腰を曲げたり伸ばしたりという動作を繰り返すときにパワーガード(骨盤健康パンツ)を履いていると、とても体が楽です。

スポンサードリンク

パワーガード(骨盤健康バンド)

生理痛からくる腰痛に悩まされている女性は、パワーガードをつけるとよいです。

 

骨盤内臓器のバランスと血行が良くなるので、つらい痛みが和らぎます。

 

腰痛の人は、冷房が効きすぎるデパート、仕事場所、部屋などに長時間いると腰に痛みを感じることが多いのですが、パワーガードを履いていると、寒さのために滞っていた血液の流れが良くなり、痛みを感じないですみます。

 

立ちっぱなしの仕事の人、同じ姿勢で長い時間仕事をする人、思い荷物を運ぶ仕事の人などもパワーガードを履いて作業をすると腰の疲れが大きく軽減します。

 

ゴルフやテニスなどのスポーツをするときも、パワーガードを履いてでかけるといいです。

 

骨盤を安定にすることで、飛距離も伸び、足の動きもすくなりケガの予防にもあります。

 

パワーダードを履いてゴルフをすると、腰をひねっても安心です。

 

腰が軽いのでスイングのフォームもきれいで、飛距離が伸び、スポーツ後の疲れも少なく快適です。

姿勢が悪い人は、骨盤に歪みを生じる

骨盤が歪んでくると、神経・内臓諸器官にさまざまな障害が出てきます。

 

骨盤の歪みから生まれる障害は始めは小さくても、放置しておくと、神経系の病気、がん、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病を誘発します。

 

骨盤を調整し、その歪みを改善する、習慣的に正しい姿勢を確保するゴムバンド腰回し骨盤体操をすることで、症状を予防し、改善することができます。

 

正しい姿勢とは、心の持ちよう、精神状態と、姿勢は大きく関わっています。

 

意気消沈したり、絶望に陥っているとき、どんな姿勢をしていますか?

 

表情も暗く、ゆがんでいます。
表情も姿勢の一種です。

悪い表情の姿勢

体の姿勢は、うつむいて、前かがみになり、肩を落とし、上半身も下半身も、不自然によじれています。

 

良く笑う人は健康です。

 

心の底から、声を立てて笑うときは、不自然な力が抜けて、リラックスして、無理がない姿勢になります。

 

神経系や、内臓諸器官は良い刺激を与えられて、活発に機能しています。

 

背筋をピンと張り、全身に力が入った気を付けの姿勢は、無理に作るもので、緊張を強いた姿勢でいい姿勢ではありません。

 

長年の悪い姿勢が、近眼、老眼、肩こり、腰痛、頭痛などを引き起こし、胃腸障害、糖尿病などの生活習慣病の引き金になります。

 

頚椎の歪みは、長期にわたると、重大な障害・病気を招きます。

 

人間の体は頚椎が前わん、胸椎が後わん、腰椎が前わんして、生理的わん曲を保ち、自然に全身の筋バランスがとれるようになっています。

 

体の重心が真っ直ぐな状態で、正しい姿勢です。

 

生理的わん曲が崩れ、骨盤に歪みを生じると、前後左右上下の筋バランスが崩れ、筋の硬結、関節の機能障害が引き起こります。

 

パソコンを頻繁に使って、頚椎に歪みを生じた人は、ゆがみを早く改善しましょう。

 

正しい姿勢を保つための、運動を続け、食生活に重きを置いた生活習慣の改善が必要。

スポンサードリンク

page top