免疫力の向上 病気の予防 体はこの免疫システムによって守られています 人を元気にするパワーを持っている新時代の健康栄養補助食品。

スポンサードリンク

免疫システム

キャッツクロウ樹皮エキス

キャッツクロウ樹皮エキスにて外部から侵入する
ウイルス・細菌に対しての免疫力強化。

 

WHO=世界保健機関は、1994年ジュネーブ会議で
キャッツクロウを副作用のない抗炎症剤として公式に認定

 

加齢、日々の不摂生で、外からのウイル・細胞を防ぎにくくなっています。免疫力の低下。
ペルー植物学会会長ラモン・フィレイラ博士認定キャッツクロウ

 

南米ペルーのアマゾン高原地域原産のキャッツクロウ=ウンカリア・トメントサは、
ツル部分にネコのツメのようなトゲをもっている植物です。

 

オキシインドールアルカロイド

免疫組織を刺激して抵抗力を増進させ、自然治癒力を活性化。

 

キャッツクロウはペルーアマゾン熱体雨林原産のハーブの名称で
ツル部に対になった猫の爪のようなとげを持っていることからキャッツクロウと呼ばれています。

 

6種類のアルカロイドが含有され、オキシインドールアルカロイドは、
免疫系を刺激する特性があると米国で特許を取得。

そのアルカロイドは

イソテロポディン 免疫増強、自然治癒力の向上
イソミトラフィン 貧食作用。体に侵入した細菌・ウイルスの殺菌。
テロポディン 貧食作用。
イソリンコフィリン 貧食作用。
リンコフィリン 血小板凝集を抑え、血栓を予防。血圧正常化、発熱抑制。
ミトラフィリン 肝機能の活性


キャッツクロウ

インカ帝国の時代から先住民はリウマチなどの特効薬や赤痢の治療に利用。
名前は、尖って曲がっているトゲの形が猫の爪に似ていることが由来。

 

人工栽培の技術が開発されて、世界中でその効果が享受されることになります。
メカニズムは、含有成分と薬理作用の関係については研究が進められています。

 

アルカロイドによる複合的働きやキノビック酸により、炎症的な痛みに作用すると考えられています。
軟骨を形成しているプロテオグリカンの生成や低下した関節の機能を向上、緩和に。

 

グルコサミンやプロテオグルカンの分解を抑える、コンドロイチン硫酸と一緒に摂ると好ましい。

有効成分

アルカロイド

イソテロポディン、ミトラフィリン、リンコフィリン、テロポディン、イソリンコフィリン、イソミトラフィリン

トリテルペン

キノビック酸グリコシド

植物ステロール

ベータ-シトステロール、スティグマスロール、カンムプステロール

 

キャッツクロウを含むハーブに人気が集まっているのは、病気になった体を治そうというのではなく、
病気になりづらい体を作るためです。

 

毎日摂ることにとって、体質を改善し、体内の免疫力を高めて、病気になりづらくなるということで、
漢方を含めた健康補助食品が今、人気なっています。

 

キャッツクロウは漢方に対するハーブでありながら、非常に即効性に優れている点です。
病気になりづらい体質を願う人にとって極めて優れた健康補助食品です。

 

慢性の腰痛を持病とする人は,3000万人、特に45歳以上で5人に3人が腰痛で苦しんでいます。
高齢化が進むにつれ、キャッツクロウの需要はますます高くなると注目されています。

 

免疫活性作用に優れています。

 

キャッツクロウの主成分であるアルカロイドが免疫系に刺激し、体内の免疫担当組織である
マクロファージの貧食作用を促し、がん細胞を増殖させないという免疫力を高める働きをします。

 

消炎効果があり、血液の流れが良くなります。

 

炎症が起きる痛みは抗炎作用によって、その他の原因によるものでも、
アルカロイドの作用で血行がよくない痛みが和らぐと考えられています。

 

筋肉内の血流が改善されることにより栄養分や水分が補給されて弾力性のある筋肉となり、
こり、筋肉痛が緩和されていきます。

ウンカリア・トメントーサ記事一覧

学名 ウンカリア・トメントーサ Uncaria Tomentosa知名 アカネ科 カギカズラ属=Uncaria属に分類日本にもカギカズラという植物があります。原産地 南米ペルーの標高400〜800mの高地、アマゾン熱帯雨林原産つる部分に対になった猫の爪のようなトゲを持っていることからキャッツクロウと呼ばれる。キャッツクロウとは猫の爪の意味を持つ英語で、原産国のペルーではUna de Gato(ウー...

