コレステロール値を下げる

スポンサードリンク

コレステロール値を下げる

ガイドラインではコレステロール値200mg/dl未満

コレステロールは体に害をもたらすと思いこんでいる方もあるようですがコレステロールを有害物質と一緒くたにしてはいけません。

 

細胞や神経やホルモンにとってコレステロールは、大事なものです。

 

肝臓では、コレステロールを使って胆汁が作られます。

 

体内にあるコレステロールの80%は肝臓で作られています。

 

食事から吸収されるのはわずか20%に過ぎません。

 

脂質は血液には溶けません。

 

溶けなければ、血液中を移動することはできません。

 

このためコレステロールが血液中を移動するときには、たんぱく質のコート、アポ蛋白で回りをおおい、血液に溶けやすくしてやらなければなりません。

コレステロールがリポ蛋白と呼ばれます

リポ蛋白にはさまざまなタイプがあります。

 

LDL(低比重リポ蛋白)悪玉コレステロール。

 

HDL(高比重リポ蛋白)善玉コレステロール。

 

血液中に悪玉のLDLコレステロールが必要以上に多くなると、余分なものは酸化されて、動脈壁の内側に溜まってしまうので、HDLコレステロールが余分なLDLコレステロールを鷲づかみにして、それを肝臓まで運んで、廃棄処分します。それがHDLコレステロールの役目です。

 

ところが、LDLコレステロールとHDLコレステロールの微妙なバランスが崩れると、LDLコレステロールの粒子が動脈の内側に蓄積し、動脈を狭める原因(動脈硬化)になります。

 

こうなると心臓病はもちろん、心筋梗塞を引き起こすことになります。

 

LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスが、取れているかどうかを確かめるには、検査を受けなければなりません。

 

検査をすると、総コレステロール値、HDL値、LDL値、中性脂肪(トリグリセライド)をチェックできます。

 

コレステロール値が高ければ、心筋梗塞のリスクが高くなります。

 

この事実をしっかり受け止める。

 

多くの場合、体重オーバー、喫煙、高血圧の方が、コレステロールよりもずっと危険です。

 

ヘルシーな食事を心がけようと思うのなら、体全体のためにそうすべきで、コレステロール値を適切なレベルに維持するために、やるべきではありません。

 

バランスの取れた食事を摂れば、多くの効用があります。

 

その過程で、コレステロールを低く抑えられるのであれば、これは素晴らしいことはありません。

 

そこまでいかなくても、ビタミン・ミネラル・微量元素、そのほかの栄養素を必要なだけ摂っているので、寿命が延びること、きっと間違いありません。

 

低コレステロールという触れこみでも、実際に低コレステロールとは限りません。

 

できる限り頻繁に、新鮮な地のものを摂るようにすれば、たいていは安全に暮せます。

 

しっかり地に足をつけて、柔軟な考え方をすることも大切。

 

しかし、肉類や動物性脂肪を主な栄養源にすることだけは、絶対にしてはいけません。

選り好みをする

良質のオリーブオイルを選ぶことは、良質のワインを選ぶことと同じくらいに重要なことです。

 

アボガドには、コレステロールを抑える働きがありますが、コレステロールの上昇を抑えるのに、いくら魚類がいいといっても、たっぷりの油で揚げた魚のフライがいいとはいえません。

運動をしましょう

1回30分の運動を週に3回続けることで、コレステロール値は、きっと元に戻ります。

植物に含まれる有用成分

カロテノイド(色素)

にんじんなど黄赤色のフルーツや野菜に含まれるβカロチンと、ほうれん草あるいはキャベツなど青物野菜に含まれるキサントフィル。

 

心臓によく、免疫を高めがんの発生を抑える効果がある。

植物ステロール

ほとんどが植物の種子の油に含まれる。血中コレステロール値を下げる働きがある。

サポニン

えんどうやそら豆など豆類に含まれる苦味成分。

 

コレステロールを下げ、がんの発生を抑える働きがある。

グルコシノレート

からしの独特の味をもたらす成分。

 

フリーラジカルを抑え、感染予防効果がある。

ポリフェノール

フェノール酸やフラボノイドはこの一種。

 

主にフルーツ、野菜、全粒穀物の外皮に含まれる。

 

がんに効果的で、感染を抑え、活性酸素から心臓を守ってくれる。

たんぱく質分解酵素阻害因子

たんぱく質分解酵素の活性を阻害する。

 

えんどうやインゲン豆、そら豆などに含まれる。

 

抗酸化作用があり、血糖値を下げる働きがある。

モノテルペン

がんに効果がある。

 

ペパーミントや柑橘系の油に含まれる。

フィトエストロゲン

大豆、全粒穀物に含まれる。

 

がんに効果があり、フリーラジカルを抑える働きがある。

イオウ化合物

にんにくに含まれる活性物質のアリインは、血圧を下げ、抗酸化作用がある。

レクチン

えんどうやインゲン豆などの豆類だけでなく、穀類、油種子とその製品類にも含まれ、血糖値を下げる働きがある。

スポンサードリンク

page top