ビオチンは、生の卵白に含まれるアビジンというたんぱく質と結合すると、吸収が妨げられてしまいます。

スポンサードリンク

皮膚のビタミン

ビオチン(ビタミンH)

火を通した卵や、生でも1個くらいでしたら心配要りません。
大量に食べ続けると皮膚炎や脱毛などの欠乏症を招きます。

 

ビオチンは脂肪酸やアミノ酸の代謝、糖質からのエネルギー産生のサイクルにも
重要な役割を果たしています。

 

核酸の合成にも関与しているので、細胞分裂を促がします。
期待されている薬理効果は、アレルギー症状の軽減です。

 

炎症を誘発する物質=ヒスタミンの産性を抑え、アトピー性皮膚炎の症状を軽減する
可能性があると考えられています。

 

生理作用として、脂肪酸やアミノ酸の代謝、糖質からのエネルギー産生のサイクルに
重要な役割を果たします。

 

ビオチン欠乏症の主な症状は、皮膚炎、結膜炎、白髪化、脱毛症です。
食品中には、いわし、大豆、玉ねぎ、ねぎ、カリフラワーなどです。

 

バランスのよい食生活を送ることが難しい人にまれに欠乏症が起こるようです。

ビオチンの欠乏

ビタミンBに一種。
通常の腸内には約100兆個の細菌が存在し、多くのビオチンを作り出しています。

 

しかし、なんらかの要因で悪玉菌が増加すると、悪玉菌にどんどん食われ、欠乏することになります。
ビオチンの働きは、皮膚などの再生・代謝を2週間に一度のペースに保つことです。

 

ビオチンを欠乏すると、皮膚の再生スピードが4日に一度のペースに早まり、過剰に再生と代謝を
繰り返してしまいます。

過剰に反応を起こしている状態(免疫異常)

免疫異常は、皮膚だけではなく、骨にも破壊と変形の骨関節症になります。

 

ビオチン欠乏の原因は、食生活の欧米化の油のとりすぎで、
腸内環境を悪化させる悪玉菌を増加させます。

 

便秘は、腸内の悪玉菌を増やします。
喫煙は、ビオチンを消費してしまいます。

 

これらは、誰でも起きる可能性があります。

ビタミンB群

体内のさまざまな化学反応を助ける作用をもつビタミン。

 

ビタミンB群は、体内の生理作用すべてに関与する大切な栄養素で、健康増進や病気の予防など
さまざまな薬理作用が期待されています。

ビタミンで生活習慣病を防ぐ

生活習慣病というのは、動脈硬化や高血圧、心臓病、脳卒中、がん、糖尿病など、
たばこやストレス、飲酒、睡眠不足などの生活習慣によって起こる病気のことです。

 

生活習慣病は数年前までは成人病と呼ばれていましたが、同じような病気や症状が
子供でも起こるという事実や、これらの疾患が生活習慣の改善によって予防できたり
進行を止めることができることから、呼び名を変えられました。

 

悪い生活習慣の積み重ねがさまざまな疾患を引き起こすわけです。
実際に体内で病変を作るのは、活性酸素やフリーラジカルという毒素です。

 

ビタミンには、これら活性酸素やフリーラジカルを消去する作用をもつものがあります。

スポンサードリンク

page top