成人の体重の約2%のカルシウムが体内に存在。

スポンサードリンク

カルシウムの働き

99%は骨や歯に貯蔵され、残りの1%が脳や血液、臓器などに含まれています。

 

カルシウムは骨や歯の形成に欠かせない栄養素です。

 

ほかにも、筋肉の収縮や弛緩をコントロールする重要な役割があります。

 

心臓の拍動や肺呼吸、腸管の蠕動運動(ぜんどううんどう)は、すべて体内の筋肉細胞が縮んだり伸びたりすることで行なわれます。

 

筋肉細胞にカルシウムが出入りすることで、このような働きが起こります。

 

カルシウムが不足するとイライラするといわれますが、カルシウムに神経伝達物質をコントロールして、神経の働きを正常に保つ作用があります。

 

慢性的にカルシウムが不足すると、ちょっとしたストレスにも神経が過敏に反応すると考えられます。

 

ほかにも、血液の凝固を促して出血を防いだり、ホルモンや唾液、胃液などの分泌に働いたり、細胞の分裂を促す、白血球の貧食作用(どんしょくさよう:体内に侵入した病原菌を食べて殺す)を助ける、鉄の代謝を助ける、体液や血液を弱アルカリ性に保つなど、さまざまな生命維持に必要な働きをします。

や歯が弱くなる

生命維持に欠かせないカルシウムは、血液中に常に一定量が保たれています。

 

食事からカルシウムを摂る量が不足すると、骨から溶かし出されるために、慢性的に不足すると骨が弱くなり、骨粗鬆症の原因になります。

 

カルシウムを摂る食生活を心がけてください。

 

血液中のカルシウムが過剰になると、血管壁にカルシウムが沈着して動脈硬化が進行します。

 

カルシウム不足している人ほど動脈硬化が進行しやすいです。

 

カルシウムが十分に摂れている場合、余りは骨に蓄積し、血液中濃度は一定に保たれます。

 

カルシウムが食事から不足していると、骨から血液中にカルシウムが大量に流出するので、血液中のカルシウムが過剰になります。血管壁に沈着して動脈硬化を促進しています。

 

この現象をカルシウムパラドックスといいます。

不足しているカルシウム

平成13年に行なわれた国民栄養調査によると、成人では男性はすべての年齢層で、女性は60〜69歳以外のすべての年齢僧で目標所要量1日600mgを下回っています。

 

カルシウム以外の栄養素は所要量を上回り、カルシウムは唯一不足している栄養素。

 

食生活の欧米化などで、小魚・海藻類をあまり食べなくなりました。

 

火山国日本の酸性の土壌は、諸外国に比べでミネラルの含有量が低く、水や成育する野菜類に含まれるカルシウムも少なく、摂取量も低くなります。

 

意識して多く含む食品を摂るようにしてください。

 

閉経後の女性は、600mgでは足りない、800〜1000mgを目標にして生命を守りましょう。

骨粗鬆症は怖い病気

カルシウムは毎日、汗や尿、便とともに体外に流失します。

 

カルシウムの腸管での吸収率は低く、平均して30%程度です。

 

カルシウムは吸収率が悪い栄養素です。

 

1日600mgとし、腸管で吸収する量は200mgで、これ以外は便とともに排泄します。

 

細胞は新陳代謝を繰り返しています。栄養、酸素は生命維持に必要です。

 

腸管で吸収されたうち、200mg程度は、尿や汗とともに自然に体外に出ます。

 

1日600mg摂っていないと、収支がマイナスになり、骨から補うことになります。

 

成長期の子どもは、1日700〜900mgは必要です。

スポンサードリンク

page top