更年期の女性にみられる症状。

スポンサードリンク

健康とカルシウム

何事にも無関心、無気力、やたらと眠く、頭痛、うつ病、いずれもPTHホルモンの
過剰分泌が原因と考えられます。

 

このホルモンの正常な分泌を促がすにもカルシウムは必要です。
バランスの崩れによって現れます。

 

中年を過ぎると次第に女性ホルモンの分泌が減少し、PTHホルモンの分泌が過剰になります。
PTHホルモンの抑制を目的としたカルシウム摂取をしてください。

 

最近、カルシウムを摂取するとインシュリンの分泌が促進されるという発表がされました。
血液の循環を促進する効果、全身の筋肉を丈夫にし、体力維持にも重要な働きをします。

カルシウムの実験

カルシウム博士・川島四郎先生は、70年以上にカルシウムの実験を行ない白ねずみに
カルシウム不足のえさを与え、骨がどのようになるのかと研究した結果。

 

スカスカの骨になり、ちょっと曲げただけでポキンと折れるほど危ない骨のねずみになり、
骨粗鬆症ねずみに成長しました。

 

次は、普通のえさを与えたグループとカルシウムと青野菜を抜いたえさを与えたグループを
比較したのですが、普通食グループは、目方を測定するためオリの中へ手を入れても
おとなしいのが、カルシウム+青野菜抜きのグループは、歯をむき出してかみつきました。

 

気が立って、気が荒くなっていたのです。
実験でヒントを得て、川島先生は軍隊の食事改善に取り組みました。

 

当時、日本の軍隊では古参兵や上等兵が新兵をいじめるのは日常茶飯事。

 

毎日食べるご飯の中へカルシウムを入れただけで、改善食を食べていた隊では、
明らかにいじめが減ったそうです。

カルシウムは人体に最も多いミネラル

99%は骨や歯の成分になっています。
残りの1%は、脳や神経の重要な働きを円滑にし、ホルモンの分泌に関係している。

 

出血時の血液凝固に関与して、生命の維持に関わるたくさんの重要な役割を持っています。
マグネシウムも、酵素の働きを助ける触媒作用があります。

 

他の物質の化学反応のなかだちとなって、反応の速度を速めたり遅らせたりする作用です。
どんなに条件が揃っていても、マグネシウムがないと酵素は働きません。

 

カルシウムとマグネシウムのアンバランスが循環器疾患を引き起こします。
ビタミンDも1日5分ほどの日光浴で生成され、カルシウムの吸収をよくします。

 

女性ホルモンの一種、エストロゲンにはビタミンDをつくる働きと骨から
カルシウムを溶け出すのを抑える働きもあります。

 

適度な運動もカルシウムの貯蔵を助ける働きがあります。

 

胃炎

神経の緊張をほぐし、調和のとれた胃液の分泌をうながし、胸やけ、ゲップ胃痛などの
不快な症状を軽減してくれるカルシウムは、ストレス充満の現代の必須食品です。

 

胃炎は慢性になると治りにくいので安易に考えないでください。
アレルギー体質にカルシウムによる体質改善に効果があります。

 

カルシウムが不足すると、副甲状腺からPTHというホルモンが異常分泌し神経を刺激して
精神の不安定状態、イライラして気持ちが落ち着かずうつ状態で、ノイローゼなどを引き起こします。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

健康とカルシウム記事一覧

残りの1%のカルシウムは、血液や筋肉、体液中に存在し、カルシウムは重要な生理機能を維持しています。カルシウムは心臓や脳の働きを助けます。ホルモン分泌や血液の凝固を調節する働きのほかに、神経を鎮める、ストレス抑制にも役立っています。骨を形成して体を支えています。骨も他の組織と同じように生きています。壊され、新しく作られる新陳代謝をしています。血清中カルシウム濃度は、常に一定に維持されるよう調節されて...

細胞内液にカルシウムとナトリウムが増えると、心筋梗塞の危険因子になると考えてください。ナトリウムを減らしてカリウムを増やします。カルシウムの摂る量を減らすと、骨のカルシウムが溶け出して、細胞の中のカルシウム量は全然変わりません。日本人はもともとカルシウムが足りません。カルシウムを多めに摂りつつ、さらにマグネシウムを摂ることが必要です。4つのミネラル野中で最も気になるのはマグネシウムです。体の中にあ...

