運動不足は、肥満を招くだけでなく、心身の活力も低下させる重大な健康阻害要因です。

スポンサードリンク

運動不足

交通機関は便利になり、電化製品の進歩により、家庭生活においても、体を動かさなくなっています。

 

運動不足によりエネルギー消費量が低下すれば、酸素消費量も減少するため循環血液量も減少します。

 

運動器以外の体内諸臓器の酸素消費量は、その割には減少しないために、循環血液量が減少すれば、諸臓器の酸素供給量が不足します。

 

組織の代謝が阻害され、諸臓器の老化を促がすことになります。

 

同様に環境などへの適応力も減退し、防衛力も低下します。

 

 

生理機能は、使わなければ低下します

行動体力も低下します。

 

結果身体諸機能に余裕がなくなり疲れやすくなります。

 

体を使わないのに、疲れやすくなるのはそのためです。

 

休息以外、スポーツ、趣味、旅行などによち積極的に心身の疲労回復を。

生活リズムの乱れ

ライフスタイルの多様化に伴い、夜更かしをしたり睡眠不足であったりなどの夜型人間が増加しています。

 

24時間操業による交代制の夜勤勤務など、不規則な生活形態も見られます。

過労死

過重で不規則な労働習慣が続く中、正常な労働リズムや生活リズムが崩壊し、回復できないまま蓄積した疲労が引き金となって起こることを突然死といいます。

 

脳出血、心筋梗塞、急性心不全などの循環器疾患が大部分です。

 

30〜50歳代の働き盛りに集中しています。

 

肉体的な疲労と共に職業上の重いストレスが要因となっています。

ストレス

ストレスを感じると和らげるために体内のビタミンCを大量に消費して、ストレスに対抗するホルモンを作ります。

 

ストレスが多い人ほど、体内のビタミンCが枯渇しやすいといえます。

スポンサードリンク

page top