キャッツクロウ 免疫について

スポンサードリンク

奇跡のハーブ

自然免疫システムと適応免疫システム私たちには病原菌などから守るための
防御システム免疫が備わっています。

 

大きく分けて、自然免疫システムと適応免疫システムの2つから成り立っています。

 

自然免疫システムは、一般的な異物・微生物などの侵入に対する無差別な排除のためのもので、
初期段階に行なわれるものです。

 

このシステムは無脊髄動物を含めて多くの動物に備わっています。

 

それに対して、適正免疫システムは一度感染して回復すると、同じ病原菌に再度感染しにくくするためのもので、侵入物を認識してから行なわれる高度なシステムで、脊椎動物にしか備わっていません。

 

自然免疫システムには、外部との障壁である皮膚や粘膜、局部的にある抗菌性物質、
そして好中球や単球=マクロファージによる無差別攻撃などがあります好中球やマクロファージは、
常に体の中を巡回して異物を見つけると直ちに攻撃を加え、相手をやっつけてしまいます。

 

好中球は、生体に異物が侵入すると約2時間で血中に増殖して、近くの小静脈から侵入して
組織に入って防御の第一線を形成します。

 

異物の侵入で刺激されたTリンパ球が作る活性物質=白血球遊走因子の濃度が高い炎症部分へ
遊走し、細菌やウイルスを捉えて摂食・消化します。

 

単球は、好中球より少し遅れて局所に到着し、防御第2線を張ります。

 

組織には入った単球はマクロファージ=大食細胞に転化し、触手を伸ばして異物を捉えて
包み込んでそれらを消化します。

 

同時に、酵素処理をして消化した異物の特徴を情報として免疫担当のT細胞とB細胞に
伝えるという重要な働きをしています。

 

自然免疫システムの段階で異物を排除できれば問題ないのですが、異物の攻撃が強いときには
脊髄動物だけが持っている高度な防御システムが作動することになります。

 

それがリンパ球たちによる組織的な防御法であり、適応免疫システムと呼ばれるものです。

 

自然免疫システムの主役のマクロファージが食べた異物を消化して、その異物の表面の特徴を
リンパ球T細胞に示します。

 

T細胞はその特徴を解読して感作リンパ球となって化学伝達物質のリンホカイン=マクロファージの
殺菌機能を高めるを産出します。

 

さらに、役割を持つ細胞に分かれます。

 

細胞障害性T細胞=キラーT細胞は、殺し屋細胞で、同じ表面構造を持った
ウイルス感染細胞や腫瘍細胞、移植した臓器=異なった認識されるなどに攻撃をかけます。

 

ヘルパーT細胞は、リンパ球B細胞に抗体=異物である抗原に対抗するを作るように指令を出します。
サプレッサー細胞は逆にB細胞に抗体を作りすぎないように指令します。

 

B細胞はT細胞の指令で分裂・増殖を繰り返し、自分の仲間を増やして異物=抗原に
ピッタリ張り付く結合物質=抗体を作ります。

 

抗体は免疫ブロブリンと呼ばれるたんぱく質です。
その型によって、IgG、IgA、IgM、IgD、IgE、の5種類の抗体になります。

 

抗体は、細菌やウイルスとカギと鍵穴のような形で結合します。
B細胞より大量に放出されてマクロファージや補体と協力して異物に次々と結合します。

 

マクロファージがうまく食べられない細菌=肺炎球菌などのように、
ヨロイのように硬い細胞膜で覆われた細菌や異物の表面に付着して、
食べやすいような形にする体液成分を生成=免疫食作用し、マクロファージは攻撃しやすくなります。

 

数日して、異物との闘いに勝つと、T細胞は抗体の産出を抑えて闘いを終了させます。

 

防衛の役目を終えたリンパ球は死滅しますが、一部のT細胞・B細胞は生き残り、
同じ異物が再び侵入してきたときに、素早く対応できるように、異物を記憶します。

 

リンパ球にはT細胞・B細胞以外にナチュラルキラー細胞=NK細胞があります。

 

NK細胞には適応免疫で働くのではなく、好中球やマクロファージのように
自然免疫システムという、速効性の必要な分野で働いている特異リンパ球です。

 

この細胞は、単独でがん細胞を非自己細胞と認識すると直ちに攻撃する
重要な機能を持っています。

 

赤血球や白血球などの血球は骨髄で作られます。

 

白血球の一種のリンパ球のうち、骨髄で作られたT細胞は胸腺に入り、ここで自己と非自己を
見分けられるようになった、正常なT細胞だけが専門の役割を担って任務につきます。

 

胸腺での訓練は、抗原に反応できる抗体レセプターを持ったT細胞ができると、
胸腺のメッシュ構造の上皮細胞で主要組織結合=HLA抗原を認識できるかどうか選別します。

 

次に自己のHLAを認識できない細胞は自己を排除してしまう恐れがあります。

 

細胞死のプログラムが働き排除されます。
こうして生き残れるT細胞は、わずかに5%です。

 

中には、厳しい教育と選別の網目から逃げ出し、T細胞として任務に就き暴走して
自分自身の体を攻撃をすることがあります。

 

これがバセドウ病、慢性関節リウマチなどの膠原病、アレルギーなどの自己免疫疾患です。

 

正しく訓練されたT細胞は、血流に乗って抗原との戦場、末梢リンパ組織=リンパ節、
脾臓、扁桃、消化管など気道のリンパ組織、結合組織などに移動し、体内を循環します。

 

リンパ節は、リンパ球の駐屯地でそこには、T細胞・B細胞がたくさん含まれています。

スポンサードリンク

page top