病気に負けない健康意識。

スポンサードリンク

健康意識を重視する

健康と言える状態であっても健康に不安をもっていれば健康とは言えません。

 

自分が健康か?健康でないかといった健康観には、精神的な面からくるものと、身体的な面からくるものがあります。

 

多くは、健康を病気と対比させた考えを持っています。

 

病気がなければ、病的な感じがなくても、健康ではないと感じる人もいるでしょう。

 

人間の精神的な側面、環境や生活に対しての欲求や期待と調和していなければいけません。

 

健康状態が良好であっても健康観は生まれません。

 

それらの欲求・期待といったものには個人差があります。

 

健康状態に異常がなくても、運動不足、睡眠不足、ストレスを生活の上で感じていれば、健康ではないと感じる人もいます。

 

逆に生活として受け止められる人は、どんな生活でも、健康に満足していておかしくありません。

 

健康観は別として、環境や生活との調和が感じられ、健康状態が良好で、体力面も充実し、余裕があれば健康に感じるのは 当然です。

 

健康の保持、増進を図っていくために、健康観を高めることを考えていくことも大切です。

健康不安

健康かと聞かれ、多くの人は健康だと思うと答えます。

 

しかし、健康の先行きに不安を感じている人も多くいます。

 

調査では、まあまあ健康と思う人まで含めると、80〜90%の人は健康だと答えます。

 

健康について不安を聞くと70〜80%の人が不安を感じているのも事実です。

 

大勢の人は、現在は健康と考えているけれど、先行きについて不安を感じている人が多いと言うことです。

健康観と健康不安は逆

健康観は現在に対しての判断です。

 

健康不安は、将来についての予測から生じているものといえます。

 

いまの健康状態は健康であると思うが、現状の生活を反省すると、将来については自信がない生活を送っているという事です。

 

不健康生活は半健康状態を招きます。

 

肥満の人のほとんどが自分は健康だと思っていますが、多くの人が、現在は健康と思っていても、将来は病気になるかもしれないという潜在意識が生じている人は多いと思います。

 

原因が判明していないがんやウイルス性肝炎などの感染症に対しても多くの人が不安を感じています。

 

すべて病気への恐怖といった形で健康不安を起こしていくこととなります。

 

 

スポンサードリンク

page top