健康とは、身体的、精神的ならびに社会的に完全に良好な状態にあること。

スポンサードリンク

WHO=世界保健機関憲章の前文

健康とは、身体的、精神的ならびに社会的に完全に良好な状態にあることであり、単に病気や虚弱でないことに留まるものではない。

 

到達しうる最高度の健康を享受することは、人種、宗教、政治的信念、社会、経済的条件の如何にかかわらず、全ての人類の基本的権利の一つである。

 

健康とは、単に病気や虚弱でないばかりでなく、身体的には体力値が高く、知的には適切な教育を受け、社会的=家族、地域社会、職場には豊かな人間関係であり、精神的にも 安定している状態であるとする。

 

健康作りには一人一人が自分の健康を自分で守る自覚を持つことが基本です。

 

自ら積極的な健康増進を図ることができるような、サポートシステムの必要性が、ますます増加してきます。

 

現代の健康

現代社会において、個人の健康観、ライフスタイルは様々に異なっています。

 

健康についても同様に固定化された健康観に対応できる事態ではありません。

 

健康は目標ではありません。よりよい生活のための手段として考えましょう。

健康は他人から与えられるものではありません

自分自身が日々の暮らしの中から年齢や体力、ライフスタイルに応じ自分に最も適したものを探し、守っていくものです。

 

健康の定義、健康とは環境の変化に適応し、自分の能力を充分に発揮できる状態をいいます。

 

生体内外の環境変化やストレスに対抗し、これらとの間に動的バランスを保つことができ、 その人に必要とされる社会・文化・生命活動を十分に行うことができる状態を健康と考えます。

 

健康と病気の間には健康ともいえない、病気ともいえない、半健康状態、半健康状態人と言う言葉が生まれています。

 

現代は、工業化・都市化の進んだ複雑化した社会環境、ストレスや運動不足が健康を阻害する要因といわれます。

 

半健康に対しては、栄養指導を含め予防活動が要です。

サプリメント機能性食品ガイド相互リンクサイト

スポンサードリンク

page top