コンドロイチンは、血糖値を上げない、糖尿病にプラス。

スポンサードリンク

コンドロイチン

ひざ・関節の健康維持・スキンケアの補助栄養素。
美肌の維持・関節機能・骨・カルシウム保持の強化が期待できる。

 

コンドロイチンの役目

軟骨、骨、内臓器官、心臓の弁、皮膚、角膜などそれぞれの結合組織なすために重要。

 

全身の関節=ひざ、ひじをスムーズに動かす重要な働き。
人体組織の保水性、弾力性を与え、肌に潤いを与える。

 

コンドロイチンは、血糖値を上げない、糖尿病にプラス。
若い成長期には体内で合成可能ですが、加齢と共に減少するので、常に補給する必要があります。

 

体が傷ついたとき修復する重要な役割を果たします。
肉が傷ついて治るのは、コンドロイチン硫酸が肉芽の形成を促進するためです。

 

近年は、術後の癒着防止にも動物ムコ多糖を利用することもあります。

関節の痛みは、表面をおおう軟骨が酷使

すり減り、骨同士がこすれ合うようになり起こります。
つらい痛みから健康な軟骨を維持するために、外からグルコサミンを補給する必要があります。

 

ムコ多糖体には、軟骨細胞を形成する重要な成分、グルコサミサンがたっぷり配合され、
骨と骨とのクッションの役割をするコンドロイチン硫酸。

 

肌の栄養と健康を保ち、血管を作るコラーゲンも配合しています。

人間は加齢と共にコンドロイチン硫酸が減少

外からの補給が必要。コンドロイチン硫酸を補うと若さを保ちます。

 

細胞に元気を与えてスタミナある体力には、結合組織に、たんぱく質や
ネバネバ物質=ムコ多糖体からできています。

 

ムコ多糖体は、体の水分調整という重要な働きがあります。

 

結合組織機能の衰え、細胞に栄養分を送り込む水分ムコ多糖体調整機能の衰えが、
肉体老化の原因で、この結合組織の改善が、肉体若返りの基本といえます。

 

ムコ多糖体の代表コンドロイチン

体にとって水分の果たす役割は大きいです。

 

人体に占める水分は、赤ちゃんで80%以上、子供が7%台、成人は60%台、加齢と共に減少します。

 

70〜80歳台にかけて個人差もありますが、40%となります。
水分は健康維持に必要で、体内の化学反応に必要な媒体です。

 

細胞にとって、ムコ多糖体=水分調整機能を持つ結合組織は、肉体の命綱ともいえます。
結合組織中でもムコ多糖体の働きが悪くなると老化が始まります。

 

老化とは、ムコ多糖体の減少といえます。

 

食用品コンドロイチンの原料

サメの軟骨、牛や豚の軟骨、鶏のガラなどから精製されます。
より効果の優れているのは、サメの軟骨から抽出したものです。

 

コンドロイチンの原料は、サメの軟骨

軟骨魚類は、サメやエイの先祖。サメは健康食品の豊庫です。
サメは軟骨のみで、骨が必要ありません。

 

体内に骨を作り、ミネラルを蓄える必要がないからです。
淡水と違い、海水はミネラルの豊庫のため。

 

年齢は肌に出る

赤ちゃんの肌はスベスベして弾力があります。
肌は、加齢と共にくすみ、しわが寄ります。水分の減少です。

 

コンドロイチンの生理作用の一つ、細胞外液の水分調整作用は、皮膚の細胞において、
保水力は、数百倍から数千倍、水分をゼリー状にする力を持っています。

 

コンドロイチンは、真皮に含まれ、コラーゲン線維に栄養を与えて保水と弾力を生みます。
コンドロイチンは高級化粧品にも使われています。

 

外からの保湿効果内からの保水作用で、若々しい肌が甦ります。
コンドロイチンは、食べる美容薬といわれます。

スポンサードリンク

page top