カルシウムはなぜ私たちの健康作りに必要なのか?

スポンサードリンク

カルシウム精神安定に効果

カルシウムは、骨や軟部組織の支持体となるばかりでなく、体内で神経や筋の伝達刺激や
ホルモンなどの分泌、血液凝固、酵素活性、受精などの調節、情報伝達機能において
中心的役割を担っており、カルシウムは体重の1.5〜 2%(約1kg)を占め、
そのうち99%が骨に含まれています。

 

食事からカルシウム供給が不足すると、カルシウム貯蔵庫の骨のカルシウムが溶け出し、
骨量が減少し、カルシウムパラドックスが起きます。

 

カルシウムは、骨と歯をつくり、体の骨格を形成するだけでなく、精神を安定させ、
筋肉の収縮をスムーズにするミネラルです。

 

カルシウムは、リンやマグネシウムとともに骨と歯を形成します。
骨や歯は、体を支えたり、食べ物を噛み砕くだけでなく、カルシウムを貯蔵する役割も果たしています。

 

血液のカルシウム濃度が低下すると、副甲状腺ホルモンやビタミンDの作用で、骨中のカルシウムが
血液中に放出されます。

 

血液中に放出されたカルシウムは、たんぱく質やグリコーゲンの代謝、血液の凝固、ホルモンの分泌、
免疫機能を高める働きをします。

 

筋肉や神経に運ばれ、心臓を規則正しく、動かしたり、神経の苛立ちを抑えたりします。
カルシウムは、骨や歯を強くし、精神を安定させます。

骨粗鬆症の予防、不眠症の緩和

高血圧や脳出血の予防効果があります。
カルシウム貯蔵庫の骨や歯は、常に新陳代謝をしています。

 

カルシウム摂取量が不足すると、骨中のカルシウム量は減少、欠乏します。

 

カルシウムが欠乏すると、イライラしたり、肩こり、腰痛を引き起こしたり、骨粗鬆症、
不整脈が起こりやすくなります。

 

カルシウム不足によって血液中にカルシウムが流出しつづけると、血管壁などに沈着して、
高血圧や動脈硬化を引き起こすこともあります。

更年期の女性に必要

日本人のカルシウム摂取量は、過去20年、一度も所要量に達していません。

 

カルシウムの貯蔵ができる20才までは、毎日しっかりカルシウムを摂ると、
骨粗鬆症になるリスクが減ります。

 

骨粗鬆症になるリスクが最も高いのは、更年期を過ぎた女性です。
女性は、出産によってカルシウムの貯蔵量が一気に減少します。

 

更年期には骨の成長ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。
女性の高齢者は、カルシウム不足におちいりやすいです。

 

ひとり暮らしの男性は、外食などに偏った食生活からカルシウムが不足しやすい傾向にあります。
足がつりやすい人もカルシウム不足の可能性があります。意識的に摂取してください。

骨はカルシウムの貯蔵庫の役割もあります

不足すれば、それだけカルシウムが取り出されて、スカスカになります。
カルシウムが足りなくなると副甲状腺ホルモンが働き、骨からカルシウムを溶かし出して血液に送ります。

 

血液中のカルシウムは神経など重要な組織に最優先に運ばれます。
カルシウムを不足させると骨量がどんどん減ります。

 

骨からカルシウムが出ると一緒にマグネシウムも出てしまいます。
反応するホルモンが同一のため、マグネシウムが欠乏してホルモンが働き、骨からカルシウムが出ます。

 

問題は、カルシウムが不足したために骨から取り出されると、過剰に出ることです。
そのカルシウムが腎臓、心臓など、軟組織に沈着します。

 

それが、細胞が本来の機能を失ってしまい、いろいろな病気を引き起こします。
心臓病、痴呆症=認知症、白内障、糖尿病、がん、アレルギー、結石です。

 

カルシウムの摂取量は足りないのに、骨から出たカルシウムにより過剰症のようなことになります。
カルシウムパラドックスという現象が起こります。

カルシウムやマグネシウムを摂るときに気をつけること

カルシウムは、骨を一緒に食べられる、小魚、乳製品、海藻、緑黄色野菜などに多く含まれます。
牛乳のカルシウムは吸収がよく、野菜はよくありません。

 

しかし、カルシウムを摂ろうと思って、牛乳ばかり飲むのはよくありません。
牛乳には、リンが多いからです。

 

リンを摂りすぎるとカルシウムの吸収が悪くなります。
日本人はもともとリンの摂取量が多すぎます。

 

バランスが大切です。

 

マグネシウムが豊富な食品

ナッツ、昆布などの海藻類、玄米など。
モロヘイヤには、カルシウムとマグネシウムの両方を多く含みます。

 

マグネシウムの過剰症は少ないですが、健康な人は、摂りすぎても腎臓で代謝されます。

 

腎臓が悪い人は、血液中のマグネシウム濃度が上がることがあります。
注意してください。

 

マグネシウムは、血管壁細胞内へのカルシウムの流入を防ぎ、血管の狭窄化を防ぐ
カルシウム拮抗剤的な作用があります。

 

虚血性疾患、脳梗塞などの予防するために、成人は積極的に補給する必要があります。

 

マグネシウムは、カルシウムと比較すると、骨での貯蔵量がないため、摂取不足は直ちに
欠乏つながります。

 

食事で摂るのが難しい場合は、サプリメントを活用しましょう。
空腹時よりも食事と一緒に摂った方が吸収がいいです。

 

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

スポンサードリンク

page top