ビタミンCは、人気のビタミン、レモンやオレンジ、みかんなどの柑橘類にたっぷり含まれています。

スポンサードリンク

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲン合成を促進

ビタミンCは、体の中の全たんぱく質の約30%を占めるコラーゲンの生成に必要であることは解っています。

 

コラーゲンとは、体の細胞と細胞同士をしっかりつなぎ固める、特殊なたんぱく質のことです。

 

人間の骨組の主な成分が、このコラーゲンで生成されています。

 

コラーゲンがなければ骨ができない、ビタミンCがなければ、骨が形成されません。

 

ビタミンCは鉄の吸収力を高め貧血予防

食べ物に含まれている鉄のうち、体内に吸収されにくいタイプのものでも、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすい形に変わります。

 

鉄の吸収をアップさせ、貧血予防に役立ちます。

ビタミンCで風邪の予防と治療

風邪の主原因であるウイルスが、細胞と細胞をしっかり固めるというビタミンCの働きで、活動が阻まれ、体内に入ったウイルスの活動を防ぐ役目を果たすといわれます。

 

ウイルスそのものに直接作用して、その働きを弱めてしまいます。

 

風邪のウイルスによって、破壊された細胞を修復し再生を促す働きもあるので、治療にも有効です。

 

ただし、ビタミンCが体内でどのように作用しているのかは、不明な点も多く、風邪だからビタミンCを飲めば治るというのは早計で、ビタミンCを摂りながら医師の診断に従って、養生することが大切です。

 

ビタミンCは発がん性物質の生成抑制

ビタミンCががんに有効という考えも伝えられています。

 

がんの予防としては、ニトロソアミンの生成を防ぐ働きがあります。

 

ニトロソアミンは発がん性物質のひとつで、胃がんや肝臓がんを引き起こすもととされています。

 

がんの進行を抑える点では、コラーゲンの合成が促進されることで説明しています。

 

細胞同士の結びつきが強くなると、がん細胞といった異常なものが増えないよう、他へ転移しないようにします。

 

ビタミンCは、抗酸化作用も注目されています。

 

体の中にできた過酸化脂質は、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の原因になると言われています。

 

ビタミンCは、この過酸化脂質ができるのを抑える働きが認められています。

 

発がん物質の細胞への影響も、抗酸化作用で抑えられるのではないかといわれます。

 

この点でもがん予防に有効と考えられています。

 

ビタミンCは、水溶性で摂り過ぎても尿とともに体外に出ていくので、摂りすぎで害になることはまず、ありませんので、心配の必要はありません。

 

風邪予防などに安心して、たっぷり摂ってよいビタミンです。

 

ビタミンCは、白内障の予防にも効果があるといいます。

 

ビタミンCが不足すると、壊血病になります。

 

これは、皮下出血、内臓出血も起こし、死ぬこともある恐ろしい病気です。

 

大航海時代、船乗りがよくかかり、とても恐れられていましたが、予防するのに
ビタミンCが有効なのが解ってからは、減り続け、日本でも見られることはありません。

 

ビタミンCは、ほとんどの動物が自らの体内で合成可能ですが、人、さる、モルモットは
それができないため、栄養素として不可欠となります。

ビタミンCは、抗ストレス効果

ストレスを感じると人は、それを取り除くために、腎臓の上部にある副腎からホルモンをたっぷり分泌します。

 

この副腎皮質ホルモンは抗ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスに立ち向かう役目をするものです。

 

このホルモンを生成するのに、ビタミンCがたくさん必要なのが解っています。

スポンサードリンク

page top