骨組織のカルシウムの減少によって、骨にすきまができてスカスカになってもろくなり、骨折しやすい病気のことです。60歳を過ぎて老化が進行すると、血液中のカルシウムから減少して骨から供給しなければならなくなります。骨のカルシウムが減少して、カルシウム不足を招きます。身体に外から細菌やウイルス等が入ってきますと、体内でこれを排除しようと働きが始まります。この免疫反応はカルシウム無しにはなし得ません。身体に...

カルシウムが不足すると、骨のカルシウムが、大変と血液中にあふれ出てきます。そのため、生命の危機はとりあえず回避できますが、血中のカルシウムが多くなりすぎることになります。血中の余分はカルシウムが目の結晶体にくると白内障になります。心臓の血管に溜まると心筋梗塞か狭心症になります。吸収されるカルシウムが不足すると、カルシウムが過剰のような症状が起こります。まさに、パラドックス=矛盾です。

小児の成長期にはさらに多く700〜900mg必要。牛乳では、650〜800ml以上。ヨーグルト、チーズなどの乳製品、小魚、豆腐や納豆などの大豆製品など、カルシウムの多い食品をたくさん食べないとダメです。血液をつくる全骨の中の骨髄には、赤色骨髄:せきしょくと黄色骨髄:おうしょくがあり、赤色骨髄では盛んに血液がつくられます。骨髄の中には、幹細胞:かんさいぼうという血球の元になる細胞があります。幹細胞か...

人類を含め、海と決別した脊柱動物にとって、骨は体内に作り出したカルシウムの海です。カルシウムは命の炎と呼ばれ、生命維持に大切な元素のひとつで、筋肉や神経をもコントロールしています。蓄えられている骨の中のカルシウム量と、血液を介して種々の細胞に使用されるカルシウム量とのバランスは常に一定に保たれています。カルシウムが骨から異常に溶け出し、体内のカルシウム量が増大してバランスが崩れると人体にさまざまな...

骨の基本的な構造その中にある骨質は外側のかたくつまった緻密な骨と内側のスポンジの網の目のような海綿骨でできています。骨の中心には血液をつくる骨髄があります。血管は骨質を突き抜けて骨髄まで通っています。骨質はコラーゲンというたんぱく質の腺維に、リン酸と結合したカルシウムがくっついていて、ごく少量の水も含まれています。骨粗鬆症は、本来密の縦と横方向の梁が薄くひ弱になり、体重が支えきれなくなります。骨の...

現代の食生活は豊富な食品数に囲まれているにも関わらず、精白・精製食素材加工食品を食生活の基本においていることが多いため、精白・精製の過程で除かれる各種のミネラル摂取量が不足しやすい食環境にあります。食品加工の過程で加えられるミネラルについては過剰摂取に注意しなければいけません。これらのことはミネラルばかりではなくビタミンを始め、その他の栄養成分についてもいえます。このような食環境にあることを十分に...

ミネラルバランス体内のカルシウムの99%が骨と歯に存在、リンや炭酸と結合しています。その他、筋肉、血液、細胞体外液に含まれています。血清中のカルシウムは、9-11mg%存在し、たんぱく質と結合しているものが45%、遊離のものが55%といわれます。骨のカルシウムは、カルシウムの摂取量が少ない場合に溶け出し、血清カルシウム濃度を一定に保つために役立てられます。これがカルシウムパラドックスです。カルシウ...

大部分は無機物で、燐酸カルシウム85%、炭酸カルシウム10%、燐酸マグネシウム1.5%などで骨を硬くしています。そのほかわずかにある有機物が骨に弾力を与え、骨折しにくくしています。有機物・無機物骨はコラーゲン網線維のすき間を均質な接合質で埋め、そこにカルシウム塩を沈着させてできています。コラーゲン網線維と接合質が有機物、カルシウム塩が無機物。人は立って歩くため、脊柱が上から下に仙骨までしだいに太く...

エネルギー源となる炭水化物、脂質、筋肉や血液のもとになるたんぱく質、体の調子を整えるビタミン・ミネラル、そして6番目の栄養素・食物繊維が体にとってはそれぞれ重要な役割があります。カルシウムは、骨や歯を丈夫にする重要な栄養素で、ミネラルの中に属しています。ミネラルは、カルシウム、マグネシウム、リン、ナトリウム、カリウム、銅、亜鉛などがあり、微量ながら体の中で非常に大切な働きをしています。カルシウムは...

細胞外液にはナトリウム、細胞内液にはマグネシウムとカリウムが多く、カルシウムは骨細胞に集中しています。内と外のバランスは間にある細胞膜が調節しています。細胞壁にあるポンプでミネラルを汲み入れたり、汲み出しています。ポンプを動かしているのが、ATPアーゼという酵素です。ミネラルバランスを保ち、ミネラルには縄張りがあります。境界になっている細胞膜はナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウムといった...

