免疫力は強い、異物に対する抵抗力があることです。

スポンサードリンク

人は加齢に伴い免疫力が低下

病気にかかりにくく、症状の進行も遅いです。

 

さらに病気の進行が止まり、自然治癒力で症状が改善することです。
キャッツクロウには免疫力、人が持つ抵抗力を強化する働きがあります。

アルカロイドとは

植物中に含まれる窒素含有成分群の名称。
2,500種以上が解っています。

  • インドール・アルカロイド
  • キニーネ マラリアの特効薬
  • フィゾスチグミン 眼科で使われている
  • レセルピン 高血圧に使われている

 

キャッツクロウには、6種類のアルカロイドが含有

オキシンドール・アルカロイドは免疫系を刺激する特性があります。

  • イソテロポディン 免疫増強、自然治癒力の向上はキャッツクロウ特有の成分
  • イソミトラフィン 貧食作用。体に侵入した細菌・ウイルスの殺菌
  • テロポディン   貧食作用。がん細胞の増殖阻止
  • イソリンコフィリン 貧食作用。鎮痛作用、腰痛・リウマチ・肩こりに有効
  • リンコフィリン  血小板凝集を抑え、血栓を予防。脳梗塞、脳血栓予防、血圧正常化、発熱抑制
  • ミトラフィン   利尿作用、肝機能の活性

 

貧食=異物を取り込んで処理

WHO=世界保健機構は1994年ジュネーブ会議でキャッツクロウを副作用のない
抗炎症剤として公式に認定しました。

 

EU=欧州では医薬品として販売、使用されています。

キャッツクロウの特性

免疫力を向上させるキャッツクロウの代表的な効果は、免疫力増強作用です。

 

キャッツクロウに含まれる有効成分の相乗効果によって、体の免疫力を刺激し、
病原菌への抵抗力を増進させ、自然治癒力を活性化させます。

口炎作用で痛み・腫れが緩和

キャッツクロウの代表的なもう一つの効果は抗炎作用です。

 

キャッツクロウに含まれる有効成分の相乗効果によって、生体内で鎮痛効果や抗炎症効果など
有益な効果を発揮することが解っています。

 

ペルーでは、リウマチ特効薬で愛用

キャッツクロウのリウマチに対する効果は、ペルーではインカの時代から知られ、
先住インディアンはリウマチや関節痛の生薬として愛用していました。

 

ペルーでは、キャッツクロウは民間生薬としてリウマチの特効薬として広く知られています

慢性の痛みに即効性

キャッツクロウの臨床試験で驚くのは、痛みを取る効果が4〜6週間程度と非常に短期間で現れました。

 

痛みが解消しただけでなく、元気になった・力が出てきたと自覚できるほど、
全身症状が改善されるのも特徴的です。

キャッツクロウはどのように飲むと効果があるの?

キャッツクロウは、ペルーではインカ帝国の時代から愛用されていました。
キャッツクロウは健康食品です。

 

毎日決められた時間に飲まなくてはいけないなど飲用量、飲用時間が
決められているものではありません。

 

健康維持や病気予防、体力改善を目的とする場合の目安として一日2〜3回に分けて4粒、
症状の改善には6〜10粒を水かお湯で飲むのがいいです。

 

キャッツクロウを飲んで副作用はありません。
薬による副作用を取り除いてくれるという、天然植物から抽出された体にやさしい食品。

 

安心して薬と併飲できます。基本的にはどなたでも飲用できます。
女性の場合、妊娠中や授乳期の服用は避けた方がよいです。

 

お子さんや年齢や体格に応じて飲用してください。
キャッツクロウには、大きく2種類の痛みに対して鎮静効果があることが解っています。

 

炎症を伴う慢性の痛み=リウマチ・神経痛・慢性腰痛の筋肉の炎症を抑える作用。
発作的な痛み=偏頭痛・痛風など血液の流れをよくすることで緩和するものです。

 

注目は免疫増強作用です。免疫力を高める物質を含んでいることから
アレルギー体質の改善にも効果が得られます。

 

キャッツクロウはアカネ科カギカズラ属に分類されます。
ペルー以外にも世界中で、カギカズラ属は生育しています。

 

アマゾンのアッパージャングル以外で生育するものは、キャッツクロウのように
特殊なアルカロイドを含有していません。

 

キャッツクロウが近代医学の最先端の米国で爆発的な人気をえているなか、
フジモリ大統領は保護法を制定し、訪米はもちろん世界中に広めていく国策を打ち出しました。

 

免疫増強の点では他に多くの健康食品がありましたが、
抗炎症作用、鎮静作用という、今まで健康食品には考えられなかった
3つの強力な働きで慢性の痛みを和らげる素晴らしい力を秘めた食品です。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

page top