性急にやればやるほど反動も大きくなります。

スポンサードリンク

体への負担は大きい

こうしたダイエットは、歯や歯茎にまで害をもたらすことがあります。

 

空腹のままの状態でいるということは、噛むものが何もないということです。

 

それだけではありません。

 

噛むために必要な歯もだめにしてしまいます。

 

野菜しか摂らない、ダイエットは、カルシウム、ビタミンDやビタミンB12、たんぱく質といった歯や歯茎の健康に重要な役割を果たしている、栄養素が不足しがちになります。

 

ダイエットを4種類以上試したことのある人の9割は、多少摂食障害になりやすいといい、拒食症や過食症の人が増えています。

体重を減らしたいと思うのなら、ダイエットは忘れましょう

自分の生活を振り返ってください。

 

それがあなたの変化への第一歩です。

 

考えてみると、あなたは自分へのご褒美と称して、食べ物を口にしたことはありませんか。

 

お腹が空いてもいないのに、ただ他の人が食べているからというだけで、物を食べたりしてはいませんか。

 

毎日の生活の中でいったいどれくらいやっていますか。

体重を減らすのは、実に簡単です

体重オーバーの人の80%は、体重を減らすために、ダイエット計画を立てる必要はまったくありません。

 

あなたのライフスタイルをほんの少し変えるだけで、後は思いのままです。

 

ちょっとしたステップを踏むことで、体重を減らすことができます。

 

せっかく体重を削ぎ落とそうとしても、急いてはことを仕損じます。

 

本当に体重を減らそうと思うのなら、三段階のステップから始めましょう。

ステップ1

本当に体重を減らす必要があるのかどうかを確かめる。

ステップ2

どうして太りはじめたのか、どんなものを食べているかをチェックする。

ステップ3

運動せずに体重を減らそうとしてもうまくいくはずがないことを肝に銘ずる。

ダイエット方法は、いくつもあります

一番いいのは、お風呂場に置いてあるヘルスメーターを捨てることです。

 

体重を減らすのに、毎日毎日、体重計詣でをすることほどためにならないことはありません。

 

体重計で量ったら2・3kg体重が減った、残念ながら減るのは、ほとんどが水分で脂肪は、ほんの少々で、幸福感に浸れるのはほんの数日のことです。

 

一週間もたないうちに、体重計は大いにフラストレーションの種になります。

 

体重を減らすのに適した方法は、常に長期的な観点に立ったプログラムのことをいいます。

 

体重計が何キロを指しているかということがまったく関係がありません。

 

もっともいいのは、自分が現在、どのような状態にあるかをきちんと把握することです。

 

ほとんどのダイエットは、体重ばかりを強調している点に最大の間違いがあります。

 

体のわまりについた贅肉の重さより、体脂肪の割合の方がずっと大切なのです。

 

食事で摂取したカロリーは脂肪組織に蓄えられ、筋肉で燃焼されます。

 

実際的なダイエットをしようと思うなら、体脂肪の量を減らしながら、同時に筋肉を鍛えるようにするのが正しいダイエット法です。

 

運動をせずにダイエットする方法は、ゴミ箱へ捨てられる憂き目に遭うのは、そのためです。

 

運動やスポーツをやれば、代謝は活発になります。

 

体重を減らすためのダイエットはこれとまったく、逆のことをしています。

 

体を積極的に動かせば、体はにわかに脂肪を溜め込むのを止め、逆に脂肪を燃焼し始めて、体重は減り始めます。

スポンサードリンク

page top