脳の細胞も例外ではなく、記憶のような高度な機能も個々の細胞の伝える情報とその総合的な統合に基づき、細胞のカルシウム代謝が正常に維持でされていることがその基本的条件です。記憶に特に関係の深い海馬の細胞には、細胞の内外のカルシウムバランスの崩壊が起こりやすいことが知られています。細胞レベルでのカルシウム代謝の異常が栄養摂取その他の全身的なカルシウム代謝の異常、広くカルシウム不足とどのように関連している...

カルシウムは、骨や軟部組織の支持体となるばかりでなく、体内で神経や筋の伝達刺激やホルモンなどの分泌、血液凝固、酵素活性、受精などの調節、情報伝達機能において中心的役割を担っており、カルシウムは体重の1.5〜 2%(約1kg)を占め、そのうち99%が骨に含まれています。食事からカルシウム供給が不足すると、カルシウム貯蔵庫の骨のカルシウムが溶け出し、骨量が減少し、カルシウムパラドックスが起きます。カル...

小柄でやせている人、両親や近親者に骨粗鬆症になったり、骨折を繰り返している人、その体質を受け継いでいる人、危険性は高くなり、環境によっても大きく関わってきます。偏食やカルシウムの摂取不足、運動不足、アルコールやコーヒーの多量摂取、喫煙、日光に当たらないなどです。糖尿病、インスタント食品、炭酸飲料、スナック菓子に多く含まれるリンを摂りすぎは、カルシウムを尿中へ排泄を促進させます。大きな要因は、カルシ...

諸外国のカルシウム摂取量アイスランドやスウェーデンは1日1200〜1400mg、フランス、オランダ、ドイツ、アメリカ1日1000mg、日本の2〜2.5倍の高いカルシウム摂取量です。専門家は、欧米並のカルシウム摂取量800mgに引き上げるべきと声が高まっています。閉経した女性は、効果的なカルシウム栄養吸収が必要です。食品からカルシウム所要量を満たせないのは、日本の自然水の成分の中にカルシウムが少ない...

カルシウムは家を支える鉄筋コンクリートの役割と情報伝達の役割を持っています。心臓や脳を働かせるための大切な情報が正しく伝わらなくなってしまいます。年をとると体のすべての器官と組織は衰え、元に戻ることがなくなります。物忘れ、老眼、髪の毛が薄くなる、白髪、顔にはしわが増えるなど、個人差はありますが、避けて通ることは出来ません。体の内部の器官も老化して、消化力は弱くなり、腎臓や肝臓の機能は衰えます。年を...

ブドウ糖などの単糖類、しょ糖などの少糖類、デンプンなどの多糖類があります。食べ物から取った糖類は、体内で消化・吸収された後、血液を通して細胞に運ばれ、エネルギー源の脂質と比べ、消化・吸収のスピードが速く、エネルギーとして即効性があるのが特徴です。糖質の摂り過ぎは、中性脂肪となり肥満の原因、糖尿病になるリスク、生活習慣病の引き金になる。糖質の不足は、脳や神経の正常な働きを妨害、運動機能やスタミナ低下...

筋肉組織が活動するときには、たんぱく質で出来た太い腺維と細い腺維が交互に並び、互いに滑り合うことで収縮したり、伸展したりします。太い腺維はミオシンというたんぱく質でできていて、細い腺維はアクチンというたんぱく質でできています。たんぱく質の中心にあるのがトロポニンという物質で、トロポニンがアクチンに指示し、滑りの運動をおこしたり、止めたりしています。トロポニンCはカルシウム濃度のセンサーで、カルシウ...

食物繊維とは人体内で消化されないものを指し、食べても吸収されず排泄されるので、以前は役に立たない食べ物の「かす」として扱われました。しかし、栄養分の吸収速度をゆるめたり、有害物質を体外に排出する作用が、健康に役立つ成分と分かりました。慢性的に不足状態はありませんが、食品から摂る限り、過剰症の心配はありませんが、ダイエットなど、サプリメントなどで単一の食物繊維を大量に摂ると、お腹を壊し、下痢を起こし...

