免肝機能は20歳を過ぎると加齢と共にどんどん低下して機能が衰えます。人間が生まれて成長する活動は細胞の活動=新陳代謝です。

スポンサードリンク

核酸

一個一個の細胞の核の中にある大量のDNA=デオキシリボ核酸と核の周りの
細胞質の中にあるRNA=リボ核酸を指します。

 

両方とも酸性を示すことから名前がつきました。
DNA=デオキシリボ核酸は、遺伝子の情報を司っています。

 

RNA=リボ核酸は、その遺伝子情報を元にたんぱく質合成を行なっています。
これまでの栄養学では、核酸は肝臓で作られるため食べる必要がないといわれていた。

 

ほとんど注目されていません。しかし、これは古い栄養学の立場です。
最近では、栄養学的な価値が一気に見直されています。

 

肝臓では核酸が作られていますが、肝臓だけで合成されるものではありません。
加齢と共に肝臓の機能が低下して、核酸合成の働きが落ちてきます。

 

必然的に核酸が不充分になることから、細胞分裂が十分にでずに、細胞の新陳代謝も十分にできません。
老化をはじめとして、様々な体の不調が生じることから核酸を摂取する必要があります。

 

核酸は人間の細胞が生まれ変わるために、必要不可欠な根源的物質です。

 

DNA=遺伝子情報を伝える塩基には

A=アデニン、T=チミン、G=グアニン、C=シトシンの4種類です。
通常の食品でなかなか補えません。

 

ニコチン酸=ナイアシン

間接的に大きな働きをするビタミン群には、ビタミンB1、B2、B6、B12、
ニコチン酸=ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類が属しています。

 

直接、活性酸素を消去する作用はありません。

 

主な働きは、体内で酵素を助ける成分となるか、補酵素そのものとして
3大栄養素のたんぱく質や脂質、糖質のエネルギー代謝に重要な関わりを持ちます。

 

B群の中で、ビタミンB2は、活性酸素やフリーラジカルの毒素を消去するシステムに深く関連しています。

 

活性型ビタミンB2に、過酸化脂質の分解促進の間接的ながら大切な役割を担っている。
ニコチン酸=ナイアシンは、体内では活性型ニコチン酸=NPAになり、エネルギー産生を助けます。

 

アルコールを分解する酵素の補酵素でもあります。

 

ニコチン酸=ナイアシン欠乏症はペラグラ=皮膚炎、中枢神経を障害された痴呆が代表的で、
欠乏が進むと痴呆を引き起こします。

 

脂質の代謝を促進する作用のため、1日1500mgのニコチン酸アミドの摂取によって、
中性脂肪、コレステロール値が低下することが知られ、
ビタミンEとニコチン酸アミドの合剤は高脂血症・動脈硬化の医薬品になっています。

髪や皮膚の健康にパントテン酸

パントテンと酸はギリシャ語で「いたるところ」という意味の言葉から付けられました。

 

パントテンと酸の薬理作用はかなり実用化され、火傷用の軟膏に配合。
日焼けを防ぐ作用もあります。

貧血を予防する葉酸

葉酸は細胞の新陳代謝のカギを握る核酸の合成を助け、活発な細胞分裂をサポートする。

 

葉酸の欠乏は、ビタミンB12の欠乏と同様に悪性貧血を招きます。
薬理作用は、心臓病の予防効果です。

 

クエン酸

血の巡りが良いと体は快調ですが、悪くなると様々な不調が現れて、脳梗塞、心筋梗塞で倒れるかも。

 

ドロドロの血流をサラサラにする食品、梅干が効果的です。
効果は、クエン酸によるものといわれます。

 

血液循環の主役毛細血管

心臓の血液が止まると、心筋梗塞に、脳の血流が途絶えると脳梗塞になるなど、
血流が一時的でも停止すると生命の危険や重大な障害につながります。

 

血の巡りが悪い、血液がドロドロして流れにくくなると、抜け毛、肩こり、頭痛といった原因になります。

 

血の巡り=血液循環は、健康を左右する要です。
血液は、体中の細胞に酸素や栄養分を運び、炭酸ガスと老廃物を受け取ります。

 

