1日に3杯以上コーヒーを飲む人は、骨が弱いという調査報告もあります。

スポンサードリンク

アルコールやコーヒー

腸管内にアルコールがあるとカルシウムの吸収が低下し、アルコールには利尿作用があるので、
飲み過ぎると尿と一緒にカルシウムが体外に排泄されます。

 

日本茶を1日3杯以上飲む人は、骨折の危険度が低くなるようです。
従来より成人病が厚生労働省は生活習慣病と改めました。

 

高血圧、がん、心臓病の成人病が40歳以上の中高年だけではなく、若年層にまで広がっている。
保健医療は破綻状態です。真の健康は、まさに日々の生活習慣にあります。

 

人生80年といいますが、遠い昔には80歳・90歳を生きた人もいます。
数字の不思議です。生活習慣でこれらのことは予防できます。

 

生活に追われ忙しくなり、便利を追求するあまり自己管理を意識しなくなりました。
生活習慣予防には、バランスの摂れた食事、適度な運動、快適な睡眠環境が必要です。

老化

カルシウム不足は、老化現象を早めます。
カルシウムは家を支える鉄筋コンクリートの役割と情報伝達の役割を持っています。

 

カルシウムが不足すると、情報伝達の機能が正常に働かなくなります。
心臓や脳を働かせるための大切な情報が正しく伝わらなくなってしまいます。

 

年をとると体のすべての器官と組織は衰え、元に戻ることがなくなります。

 

物忘れ、老眼、髪の毛が薄くなる、白髪、顔にはしわが増えるなど、個人差はありますが、
避けて通ることは出来ません。

 

体の内部の器官も老化して、消化力は弱くなり、腎臓や肝臓の機能は衰えます。
年をとり、食は細く、食べる量は少なくなり、カルシウムの摂取量も少なくなります。

 

運動量も少なくなります。カルシウムの吸収力も弱くなる悪循環になります。
カルシウム不足は、老化減少を加速させ、老化現象はカルシウムを加速させます。

 

老化現象は、60兆個ある細胞の衰えです。

 

脳細胞が衰え、カルシウムバランスが崩れると細胞膜に情報が伝わりにくく、死ぬ細胞も出ます。
そうすると、アルツハイマー病、痴呆=認知症と物忘れしやすくなります。

 

高齢期に入ると、食欲や味覚機能が低下して、全体的に栄養素が欠乏しやすくなります。
たんぱく質、カルシウム、ビタミン類が不足しがちです。

 

エネルギーやたんぱく質の摂取量が少なくなると、体力が落ち、抵抗力も弱くなります。
体調の悪いときには無理をしないで、食べられるものを食べ、水分補給を忘れないように。

 

生理的機能が低下するので、食生活はより大切になります。

 

老化障害

腰痛、不眠、指のふるえ

適量の摂取で期待される効果
骨粗鬆症の予防と治療、大腸がんなどがんの予防と治療、高血圧の治療に有効、
脚のけいれんを緩和する、関節炎の治療と予防に有用、皮膚の健康を維持する、
鉛やカドミウムの毒性を緩和する、血液凝固を促進する、炎症を抑える抗アレルギーに働く、
自然の精神安定剤、睡眠と鎮静作用、疲労を緩和し、活力とスタミナを与え、リラックスさせる。

糖尿病の引き金はカルシウム不足

糖尿病は一般に肥満型の人に起こりやすい病気です。
体を動かさない、お腹一杯に食べている人に多いです。

 

糖尿病は、血液中に貯えられているグリコーゲンが分解され、血液中に放出され全身に配られたもの。
手足を動かす筋肉細胞や脳の働きはブドウ糖を燃やしてエネルギーを出します。

 

このときに必要なのがインスリンホルモンです。
ホルモンの分泌が少なく、ブドウ糖が上手く処理できなく、尿中に糖が出てしまう病気が糖尿病。

 

インスリンは膵臓のランゲルハンス島で作られています。
インスリンは筋肉細胞、脂肪細胞に必要な物質です。

 

血液中のブドウ糖を細胞の中にとり込むスピードを上げ、血糖を低下させる働きをしています。

 

カルシウムはそのランゲルハンス島の細胞集団が分泌するホルモンのインスリン分泌の情報を
伝える役目をしていますが、その情報伝達が上手く出来ないために糖尿病が起きることがあります。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

page top