食塩中のナトリウムは、カルシウムと違ってたくさん摂り過ぎると細胞の中に入っていきやすく、細胞の中がナトリウムでいっぱいになってしまいます。ナトリウムとカルシウムの交換という現象が起きます。ナトリウムをたくさん摂り込んだ細胞はこれを細胞外のカルシウムと交換し、細胞の中にカルシウムを摂り込むことになります。細胞内の外のカルシウム濃度は、1対1万というバランスが崩れます。高血圧や心臓病、糖尿病などの生活...

それなのに、カルシウムが不足し、骨が弱っているのはどうして?食生活は欧米化、牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、ソーセージなど肉類が毎日の食卓の中心。それに比べ、めざし、シラス干し、いわし、かわさぎ、小あじの小魚が食卓に上る機会が少なくなっている。いわし、さばなどの青い魚にEPAやDHA成分が含まれ、コレステロール値を下げ、脳血栓などを予防することで注目されます。昔から日本人の食卓に登場していた海藻類や豆類も...

カルシウム調整ホルモンと呼ばれる3種類のホルモンが関与しています。副甲状腺ホルモン=パラソルモン骨からカルシウムを溶かし出して血液中に放出させます。血液中カルシウムが腎臓に再吸収されるのを促進する働きもあります。カルシウムを細胞の外から中に入れる働きもあります。甲状腺ホルモン=カルチトニン血液中の余分なカルシウムを骨の中に吸収させる働きをします。活性型ビタミンD腸などの消化器でカルシウムの吸収を助...

カルシウムが神経細胞の周りに沈着してさまざまな障害を引き起こす場合です。手足がしびれる、感覚が鈍くなると、刺激伝導速度が遅くなって神経の反応が遅れ動作が鈍くなるなどといった症状が現れます。脳細胞にカルシウムが沈着すると、脳の働きが鈍り物覚えが悪くなったり、自分で自分の気持ちを制御できなくなったりします。アルツハイマー病もカルシウム不足で脳細胞の細胞壁にカルシウムが付着することが原因で起こっている可...

心臓はポンプのように収縮と弛緩を繰り返し、血液を全身に循環させています。運動は心筋の筋肉細胞の外から中へ出入りするカルシウムの働きによります。カルシウムが細胞の外から中へ入ってきて細胞内のカルシウム濃度が百倍になると心筋が収縮し、濃度がもとに戻ると弛緩します。筋肉細胞におけるカルシウムの出入りが正常に伝わるのに必要なのが一万対一のカルシウムバランスです。これが崩れると心筋の働きに異常が生じます。カ...

食物から摂るビタミンDと紫外線から皮下脂肪で作られるビタミンDが腎臓で活性型ビタミンDになります。活性型ビタミンDは腸管からのカルシウム吸収をしやすくします。副甲状腺ホルモンが骨からカルシウムを取り出すのを助ける役割を果たします。カルシウムばかりでなく、ビタミンD摂取も必要になり、太陽に当たる必要もあります。日光浴によって、ビタミンDは作られます。ビタミンDがないと活性型ビタミンDが作られず、カル...

毎日コツコツと貯えるように心がけなければなりません。貯えの不足状態が続いていると、中高年になって骨粗鬆症という骨がスカスカになる病気になります。中高年になると内臓全体も弱り、腸管からのカルシウム吸収能力は落ちてしまいます。女性ホルモン分泌低下、副甲状腺や腎臓、肝臓といったカルシウムに関わるホルモンを分泌する機能も衰えてきます。カルシウムをたくさんとっても骨に貯蔵されないで、体外の出ていってしまう方...

骨を蓄えられているカルシウムが減少して、骨がスカスカになってもろくなる骨粗鬆症。痛みなど自覚症状がなく、骨折してはじめて気がつきます。閉経時の女性に多く、骨折をきっかけに寝たきりになります。骨粗鬆症の一番の原因は、食事からのカルシウム摂取不足です。カルシウムを摂取することで、骨粗鬆症を防ぐことが分かり、厚生労働省も医療費の問題を考え、骨粗鬆症について報告をするようになりました。発症する前から適切な...

下垂体はホルモン全体を調節するホルモンを作って指揮を取るため、ホルモンの司令塔といわれます。視床下部は、神経系の器官に含まれます。抗利尿ホルモンとオキシトシンというホルモンを作り、下垂体前葉と中葉から出るホルモンの働きを促進、抑制をするホルモンも分泌するなど、内分泌器官として働きもします。視床下部と下垂体、下垂体の内分泌腺、内分泌腺と細胞には上司と部下のような関係があります。ホルモンが不足すと、視...

