アルコール=酒が入ってくると肝臓は不完全燃焼を起こします。

スポンサードリンク

アルコール消費量

ライフスタイルに変化などにより急激な増加を示し、女性の飲酒習慣の普及に伴って増加傾向にあります。

 

飲酒による健康障害は、アルコール依存症、肝臓疾患など多くの臓器にわたる身体疾患があります。

肝臓のアルコール処理能力

一時間にビール3分の1本。

 

適量の酒は、胃腸を適度に刺激し、食欲を増進させます。

 

善玉コレステーロールを増加させ、動脈硬化を防ぐ作用があります。

 

飲み方を間違えると、食堂炎や急性胃炎などの急性の病気になります。

 

長期的には、肝臓病、すい臓病、高血圧、脳血管疾患、心臓病など、あらゆる病気の原因になります。

酒は薬にもなれば、毒にもなる

肝臓のアルコール処理能力

酒に含まれるアルコールは、摂取されると胃で20%が吸収されて、80%は小腸で吸収されます。

 

アルコールのままで汗や尿に出る量はわずか数%です。

 

残りの90%以上は肝臓で処理されます。

 

ほとんどが血管を通って肝臓に運ばれます。

 

肝臓に入ると、アルコール脱水素酵素=ADHによって体に有害なアセトアルデヒドに代謝されますが、引き続いて、この物質はアセトアルデヒド脱水素酵素=ALDHによって無害な酢酸に代謝されます。

 

肝臓が1時間に代謝処理できるアルコール量は6〜9gといわれています。

 

ビール大瓶3分の1本、日本酒3分の1合、ウイスキーダブル60ml1杯に相当します。


肝臓のアルコール処理能力を超えた量

アルコールが入ってくると肝臓は不完全燃焼を起こします。

 

代謝過程のアセトアルデヒドが血液中に流れ体内にとどまると、毒性の強い物質は、吐き気や頭痛などの不快な症状、悪酔い状態です。

 

飲むペースはゆっくりが原則です。

 

一気飲みの急激な過度のアルコール摂取は血中アルコール濃度を急上昇させ、急性アルコール中毒を起こします。

肝臓病にならない目安

日本酒で一日1〜2合、ビール1〜2本、ウイスキーダブルは1〜2杯まで。

 

3合以上を毎日5年以上続けると脂肪肝になり、5合以上飲み続けると10年で肝硬変になる危険性が高いです。

 

女性はホルモンや体重、肝臓の大きさなどが影響して、男性より弱いといわれます。

 

ホルモンの影響で、月経時にはアルコール処理能力が落ちるという報告もあります。

適量といっても個人差

酒の強さは、その人が持つアセトアルデヒドを処理する酵素ALDHの量で決まります。

 

ALDHには1と2あり、生まれつきALDH2がない人はアルコールを全く受け付けません。

 

飲めない体質の人は、アルコールを飲むと顔が赤くなり、心臓がドキドキしてしまいには不快感をもよおし顔面蒼白になることがあります。

 

酒で肝臓を悪くするのは、黄疸で黄色くなったら、肝機能は危険な状態になっていることを示しています。

スポンサードリンク

page top