パントテン酸は、糖質やたんぱく質、脂肪の代謝を助ける重要なビタミンB群の仲間です。さまざまなホルモンの合成にも関与しています。

スポンサードリンク

パントテン酸

頭髪が心配な人はパントテン酸

パントテン酸の名の由来は、ギリシャ語の「動物の世界に広くある」という言葉から「パン」は「汎はん」と同じで、広く全体にわたるということです。

 

パントテン酸は、さまざまな食物に含まれているので、欠乏症はほとんどありません。

 

欠乏状態で血圧低下、頻脈、疲労などが起こります。

 

髪の毛につやがない、薄くなってきたときには、パントテン酸が髪の毛や皮膚の栄養状態に深く関わり、効果があるといわれています。

 

毛根や髪の毛、生え際の皮膚などによい影響を与えて、つやのある美しい黒髪に。

葉酸は赤血球生成に必要

葉酸は食物の緑葉にたくさん含まれているビタミン

このビタミンは正常な赤血球を作るために必要。

 

葉酸が足りないと、赤血球の入れ替わりが上手く行かなくなり、貧血を起こします。

 

葉酸の欠乏による貧血症は、悪性貧血。

 

大人よりも子どもに起こりやすいものです。

 

大人に起こりやすい悪性貧血は、ビタミンB12が原因のことが多く、葉酸とビタミンB12は密接に関係にあることが分かっています。

神経管閉鎖障害の部分

葉酸は細胞を増やすのに不可欠なDNAなどの生成に欠かせません。

 

妊娠初期は、胎児の細胞分裂が旺盛なため、葉酸はとても重要です。

 

とくに、神経管閉鎖障害という先天異常は、葉酸を摂取することで、その発生比率を低く抑えることができます。

 

脳や脊椎などの神経管が作られる妊娠4〜5週に起きるものです。

 

日本では、出生した赤ちゃんの1万人に約6人の割合で見られます。

 

神経管の閉鎖障害が起こる場所によって、二分脊椎や無脳症になります。

 

無脳症になると、死産や流産の確立も高まります。

 

食品からの葉酸摂取に加え、1日0.4mgの葉酸を栄養機能食品などから摂るようにしてください。

 

摂取量は1日1mgを超えないように。

 

過剰摂取はビタミンB12の欠乏症による、巨赤芽球貧血の診断をいにくくします。

 

妊娠を計画している女性は、予防の意味から、葉酸の摂取に心がけてください。

ビオチンは皮膚と神経系に関係

ビオチンはビタミンB群のひとつ

ビオチンは水溶性ビタミン

脂肪酸やアミノ酸の代謝を促進し、皮膚を正常に保つ働きをしています。

 

もうひとつ、神経に関係するビタミンともいわれています。

 

不眠やうつ病のように憂うつ感に襲われたときに、効果がるとされています。

 

通常の食生活では、まず不足は考えられません。

 

生卵(卵白)には、ビオチンと結合すると、胃や腸で吸収、利用できなくさせるたんぱく質の仲間が含まれています。

 

生卵を毎日大量に食べる人は、欠乏の可能性が指摘されています。

 

生卵だけが問題なので、熱を加えれば大丈夫で、ビオチンは阻害されなくなります。

 

腸の中の際でもビオチンをつくり出しています。

 

抗生物質を常用していると、腸内細胞の繁殖が妨げられますので、欠乏する恐れがあります。

 

欠乏すると、脂漏性皮膚炎、湿疹や脱毛などが症状として出ます。

 

筋肉痛や疲労感なども知られています。

 

抗生物質を服用中の方は、ビタミンKとともにビオチンを摂取してみてください。

 

憂うつ感のある人もビオチンを多く含む食品、レバー、いわし、きな粉、ピーナッツ、玄米、魚類、肉類などを摂るといいです。

スポンサードリンク

page top