最も効果のあるイソテロポデイン。

スポンサードリンク

薬用植物

イソリンコフィリンには、触感の低下や発熱の抑止効果が確認されています。
イソリンコフィリンには、神経節の封鎖効果、感覚の副交感神経の伝達性高揚の効き目があります。

 

ミトラフィリンには利用作用があります。
キャッツクロウに含まれているアルカロイドは、現在明らかになっているものだけで6種類があります。

 

6種類のアルカロイドの中では、イソテロポデインが最も効果のある物質であることが判明しています。

 

その他のアルカロイドやフェノール類などの成分と一緒になるとさらに優れた相乗効果を発揮することも
知られています。

 

6種類のアルカロイドのほかカテキンやサポニンなどの有効成分の複合作用により筋肉痛や腰痛の
鎮静に作用をもたらすと言われています。

 

この6種類のアルカロイドのうち、イソテロポディンは、キャッツクロウに特異的に見られるもので、こ
れは免疫力を増強する物質として知られています。

 

テロポディン・イソミトラフィリン・ミトラフィリン・イソリンコフィリン

マクロファージの貧食作用を促し、身体に進入した細菌などの繁殖を防ぐ作用があります

 

リンコフィリン

血小板凝集、血栓の発生を予防する働きがあり、脳梗塞、脳血栓の予防に効果がある。

 

また、欧米の臨床試験ではリウマチにも効果があることが認められています。
WHO(世界保健機関)でも薬用植物として認定されているキャッツクロウ。

アルカロイドとは

植物体に含まれる塩基性物質の総称です。

 

特殊な薬理、生理作用を持つことで知られていますが、キャッツクロウは、これら6種類の
アルカロイドの微妙な配合に抗炎症作用を促すキノビック酸や抗潰瘍作用のある
ポリフェノール系物質の成分が一緒になることでの相乗的な効果が立証されています。

 

キャッツクロウ全体として抽出された物質のほうがアルカロイド単体よりも効果が高く、
どんなに研究を重ねても、化学的合成によってキャッツクロウと同じものをつくることはできません。

 

今まで、薬を飲むことは、どこかに疾患があって痛みを和らげるために利用してきました。

 

化学薬品の鎮痛剤を飲むと、過敏になっている神経の働きを和らげて、一時的に
痛みを取り払ってくれます。

 

化学薬品には、副作用があります。

 

キャッツクロウを含むハーブに人気が集まるのは、病気になった体を治そうというのではなく、
病気になりづらい体を作るためにあります。

 

ふだんから毎日摂ることによって、体質改善し、体内の免疫力を高め、病気になりづらくなるということで、
漢方を含めた健康食品が、人気になっています。

 

キャッツクロウは漢方に類するハーブで、非常に即効性に優れています。

 

キャッツクロウは、関節炎、炎症、リウマチなど痛みに悩んでいる人の体質改善を行ない、
病気になりづらい体質を願う人にも優れた健康食品です。

強力な「免疫増強作用」と「抗炎症作用」

キャッツクロウは病気に力を発揮。いまや日本人の死因1位のガンは、発がん物質等によって
細胞の突然変異=がん化するのが出発点です。

 

健康な人間でも1日に六千個ものガン細胞が生まれているといいます。

 

それでも私たちがガンにならないのは、できたがん細胞を増殖させない免疫システムを持っているから。
免疫力を高め増殖を抑制する働きで、がん化する細胞の数を減らせば、よりガンの心配は少なくなります。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

page top