骨密度とは、骨の中のカルシウム量を数値で表したものです。健康な骨の内部はカルシウムと膠原(こうげん:膠にかわの原もとという意味)腺維が縦横に走り、網目状のすき間がぎっしりつまっていて、骨密度の高い状態です。骨粗鬆症は、骨の中のカルシウム量が減り、骨が粗くスカスカになり「す」が入った状態になります。それぞれのすき間の大きさが広くなり骨量が減少しています。高齢者に多く、とくに閉経後の女性によく見られる...

極端なダイエット、栄養バランスの乱れた食生活では骨量が十分に保てません。ダイエットの基本は、栄養を落とさずに、カロリーを落とすことです。日光にあたる機会が少ないと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが不足します。天気がよい日は、ちょっと散歩でもしてください。骨は適度の負荷をかけることで強くなります。電気のプラスとマイナスが生じ、くっつきやすくなります。喫煙やアルコールの過剰摂取は胃腸の働きを低下し...

99%は骨や歯に貯蔵され、残りの1%が脳や血液、臓器などに含まれています。カルシウムは骨や歯の形成に欠かせない栄養素です。ほかにも、筋肉の収縮や弛緩をコントロールする重要な役割があります。心臓の拍動や肺呼吸、腸管の蠕動運動(ぜんどううんどう)は、すべて体内の筋肉細胞が縮んだり伸びたりすることで行なわれます。筋肉細胞にカルシウムが出入りすることで、このような働きが起こります。カルシウムが不足するとイ...

20代前半〜40代前半で人生における最大の骨量を得ます。女性の場合の骨量は、閉経期に急激に減少し、徐々に減少します。骨量を測定する時期として、骨の成長を判断できる成長期(5才〜10才)が挙げられます。骨は最大骨量に達した後は、年々徐々に減少します。年をとっても骨粗鬆症にならないためにより最大骨量を得る必要があります。成長期は人生における唯一の骨量増加時期です。測定によってその時点での骨の成長をチェ...

椎体の断面は、ビルディングに鉄筋のようにしっかりとした柱、梁でできています。破骨細胞が骨を溶かしにかかりますが、骨芽細胞がカルシウムなどを吹き付けるようにして、層を作りながら元通りに修復します。ところが、年をとりホルモンバランスが崩れると破骨細胞の働きが活発化して、骨芽細胞の骨作りが追いつかなくなります。骨芽細胞が骨を元通りに修復しきれないうちに、破骨細胞が暴走して、骨をどんどん溶かしていくと、現...

筋肉の収縮は、カルシウムが筋肉細胞の中に入ることで発生しますが、このカルシウムの働きを調節しているのがマグネシウムです。マグネシウムが不足すると、筋肉細胞の中に入るカルシウムが増えすぎて、けいれんやふるえなどの症状が出ます。筋肉のふるえが心筋の血管壁で起こると、狭心症や心筋拘束を招きます。カリウムやリンとともに、骨を作る成分でもあります。骨芽細胞に働きかけ、骨に貯蔵するカルシウムの量を調節する役目...

リンはミネラルの一つで、カルシウムについで体内に多い栄養素です。リンの約80%は、骨や歯を作ります。残りは筋肉や脳、神経、肝臓などさまざまな組織で、細胞の成長や分裂、エネルギーの運搬、神経や筋肉の機能を正常に保つなど、重要な役割を担っています。不足すると、骨や筋肉が弱くなり、新陳代謝の低下、疲労を招きます。骨の材料ですが、過剰に摂りすぎるとカルシウムの代謝に悪影響を与えます。カルシウムとリンの摂取...

腸管内にアルコールがあるとカルシウムの吸収が低下し、アルコールには利尿作用があるので、飲み過ぎると尿と一緒にカルシウムが体外に排泄されます。日本茶を1日3杯以上飲む人は、骨折の危険度が低くなるようです。従来より成人病が厚生労働省は生活習慣病と改めました。高血圧、がん、心臓病の成人病が40歳以上の中高年だけではなく、若年層にまで広がっている。保健医療は破綻状態です。真の健康は、まさに日々の生活習慣に...

ビタミンと同じように、代謝の過程で補酵素として重要な役割を果たしているミネラルもある。カルシウム、リン、ホウ素、フッ素、マグネシウム、マンガン、ケイ素はどれも骨にとって必要不可欠。歯も骨と同じく、カルシウム、リン、フッ素を必要とします。体内に吸収されたカルシウムの大半は、骨と歯に蓄えられています。鉄はヘモグロビンの主要成分、赤血球を作るには、リンと銅が必要です。皮膚には、体の細胞の健康度が現れます...

スポンサードリンク

page top