毛細血管では、酸素と炭酸ガスの交換や栄養素と老廃物の交換が行なわれ、
水分もを自由に出入りします。

 

毛細血管を通過する血液自体の流動性がポイントとなり、血液の流動性が低いと、
毛細血管が詰まって、末梢の血流が滞るからです。

 

毛細血管を円滑に流れる血流はサラサラ、円滑に流れない血液はドロドロです。

 

血液がドロドロになると、動脈硬化、高血圧の生活習慣病のほかに、
集中力低下、イライラ、冷え症を起こします。

 

最後には、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こします。クエン酸の力が血液をサラサラにします。

カロテノイド

ベータ-カロテンが不足すると月経の周期が狂ってきたりします。
にんじんやかぼちゃやトマトなどの鮮やかな色の元になっている色素です。

 

体内でビタミンAに変換されるベータ-カロテンのカロテノイドは、多彩な抗酸化作用が明らかに、
病気予防についての研究が盛んに行なわれるようになりました。

 

カロテノイドは、動植物の色素で、約600種類も見つかっています。

 

植物によって合成されたカロテノイドは、光合成のための太陽エネルギーの
獲得や有害な活性酸素の除去に利用されます。

 

植物のカロテノイドは動物に食べられて皮膚や筋肉、脂肪組織などに蓄積します。
例として、卵黄の黄色、フラミンゴの鳥の羽の色、鮭の身の赤色などがカロテノイドによるものです。

食生活の発がん性物質調査の過程

緑黄色野菜を摂っている人は、がんになる率が低いことが明らかになってきました。

 

ベータ-カロテンのカロテノイド

体内でビタミンAに変わって重要な働きをするだけでなく、カロテノイド自体も重要な働きを行なっています。カロテノイドはバランスが大切です。

 

正常な細胞ががん細胞に変わる

がんが発生するまでにはいくつかのステップがあります。

 

正常な細胞が何らかの刺激を受け遺伝子が傷つき、変異イニシェーションといいます。
遺伝子に傷がつく原因はいろいろあって、お焦げを食べるのも良くなく、たばこも非常に良くありません。

 

変異細胞になっても普通その細胞はすぐに死んでしまうのが、中には生き残ってしまうものも出てきます。
さらに刺激を受けるとがん細胞に変わります。これをプロモーションといいます。

 

プロモーションは高脂肪食や高たんぱく食などが引き金となって起こりますが、喫煙が大きな原因。
喫煙は、正常な細胞ががん細胞に変わるきっかけを作り、その変異細胞を育てるにも力を貸します。

 

まず、イニシェーションによってがん細胞の卵が発生する段階から能力の異なる
ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質などを十分に摂るようにすることです。

 

心疾患の予防効果

カロテノイドが活性酸素に対して効果があるなら研究が進んでいます。
心疾患の原因となる動脈硬化は、酸化したLDLコレステロールが血管に沈着することで引き起こされます。

 

カロテノイドの抗酸化作用がLDLコレステロールの酸化を抑えることができれば、動脈硬化、
心疾患を予防できると考えられました。

 

狭心症初期段階に、抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、ベータ-カロテンが
血漿中に豊富にあると、狭心症のリスクを下げるということが明らかになりました。

 

ベータ-カロテンの摂取量が低いと、痴呆症発症のリスクが上がることが明らかになっています。

 

野菜や果物には何種類課のカロテノイドが存在

野菜の摂取目標値が1日350g以上です。
日本人平均の野菜摂取量は、1日に280gしかありません。全然足りていません。

 

平均ですから、ほとんど野菜を摂っていないという方もかなり多いと思います。
野菜から十分な量のビタミンやミネラルを摂るのは難しくなっています。

 

不足してしまう栄養素は、サプリメントで補う手段も大切です。
ベータ-カロテンは過剰に摂取しても必要な量だけ体内でビタミンAに変換されます。

 

その他のカロテノイドにも過剰症は確認されていませんから、サプリメントそして安心して摂取できます。

スポンサードリンク

page top