です。

 

かかせないのがグルタチオンペルオキシダーゼという酵素です。
この酵素は過酸化脂質とグルタチオンとの反応を仲立ちして、過酸化脂質をアルコールに分解します。

 

グルタチオンは一度、反応に使われると酸化型となります。
そこにグルタチオンを再生するグルタチオン還元酵素があると再び過酸化脂質を分解できるようになります。

 

この還元酵素の補酵素となるのが活性型ビタミンB2です。
ビタミンB2が十分にあれば過酸化脂質の分解もスムーズにいくというわけです。

 

ビタミンB2は、過酸化脂質の分解促進に間接的ながら大切な役割を担っています。
抗酸化を考えるならビタミンC、E、カロテノイドとともに積極的に摂りたいビタミンです。

 

ビタミンB群はたんぱく質を合成したりエネルギーの代謝などに関わっています。

 

生活習慣病の直接原因となる活性酸素を消去する働きはなくても、
間接的にいろいろな障害を防御したり、修復に役立ったりしています。

スポンサードリンク

page top