病気にかかりにくく、症状の進行も遅いです。さらに病気の進行が止まり、自然治癒力で症状が改善することです。キャッツクロウには免疫力、人が持つ抵抗力を強化する働きがあります。

慢性疾患キャッツクロウはペルーアマゾン熱体雨林原産のハーブの名称でツル部に対になった猫の爪のようなとげを持っていることからキャッツクロウと呼ばれています。キャッツクロウの成育地域は、南米ペルーの中央部の大森林の屋根地帯で、標高400メートルから800メートルの高地、アッパージャングルと呼ばれる地域である。幹の直径はおよそ20センチ前後で、非常に長い木質の蔓を延ばす。蔓の全長は、長いもので数十メート...

抗炎症作用炎症から起きる痛みは抗炎症作用によって、そのほかの原因のものでも、アルカロイドの作用で血行が良くなり痛みがやわらぐと考えられています。筋肉内の血流が改善されることによって、栄養分や水分が補給されて弾力性のある筋肉となり、凝りや筋肉痛が緩和したという報告もあります。抗炎症作用には、キャッツクロウに含まれるキノビック酸グリコシドという物質が特に効果があり、理論的にはキャッツクロウの樹皮わずか...

イソリンコフィリンには、触感の低下や発熱の抑止効果が確認されています。イソリンコフィリンには、神経節の封鎖効果、感覚の副交感神経の伝達性高揚の効き目があります。ミトラフィリンには利用作用があります。キャッツクロウに含まれているアルカロイドは、現在明らかになっているものだけで6種類があります。6種類のアルカロイドの中では、イソテロポデインが最も効果のある物質であることが判明しています。その他のアルカ...

自然免疫システムと適応免疫システム私たちには病原菌などから守るための防御システム免疫が備わっています。大きく分けて、自然免疫システムと適応免疫システムの2つから成り立っています。自然免疫システムは、一般的な異物・微生物などの侵入に対する無差別な排除のためのもので、初期段階に行なわれるものです。このシステムは無脊髄動物を含めて多くの動物に備わっています。それに対して、適正免疫システムは一度感染して回...

一個一個の細胞の核の中にある大量のDNA=デオキシリボ核酸と核の周りの細胞質の中にあるRNA=リボ核酸を指します。両方とも酸性を示すことから名前がつきました。DNA=デオキシリボ核酸は、遺伝子の情報を司っています。RNA=リボ核酸は、その遺伝子情報を元にたんぱく質合成を行なっています。これまでの栄養学では、核酸は肝臓で作られるため食べる必要がないといわれていた。ほとんど注目されていません。しかし、...

ひざ・関節の健康維持・スキンケアの補助栄養素。美肌の維持・関節機能・骨・カルシウム保持の強化が期待できる。コンドロイチンの役目軟骨、骨、内臓器官、心臓の弁、皮膚、角膜などそれぞれの結合組織なすために重要。全身の関節=ひざ、ひじをスムーズに動かす重要な働き。人体組織の保水性、弾力性を与え、肌に潤いを与える。コンドロイチンは、血糖値を上げない、糖尿病にプラス。若い成長期には体内で合成可能ですが、加齢と...

カルシウムとは、骨を形成する過程にある少児・妊婦はカルシウムを十分に摂らなければなりません。人間の体を構成している元素酸素・炭素・水素・窒素についでカルシウムは5番目に多い元素です。厚生労働省は、成人の一日に必要なカルシウムを600mgとしています。しかし、小魚を食べ、牛乳を飲んでもカルシウムを600mgには達しません。せいぜい300〜400mgくらいです。専門家は、日本人に必要なカルシウムは一日...

体内の活性酸素を除去してくれるスカベンジャー=掃除として様々な成分配合。活性酸素の発生を抑え、発生した活性酸素を中和、活性を低く抑え、ダメージを受けた細胞を修復し再生。ブドウ種子の表皮に含む、プロアンソサイアナジンは、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍の抗酸化力。皮膚の成分のコラーゲンやエラスチンと結合してしみやしわ対策に有効。最も酸化力のある活性酸素で生活習慣病やがんの原因。この反応の特性は...

スポンサードリンク

page top