脂肪の基本構造は、どれもみな同じ。

スポンサードリンク

食習慣で間違っていることは

わたしたちの体によいか、悪いかは、ごく単純なちょっとした違いで決まります。

 

脂肪は脂肪酸にグリセロールと呼ばれる分子が結合してできます。

 

脂肪酸の骨格部分は、炭素原子でできていて、最終的に水素原子と結合します。

 

炭素原子それぞれに水素原子が見つかった場合、それが飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸

主として、肉、バター、たまご、チーズ、ラードなどの動物性食品に含まれています。

 

血液中のLDLの悪玉菌コレステロールを増やす働きがあることに変わりはありませんが、これまで食べてはいけないとされていた、食品の中にも、現在はヘルシーとされているものもあります。

 

そのひとつが、ナッツです。

 

体にとっては無くてはならない貴重なビタミンを摂取できます。

 

飽和脂肪酸は度を越さない程度なら、動脈硬化のリスクを大幅に高めることには、ならないといって差し支えありません。

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は、LDL悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

 

炭素の二重結合が一ヵ所のこの不飽和脂肪酸を含む食品とはしては、オリーブオイル、菜種油、麻実油、ピーナッツ、鶏肉、アボガドがあります。

 

地中海地域に、昔から暮してきた人々の間に心筋梗塞の発生率が低いのは、オリーブオイルが関係しているからではないかもしばしば指摘されています。

多過不飽和脂肪酸

脂の多い魚、ひまわり油、菜種油、大豆に含まれています。

 

コレステロール値を下げる効果があるとされていましたが、現在は、これまでと少しばかり事情が変わってきています。

 

悪玉コレステロールばかりでなく、善玉コレステロールまでも減らしてしまうことが分かってきたので、あまり摂り過ぎると、体によくないと考えてください。

リノール酸

不飽和脂肪酸の特殊型。

 

共役リノール酸には、がんや心筋梗塞の発生を予防する効果があるのではないかとの、憶測が高まっています。

 

それほどヘルシーな食べ物とされてこなかった、チーズやバター、それに牛乳にはリノール酸が多く含まれていうます。

必須脂肪酸

必須脂肪酸の中でも最もよく知られているのが、オメガ6(n-6系)脂肪酸とオメガ3(n-3系)脂肪酸の2つ。

 

オメガ6脂肪酸の場合、きちんと食事を摂っていれば、十分に摂取できるが、オメガ3脂肪酸は不足しがちです。

 

オメガ3脂肪酸を多く含む脂の多い、魚(鮭、にしん、さば)ナッツ、キャベツなどの青物野菜を十分に摂っていません。

 

サラダ用の野菜にもオメガ3脂肪酸は豊富に含まれています。

 

オメガ3脂肪酸には、血液をサラサラにする働きや、心臓病や循環器系疾患にとって最大の危険因子のひとつである、糖尿病を防ぐ効果があり、これが心筋梗塞の予防につながります。

トランス脂肪酸

赤肉、マーガリン、ビスケット、多くの冷凍食品、ポテトチップスに含まれています。

 

トランス脂肪酸の摂取量を一日わずか4g減らしただけで、心筋梗塞の危険度を半減させることが出きるといわれています。

 

バランスのよい食事を心がける。

 

いろいろな食品がきちんと摂れるような食事であれば脂肪摂取量も大丈夫です。

 

麻実油(あさみあぶら)には、不飽和脂肪酸が驚くほど多量に含まれています。

 

90%が、不飽和脂肪酸です。

 

中でもことに多いのが、心筋梗塞の予防効果があるとされているリノール酸です。

スポンサードリンク

page top