生まれつきの体質によって骨粗鬆症になりやすい人となりにくい人がいます。

スポンサードリンク

骨粗鬆症の原因

小柄でやせている人、両親や近親者に骨粗鬆症になったり、骨折を繰り返している人、
その体質を受け継いでいる人、危険性は高くなり、環境によっても大きく関わってきます。

 

偏食やカルシウムの摂取不足、運動不足、アルコールやコーヒーの多量摂取、喫煙、
日光に当たらないなどです。

 

糖尿病、インスタント食品、炭酸飲料、スナック菓子に多く含まれるリンを摂りすぎは、
カルシウムを尿中へ排泄を促進させます。

 

大きな要因は、カルシウムの摂取不足

食事からのカルシウムが少ないと、健康な骨はつくれないため、骨は弱くなっていきます。

 

原因は、血液に必要なカルシウムを補うため、骨に蓄積されたカルシウムが溶け出す、
カルシウムパラドックスです。

 

厚生労働省では、成人1日当たり600mgとしていますが、実際にこれだけ摂っている人は
少ない現状です。

 

骨粗鬆症は女性に多いのは、女性ホルモンが深く関係しているためです。
女性ホルモン・エストロゲンは、骨の材料のカルシウムを運ぶ重要な働きをしています。

 

閉経を迎えると、エストロゲン分泌は急激に減少するためです。
更年期障害の一つとして骨粗鬆症に取り組む医師も増えています。

 

基礎は、栄養バランスで、カルシウムなどを十分に摂ること、運動は骨にカルシウムを沈着しやすくします。
適度な日光浴を行なうことです。筋力を強化し、転倒による骨折を防ぐことです。

 

膝関節の中には、クッションとなる半月版があります。
Cの字の形をした線維性の軟骨で2つが向かい合う位置しています。

 

半月板には大腿骨が横にずれるのを防ぐ働きもあります。
ひざ小僧の骨は膝蓋骨で、クリを逆さまにしたような形をしています。

 

大腿四頭筋の腱の中に埋もれています。
この腱が関節の骨に直接触れてこすれるのを防ぐ働きがあります。

 

膝関節は、前後左右にブレを防ぐためじん帯で補強されています。

 

関節の中を後から前へ、前から後ろへとクロスしているのが前および後十字じん帯で、
関節の外の両側を補強しているのが内側および外側副じん帯です。

 

膝関節には、骨や腱の摩擦を減らすため、液体の入った滑液包という袋がいくつか位置されています。

 

関節は軟骨で出来ていて、軟骨は年齢とともにすり減ってきます。
すり減れば軟骨というクッションがなくなり、炎症や痛みが生まれます。

飽食の時代でも

日本人が必要所要量を不足している栄養素がカルシウム。

 

カルシウム不足が、成人病=生活習慣病、高血圧、動脈硬化、糖尿病、認知症=痴呆症、
骨粗しょう症、精神不安の原因になることをお知らせします。

 

各種のカルシウム添加食品があり、カルシウムの摂取量は、必要所要量に達していません。
50才以上の女性で、日本女性は先進国の中でも骨折が一番多いのです。

 

カルシウムを吸収率よく摂ることです。医学的・栄養学的研究では。
ビタミンKやビタミンDと一緒に摂取すると吸収率がよくなります。

 

昔の日本人は、生活の知恵として、食品効果の働きから必要な栄養の摂取を知っていました。
食生活の欧米化が過剰に進行している現在、昔の日本人の不足しているカルシウム摂取を学びましょう。

 

不足しているカルシウム摂取

日本人は、ナトリウム、鉄、マグネシウム、リン、カリウムなどと同様、ミネラルの一種です。
欠かせない栄養素を五大栄養素です。

 

たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン類、ミネラル類からなっています。
必要所要量とは、最低でもこれだけは不足なく、摂取しないと支障が出る量です。

 

カルシウムの所要量は成人で一日600mgと設定。

 

日本人の成人、毎日尿の中に50〜200mg、便の中へ250〜350mg、
汗の中20〜50mgぐらいのカルシウムが体外排泄代謝されます。

 

毎日420〜600mgのカルシウムが排泄代謝されます。たんぱく質の所要量が60gです。
1/100のわずかな量の栄養ミネラル、ビタミンが健康維持の働きを効果よくしています。

 

日本人は一日600mgのカルシウム所要量が不足

20才〜30才台の女性は、カルシウムと鉄の摂取量が極端に不足でカルシウムは500mg以下の摂取です。

 

女性は妊娠、出産、授乳、育児と子供を産み育てます。
妊娠中の女性は一日100mg、授乳中には1100mgのカルシウム栄養摂取が必要です。

 

赤ちゃんの骨や歯をつくる、母乳とともに体の外へ代謝排泄されるカルシウムを考えると、
カルシウム摂取が大切です。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

page top